2021年03月28日

震災は終わってない

   初めて福島の原発災害エリア周辺を回った。過去にも車や電車で、通り過ぎるだけはあったけど、今回は下道を使ってじっくり。福島を訪れたのには理由がある。昨日、久しぶりに浪江出身の知人から、ラインメッセージをもらった。車いすの息子さんが、聖火リレーで走ったことを報告してくれた。俺も彼のことは知っている。そのニュースは嬉しかったし、同時に福島の震災復興状況を見てないことに気づいた。

   今回の目的は、昨年双葉町に開館した「東日本大震災・原子力災害伝承館」。昨年訪問した陸前高田の伝承館もそうだけど、映像や写真を見ていると涙が出てきてヤバい。本当に不思議なくらい涙もろくなった。そんな俺を見かねて?スタッフの男性が声を掛けてくれた。「体大きいね!バスケとかしてる人?」と笑顔で。そのあと、震災の話を聞くことが出来た。でも、また泣きそうでヤバかったから「来年もきます!」って伝えて後にした。
DSC_0979.JPG
東日本大震災・原子力災害伝承館 https://www.fipo.or.jp/lore/

除染.jpg
館内の様子

   それと、双葉町辺りは震災当時の建物が、廃屋となってたくさん残ってた。きれいになっていく街を見ると、少しホッとした気になるけど、廃屋を見ると複雑で苦しい。原発の処理は3-40年掛かるらしいから、そういう意味では福島の被害が、一番大変なのかも知れない。
小学校.jpg
浪江町の請戸小学校。個人宅は写真を撮る気になれなかった。

   今日思った。それは「震災を忘れてはいけない」なんて他人事はでなく、俺自身が「絶対に忘れたくない!」って。俺は戦争を知らずに育ったけど、その理不尽さは戦争と近いのかなって。何の罪もないたくさんの尊い命が、一瞬にして失われた事実。家族や友人を失った悲しみは計り知れない。

   本当は、東北の太平洋側を北上したかったけど、年度末で明日から仕事が入ってしまったので、福島だけ訪れて帰宅。またの機会に宮城と岩手にも行く。

posted by J's page at 18:41| 独り言