2018年05月01日

2018年5月

2018. 5. 5. Sat
そして、またまた旅に出る
今日は深夜便ということで、ラウンジにてフライト時間待ち。まだゴールデンウィーク中だけど、どうやらオシゴトのようです(笑)5月に入って5本目のフライト。まだ5日なんどけどね(苦笑)
 
でも、充実してる。仕事も私生活も。バスケから離れる前は不安ばかりだった。でもバスケから離れたら、少しの寂しさはあるけど、想像以上に色んなことが見えてきた。色んなことをする時間もできた。
 
人生分岐点かも?、タノシモウ、ウレシモウ。
 
 
ラウンジにてMPサイトを閲覧
jspage_73999385197786a.jpg
 

2018. 5. 9. Wed
そしてアジア再び
4日の晩(正確には5日の1時頃)に、某欧州国へ向けて旅発ったのだが、本日羽田に戻り、そのままインドネシアのジャカルタ入り。なんだか飛行機に乗ってる時間が長過ぎて、時差とか良くからない状態。
 
今朝、羽田に着いたのが6時で、ジャカルタ行きの便が11:45発。約5時間の乗り継ぎ時間をどう使うか?考えた。とりあえず、車を飛ばして自宅に戻り、シャワーを浴びる?でも、時間的にギリギリで渋滞があったら遅れる可能性が・・・。うーん、悩んだあげく国内線の第1ターミナルにある「Fast Cabin」なるカプセルホテルの3時間パック3,000円を選択した。
 
これ良かった!部屋の広さも十分だった。車イスのまま入れたし、シャワールームに大浴場も完備!最初の2時間はベッドで爆睡!(笑)で、その後大浴場で疲れを癒し、テレビを見ながらダラダラと着替え。そして、出発2時間前に国際線ターミナルに戻った。超快適でした。ただ、浴室までは階段が6段ほどあるため、気合入れて車イスを担いだ。浴室を使うなら俺の身体状況がギリギリかも。
 
チェックイン後は、朝からとんかつ屋に入って腹ごしらえ。やっぱり日本食はうまい〜!!おかげで機内食は全てパスして、アイスだけ食べた。
 
ジャカルタも2回目だと慣れたもので、空港からホテル行のシャトルバスもすぐにゲットし、ジャカルタで常宿になりつつあるibisホテルにイン。今は現地時間22時過ぎだけど、溜まったメールを必死にこなしている最中。で、「独り言」(笑)
 
 
左:FastCabinの部屋
右:ジャカルタのibisホテルでパソコン
jspage_73999385990478b.jpgjspage_73999385990478a.jpg
 

2018. 5. 12. Sat
羽田の”Fast cabin”が良かったので・・
ジャカルタから飛行機で約1時間、とある田舎町にてオシゴト。毎日暑い中アチコチ回ってクタクタだけど、今日の夜便で東京に向けて飛び立つ運びとなった。明日の朝には羽田に戻れる。うれしい!(笑)
 
フライトは19時だが、ホテルは12時がチェックアウト。レイトアウトを申し出たが、非情にも予約がいっぱいで断られる(涙)と言うことで、朝8時にチェックアウトを済ませて仕事に出た。午前中で仕事を終え、昼食も済ませたが、まだ5時間くらいの空き時間が…。この中途半端な時間がツラい。パソコンで仕事もこなせるけど、どこでやるかが重要です。あ〜、インドネシアの空港にも”Fast cabin”があればいいのに。
 
で、色々調べてみたら、空港近くのホテルが意外と空いてた。3、4時間のショートステイにはもったいない気もしたが、やはり涼しくてリラックスできて、ベッドもある個室は魅力。しかも、リゾートホテルでプールもあるし、ビュッフェの食事も全て無料で2,000円。考えてみたら”Fast cabin”より、全然安いことに気づく。少し贅沢とも思ったが、ご褒美に?チェックイン。
 
またまた、最初の2時間くらいは爆睡。その後、メールの処理にシャワーを浴びて、約4時間のショートステイを終えた。ホテルのスタッフは、4時間でのチェックアウトに驚いていたし笑ってた。でもかなりリフレッシュできたよ。有効な時間とお金の使い方だったとも思う。これで、日本までの長旅も大丈夫!
 
 
この部屋で2,000千円ですよ。助かりました! 
jspage_739992458623497a.jpg
【独り言_の最新記事】
posted by J's page at 00:00| 独り言_