2019年07月01日

2019年7月

2019. 7. 1. Mon
2連勝
GBは女子も強いよ!昨日のフランス戦に続き、今夜はスペインを破って2連勝。これで、東京パラの出場はほぼ決まったことになるけど、明日が世界チャンピオンであり、地元でもあるオランダ戦。この試合が大一番と言っても良いと思う。過去に俺が見た試合では2戦2敗だし、難しい局面であることには変わりはない。東京に向けてどこまで成長できているのか?を、試す良い機会だと思う。
 
GBの何が良いのか?個人的に言えば、デェイフェンスだと思う。そして、彼女たちは賢いね(笑)ここで書けるギリギリのことが「賢い!」かな。試合中にコーチたちも、納得ずくの展開だったと思う。俺も安心感しかなかった。ただ、明日は簡単じゃない。何せ世界チャンピオンを相手にする訳だから。勝っても負けても理由は明確になるはず。俺はメカニックで参加しているけど、GBに帯同してると、試合の采配も勉強出来てしまう(笑)
 
今夜も内職。もう日が変わってしまったけど、ベッドに入れるのは何時になるのやら…(苦笑)
 
 
 
 

2019. 7. 4. Thu
女子欧州選手権予選終了
毎日朝から夜遅くまで1日が長いこと!毎日試合は16時から始まるんだけど、毎晩最終試合で終わりが22時過ぎ。ホテルに帰って落ち着くのは0時過ぎ。しかも、そのあと内職も待ってたからね(苦笑)
 
イギリスはオランダとドイツに敗れて3位で予選を終えた。どっちの試合も序盤リードしながら、途中で逆転を許しての敗戦。DFを頑張ってロースコアで戦えている時は良いのだけど。オランダ、ドイツ共に絶対的エースの存在があり、結局後半彼女らに大量得点を許し、突き放される展開だった。両国のエースは1試合で30点前後取り、チーム得点の半分近くを荒稼ぎしてた。相手を褒めるしかないかな?あれだけ厳しいDFの中、タフショットを高確率で決めるのだから。
 
明日は休息日で試合はない。午前中に練習があって、午後からはオフになるらしい。俺は出張報告やら資料作成やら、男子のオランダVSドイツの練習試合視察など、7時頃から22時頃まで予定ぎっしりだ。嬉しい悲鳴。
 
今日はドイツから男子チームが女子の応援に来ていいたため、当社のB-MAX TKを愛用してくれている、ドイツ代表のトーマス・ベーメ選手とも会って話をすることが出来た。とても気に入ってくれているようで、こちらとしても嬉しい限り。ドイツも行くしかないか。いつやるの?今でしょ!?(笑)
 
画像:ロッテルダムにてドイツ代表のベーメ選手と記念撮影。
jspage_74001406364213a.jpg
 

2019. 7. 5. Fri
日本企業バンザイ!
今日は休息日で試合がなかったけど、朝イチでチームの練習に同行。しかし、午後からはフリーと言うことで、まずは資料をまとめたりメール処理をした。で、オランダで行きあたりばったりの営業活動にトライしてみた!
 
まずはオランダで初めて、ホテルからタクシーをホテルに呼んでもらった。なんと新車のベンツが登場!(笑)しかも、高級そうなグレードに、少々驚きと不安を隠せないワタシ(苦笑)まあ、金額は8キロで25ユーロだったから、普通か少し高め?な程度か。で、数日前に知り合った車いす代理店の方とお会いして情報交換。
 
その後、営業車で送ってもらって大会会場に移動。19時半からオランダとドイツの男子の練習試合を視察。そこでも試合後に両チームの選手から情報収集をした。MPについても訪ねると、みんな知ってくれていたの!「MP?日本のメーカーだろ!」って。凄く嬉しかったし、着実に広まっている感があるよ。
 
