2022年05月06日

凄いことが起こる予感

   今日は、朝から一般の職業訓練学校訪問。いきなり、生徒の前で自己紹介させられた(笑)。また、パートナーの松尾さんは、ボッチャを広めるため、体育の時間に指導実施。グッドアイディアと思う。みんな楽しそうに参加してたし、勝負がかかる場面では盛り上がってた。さらに、学校の理事長はじめ、学校側とのミーティングも設けられ、障がい者スポーツの普及や障がい者の職業訓練施設との連携を、前向きに検討する約束してくれた。これは「WITH PEER」として、現地で奮闘する松尾さんの功績。小さな活動が、大きな波を起こそうとしてる。

1651875861339-0.jpg
生徒の前でご挨拶

DSC_0414.JPG
松尾さんのボッチャ普及活動を見学

1651880468763-0.jpg
訓練学校の理事長も巻き込んでます!

   そして、午後には障がい者の職業施設、サントルハンディキャペを再訪。またお昼ご飯をご馳走になった。しかも、今日は2回目と3回目をいただいた。で、最後に車いすバスケの練習を見学。正直、課題や問題しかない見当たらない状況に失笑。それでも楽しそうにプレーしてる選手たちを見て、やるしかないでしょ!って気持ちになった。また、ティエスで一番人気のコートは、健常者プレーヤーも順番待ちしてるから、観客席には大勢のギャラリーがいる。ある意味、日本よりインクルーシブ社会が実現してる?

1651877248231-0.jpg
コートサイドには健常者の選手たちが車いすバスケを見学

1651869136925-0.jpg
みんなで記念撮影

   セネガルでも、行動することの大切さを実感してる。特に先陣きって活動してる松尾さんの、情熱と行動力には頭が下がる。きっと誰かが見てるし、評価してもらえる時がくるはず。ところで、セネガルの日本大使館から招待受けた。俺は日本からスーツを持参してない。松尾さんは持参してるって。どうしよう。Tシャツで大使にお会いする?いや〜困った問題だ(苦笑)


posted by J's page at 23:59| 独り言