2014年08月01日

2014年8月

2014. 8. 17. Sun
車椅子テニス
今月に入ってから車椅子テニスを始めた。パラ神奈川で一緒にバスケしてるコトリが誘ってくれ、一緒に練習したのがキッカケ。その昔?10年ほど前に体験した際は、全く楽しいと感じなかったんだけどね。バスケがひと区切りして心境の変化?があったかな(笑)
 
しばらくは続けてみようと思う。理由は簡単で楽しいのと伸びシロがあるから。25年間続けてきた車椅子バスケで、伸びシロを見出すのは正直難しい。しかも、チームスポーツで定期的に練習参加が出来ない環境ではチームにも迷惑掛かる。俺自身もストレス。それに対して車椅子テニスは、行ける時に行けば良いし、ド素人なので下手で当たり前。ゼロからなので自身の成長を感じれるところが新鮮。周囲は全て先輩(経験年数で)だし、変なプライドも持つ必要ないから、みんなに頭を下げてご指導を賜ってる。
 
まずはカタチから。テニスラケットとラケットバッグを買った。暑い屋外競技を乗り切るため大きい水筒もゲット!実はウェアも買いに行ったんだけど、サイズが合わなくて着れるものが見つからず断念(泣)とりあえず、普通の運動着で練習に参加している。これから時間の取れる週末は、昼間が千葉のテニスクラブで練習に参加させたもらい、夜は千葉ホークスの練習に参加させてもらう感じ。死ぬまで?死ぬ間際まで??スポーツで汗をかきたいものだ。
 
あっ、でも所属はあくまでもパラ神奈川スポーツクラブ。一応、休部扱いにしてもらっているんだけど、たまに練習にも参加したい。また、時間さえ合えば試合にも参加して、ベンチで応援するよ〜。肩書は何でも良いか。コーチ、マネージャー、サポーター、メカニック、ヤジ郎?(笑)
 
 
 

2014. 8. 28. Thu
そういう人に私はなりたい?
 
毎日とっても忙しいのだけど、それが全く苦にはならない。
全てのことを楽しんでいるけど、それは努力や根性とは違う。
何事も最後までやり遂げたいけど、それは凄いとか立派とは違う。
常に充実しているけど、決して満足することはできない。
仕事も、バスケも、テニスも、全て自分が選んだ自分の世界。
 
俺の世界に全く悲壮感はない。あるのは自分らしい姿のみ。
昔は違ってたけど、そんな自分になれて心から良かった思う。
これからも自分のスタイルを貫いていこうと思う。
「自分らしく、自分のために、自分の人生を生きる」ために。
【独り言_の最新記事】
posted by J's page at 00:00| 独り言_