さらに、いつもお世話になっている、井上ゴム工業さんのIRCタイヤについても、欧州事情を調査したらある事実が発覚。それは、今まで他メーカーが主流だった欧州で、最近IRCタイヤの品質が広まりつつあり、ネット等で買い求める選手が急増しているらしい。ちょうどオランダの選手らがまとめ買いした、IRCタイヤを見せてもらった。これってスゴイくない!?品質が良いから少々高くても買うし使う。トップ選手なら当然の選択だと思う。そして、日本製品の素晴らしい品質を、ここでも知ることが出来た。
 
すかさず神保は「MPは全てIRCタイヤが標準だから、車いすと一緒に買って欲しいな!」って言ったら、結構興味示してくれている選手がいたと思う。特に3人の選手からは「名刺くれ!連絡取り合おう!」と、かなり積極的なアプローチがあった。
 
欧州の選手はみな口々に「なぜ日本の車いすメーカーは、今まで欧州にこなかったのか?」って。それは当然の疑問だと思う。でも、俺だって最初は無理かな〜?とか、無いよな〜?と、諦めていた感があるから。でも、日本の製品が勝負できない訳がない!今はそう確信している。やっぱり「やってみること」だ。世界は広いし可能性に満ちている。
 
 
左:欧州でもIRCタイヤがブームになりつつある!?
右:ちょっとボケてるけどMPでプレーするベーメ選手
jspage_74001406562386b.jpgjspage_74001406562386a.jpg
 
   
 
   
 

2019. 7. 6. Sat
決勝進出!
本当に素晴らしい試合を間近で観れて最高に幸せ。GBは欧州の中だと、体のサイズも決して大きな方ではない。だから、とにかくスピードとスタミナで、ディフェンスを踏ん張ってロースコアに持ち込むスタイル。今日はそのスタイルを、最後の最後まで諦めずに貫けた試合だったと思う。
 
予選ではディフェンスが踏ん張り切れず、後半に高さもシュート力もあるドイツの本格派スタイルに押し切られて敗退した。でも今日はしびれる試合内容だった。序盤からリードを許す展開にも、粘り強くオールコートプレスでロースコアの展開に持ち込む。しかも、相手の高さを封じ込めるために、ほぼ40分間全ての時間帯でプレスディフェンス。本当に体力戦と言うか総力戦と言うか。
 
そして、序盤から10点離される苦しい状況から、粘り強くついていき、少しずつ点差を詰めていき、4Qの後半で追いつき逆転に成功。そのあとは一進一退の攻防が続いたけど、最後は1点差で逃げ切り勝利。間近で観ていて目頭が熱くなったよ(苦笑)
 
GB女子は昨年の世界選手権でも初の決勝進出、銀メダルを獲得しているけど、どうやら欧州選手権での決勝進出も初めての快挙らしい。試合後に選手たちが抱き合って泣いている姿を見て、本当に感動したし、彼女たちを誇りに思った。また、彼女たちの戦いぶりは、プレースタイルが似ている日本チームにも、大きな勇気と希望を与える試合だったと思う。
 
明日は世界チャンプのオランダと再び。明日も今日のような大番狂わせが起こることを祈りつつ、彼女らのハードなプレーを全力でサポートしてきたいと思う。
 
 
左:抱き合って喜ぶ選手たち!
右:最終スコアは49−48の1点差!
※7/7画像追加
jspage_74001406760559a.jpgjspage_74001406958732b.jpg
 
 
 
 

 2019. 7. 7. Sun
 女子欧州選手権は準優勝!
決勝の相手はオランダ。このカードは昨年夏にハンブルグで開催された、世界選手権の決勝と同じカード。しかも、GBは予選でドイツに敗れ、決勝トーナメントでドイツにリベンジを果たしての決勝進出。今回も全く同じプロセスでの決勝進出。
 
しかし、オランダは常に全勝で上がってくる。要は世界のトップに君臨していることは確かってこと。ドイツ同様に高さがあって、さらにスピードもあるチーム。また絶対的エースの存在もあるから、チームは安定して強いんだろうね。それに比べれば、GBは高さもないし絶対的なエースの存在もない。それでも、彼女たちは自分たちのバスケを一生懸命貫いていたし、本当に良く戦っていたと思う。ただ、オランダの方が得点確率も高く終始安定していた。ある意味完敗。
 
彼女たちはベストを尽くせば、勝機があるかもしれないという状況で、ベストを尽くしていたよ。だから、もちろん悔しさはあると思うんだけど、まだ力が足りていないことも理解していると思う。東京パラまであと1年。どこまでの成長を見せてくれるのか?とても楽しみなチームであることは確か。俺も関われて本当に楽しいし嬉しいし誇りに思う。準優勝に心からおめでとうと言いたい。
 
会社にもずいぶん無理を言ったけど、やっぱり東京パラ前にBWBのサポートを始めたことは正解だと思う。世界中の車いすバスケ関係者やファンがMPを知ってくれるようになってきたし、強いGBを見て興味も示してくれてる。大きな波がきてる!はず?(笑)
 
 
左:最終スコアは65‐52
右:閉会式の様子。また銀メダル貰えた!
jspage_74001406958732b.jpgjspage_740012671873151a.jpg
 
   
 
   
 

2019. 7. 10. Wed
思い出♪
素晴らしい大会&結果だった。でも、もう過去のことになるね。きっと彼女たちも、次への目標にシフトしてるんじゃないかな?。しばらく大きな大会は無いけど、来年に入ると2月の大阪カップに東京パラ本戦など、日本で活躍が見れるのも超楽しみだ。ホームなのか?アウェイなのか??(苦笑)
 
 
左:閉会式での集合写真
右:これも閉会式で隠し撮り?
jspage_740012671873151b.jpgjspage_740012671873151a.jpg
 

 

2019. 7. 11. Thu
思い出♪
2019欧州女子選手権大会準決勝。イギリスVSドイツの決戦がYouTubeに転がってました。
 
https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=u3OzzaJP7Wg
 

2019. 7. 13. Sat
プレスリリース
 
イギリス女子代表の欧州選手権準優勝&銀メダル獲得!を、プレスリリースしました。東京パラがBWBにとって、松永製作所にとって、それから俺にとっても、歴史を刻む素晴らしい大会になることを祈念。まだまだやれることはやる。やり切るために突っ走る。
 
https://kyodonewsprwire.jp/release/201907118635
 
 
 

2019. 7. 21. Sun
ポーランド遠征
土曜日の朝に自宅を出て、成田空港→ヘルシンキ空港→ワルシャワ空港→ブロツワフ空港に到着。その後、タクシーでホテルに向かって到着したのは、ポーランド時間で翌日曜日の午前1時過ぎ。なんと自宅からドアドアの計算で、約25時間かかったことになる。疲れない訳ないよ(苦笑)
 
しかし、それでは終わらない今回の長旅。今日は10時にチェックアウトして、11時に空港でチームと合流の予定だったけど、ここで昼と夜の11時を勘違いしてたことに気づく!(汗)結局、彼らがイタリアの遠征先から、ブロツワフ空港に到着する夜中まで待つ訳にもいかず、スタッフに連絡して1人タクシーでウァウブジフに移動。これまた1時間半ほどかかり、結局最終目的地に到着したのは今日の昼過ぎ。昨晩ホテルで1泊はしたものの、合計で約36時間の大移動となった(苦)
 
会場はポーランドの田舎町だけど、暑からず寒からずで最高の気候。午後は街を散策して、ビールや髭剃りに石鹸などを購入。ポーランドは欧州の中だと、かなり安い印象かな。特にビールは500ccの缶が1本3.5ズウォチ(約110円)ポテチが5ズウォチ(約150円)でビールより高い(笑)俺にとっては天国みたいな国かも?(笑)
 
今日はポーランドチーム以外、まだどこの国も入ってないので、1人ポーランドチームの練習を見学させてもらった。もちろん、コーチに声をかけて了解を得てね。みんな「イギリスに付いてる日本人だ!」とか「日本の車いすメーカーの奴だ!」と、口々に言っているのが聞こえた。かなり神保の認知度が上がっている様子!ある意味、車いすバスケ界では、ただ今売り出し中だからね〜(笑)
 
明日には全てのチームが現地入りするらしい。欧州選手権前最後のビッグマッチは、ポーランド、イギリス、オランダ、イスラエル、トルコ、カナダの6か国で競い合う。かなり豪華なチームだよ。カナダはパトも来るのかな??楽しみだ。
 
ここの会場は8月末に開催される、男子欧州選手権(東京パラ予選を兼ねている)の会場でもあり、ホテルも併設された立派な施設。また来月末にくるから、しっかり周辺をリサーチ。って言っても何もないけどね。日本だと千葉のポートアリーナみたいなところかな。あっちの方が街に近いから便利だけどね。
 
会場&ホテルのサイト    http://aqua-zdroj.pl/
 
 
左:メイン会場でポーランドの練習風景
中:ホテルのレストランで昼食(これで約1000円)
右:レストランで各国の札を借用して撮影
jspage_740012674053054c.jpgjspage_740012674053054b.jpgjspage_740012674053054a.jpg
 

2019. 7. 23. Tue
豪華すぎるイギリス男子
今夜は初戦となるイスラエル戦だった。あまりの実力差に最初から圧倒的。しかも誰が出ても強いし、ベンチメンバーでもパラの決勝を戦えるような顔ぶれ。ベンチの選手が味方の選手をヤジる?いじる??展開に、終始リラックスムードだった。俺的にはう少し締めた方が良いのでは?と心配になったほど。でも、彼らは本当に仲が良いし結束力もある。
 
それにしても、最高にエキサイティング。カナダVSトルコは75−73だったかな?残り5秒でパトが得点して逆転勝ち。しかも、彼は40点くらい取っていたと思う。それでも余裕を残しながら、他の選手を使いながらプレーしているのが見ていて分かった。これがパラの大事な試合なら、50点でも60点でも取りに行っているはず。カナダはパトが復帰して生き返ったね。
 
そして、イギリスは間違いなく、東京パラの金メダル候補筆頭。これは今の車いすバスケに関わる人ならば納得するはず。それでも予想通りに勝つことは難しい。ただ、彼らのバスケを近くで観れるのは本当に楽しい。車いすバスケファンとしては、これが仕事なんて本当に幸せだ。
 
毎日選手たちとは別行動で、彼らが休んでいる時にメンテや修理をしてるんだけど、やはり男子は車いすの損傷も激しい。たった12台なのに何かしらやることがあるしね。最近は選手たちが信頼して、相談やメンテの依頼をしてくれるようになった気もする。コーチからも「神保がいる時は車いすの心配をしなくていいから助かる!」って言われ、自分の存在意義を感じれるよ。遣り甲斐しかない状況に感謝。
 
 
左:今大会のバナー
中:昨日1人寂しく会場で作業してたら主催者の方が撮影してくれた(笑)
右:豪華なベンチのメンバー!全員バスケが仕事のプロばかり!
jspage_740012674449400c.jpgjspage_740012674449400b.jpgjspage_740012674449400a.jpg
 
 
   
 
2019. 7. 25. Thu
ポーランドに辛勝
今日の試合は観ていて楽しかったけど疲れる試合でもあった!(苦笑)序盤は得点が開く一方で、結構余裕に勝つかと思ったら、途中からポーランドのシュートが入りだして逆に苦しい展開に。3Qでは10点差までリードを許し、久しぶりにベンチ内でヤバイ空気が漂った。選手たちも超真剣でピリピリしてた。俺的にはこのピリピリ感も良かったけどね(笑)
 
でも、やはり王者は強かった。最終クォーターの残り2分で逆転に成功して逃げ切る。それにしても、このようなレベルの高い試合で、85−90ってすごいよ。こんなハイスコアな試合は、初めて見たかもしれない。両チームともフィールドゴールの確率が60%前後だって。本当によくシュートが入ってた。
 
すごく感心したのは、両チームの誰がコートに入っても、自分のシュートレンジでは迷わず打ってたこと。自信を持って打ってる感じが伝わってきた。このスピード感とシュート感は、バスケの醍醐味と言うか観ていて本当に楽しかった。入場料が取れる試合だな〜とか思いながら観てた(笑)車いすバスケも80‐90点台の試合が、普通に展開される日が近いかもね。
 
 
 
左:スコアボード
右:スコアシート
jspage_740012674845746b.jpgjspage_740012674845746a.jpg
 

2019. 7. 26. Fri
今日はカナダに圧勝
大会4日目はカナダ戦。パトが戻って息を吹き返したカナダとは言え、まだ若い選手が多いカナダを相手にGBは圧倒的。前半終了時のスコアが55−30って!!普通に1試合分くらいの得点。しかも、これまで4試合で全て90点台を叩き出しているような?違ったかな?
 
細かいことは置いとくとして、彼らの優れた得点力は凄いとしか言いようがない。誰が出ても大差ないし、凡ミスも非常に少ないから、観ていて夢中になるし、たとえ得点が離れてもプレーを観ていて楽しい。たぶん、才能だけではないと思う。以前よ確実に上達している選手たちは、間違いなく努力のたまもの。
 
もちろん、決してカナダが良くない訳でもない。彼らだって65点も取っているしね。ただGBが強すぎるのだよ。現状ではそれしか言いようがない。観ていても負ける要素が見当たらないほど死角なし。
 
これまで4戦全勝。明日の最終日はオランダ戦で終了となる。最後まで全力でサポートしてくる。来週は日本だ!居酒屋に行ける!!それが楽しみでホテルと会場の軟禁生活を乗り切ろう…(苦笑)
 
 
 
左:前半のスコア
右:終了のスコア
jspage_740012675043919b.jpgjspage_740012675043919a.jpg
 

2019. 7. 27. Sat
全勝優勝で締めくくる!
今日は最終戦となるオランダ戦。実はこの大会の前に、イタリアでの大会にも参加していた選手たち。イギリスを発ってから今日で12日目になるらしい。しかも、飛行機での移動にホテルでチームメイトとルームシェアでのステイ。さらに、怒涛の試合日程…。疲れないわけがない(苦笑)
 
ってこともあるのか?今日はみんなしてミス連発に、シュートも入らない‥‥。とても昨日までのチームとは思えなかったし元気もなかった。オランダ相手に苦戦が続き、フラストレーションMAXの選手たち!(苦)ある選手はイラ立ちを露わにして、スクイズボトルを投げ捨てたの。でも、そんな時は必ず誰かが近寄って、話しかけたり肩をもんだりしてた。で、またすぐにチームに戻っている。素晴らしい光景だ。、こういうチームに関われて本当に幸せだと感じた。GBは男子も女子も素晴らしいチーム。
 
試合は68−49で勝利したんだけど、結果だけ見れば快勝だね。でも内容は本当に良くなかったの。俺以上に選手たちがそれを理解しているはず。それでも68点を叩き出すんだから、やっぱり強いというか、ハイレベルな連中と言うか。男女ともに東京パラで金メダルを獲得してくれることを信じて、これからの1年間を一緒に戦っていきたいと誓う。
 
さて、明日は帰国の途につき、月曜日には帰国だ!やっぱり日本が恋しい。俺は日本が大好きだぞ〜!
 
【独り言_の最新記事】
posted by J's page at 00:00| 独り言_