2006年09月01日

2006年9月

2006. 9. 1. Fri
8月の収支
今日、ざっと先月分の収支を計算してみたんだけど、全部でRM1,000強(約36,000円)だった。後半はタイ遠征やKLに引っ越したこともあり、結構出費が重なって予想以上に使った感じ。まあ、それでも日本の生活に比べれば質素なものだけど。
 
衣食住のうち、食住が基本的に掛からないのは大きい。普段の食事はバンギのセンターで摂っているので、外食しない限りお金は掛からないし、住居の家賃に関しても、JICAが負担してくれているのでお金は掛からない。しかも、荷物を増やしたくないので、衣類や形がある物も極力買わないようにしているから、衣食住に対するエンゲル係数は果てしなく低い。では何に使っているのか?と言えば、予想どおり?酒代(苦笑)多分8割くらいが酒に消えてる。
 
ちなみに、タイ遠征で使ったお金はBT3,000(約9,000円)で、こちらも半分以上は飲食費で消えた。それ以外で買ったのはPC周辺機器と土産が少々。こちらも、一週間近くの滞在した海外旅行と思えば安いもの。
 
ただ、聞いて驚いたのはショッピングモールに勤めるある青年の話。彼は就職して8ヶ月のフレッシュマンだが、ひと月の給料は約RM900。しかも、そこから保険関係が引かれて残るのはRM700程度とか。それにも関わらず最近車を購入したらしく、軽自動車に対して10年のローンを立てたんだって。きっと支払いが終る前に壊れてスクラップだよ(笑)
 
また、毎日12時間以上働いているタクシーの運転手でさえもRM2,000前後と言う人が殆どだから厳しい。マレーシアの物価は日本の3分の1程度と言うけど、確実に給料の比率はもっと低い。それが現実のようだね。Jも、もう少し節約しよっと。
 
そうそう、体重は4キロ近く減った。先月後半からKL暮らしになったので、この先は自信ないけど・・。
 
 
 

2006. 9. 2. Sat
怒りと感動の交差点
最近、バスケに行くと怒りと感動が交互にやってるく気がする。今日はと言えば、良いことが幾つもあったから気分は良い。まあ、長いスパンで考えていかないといけないので、あまり細かい事で一喜一憂してられない気もするけど、感動は幾つあってもいいかな(笑)
 
あまりにシュートが入らない選手達を見て、急遽1時間くらい個人レッスンの時間を割いて、一人一人に打ち方を教えた!!あまりシュートが得意でないJでさえ、マレーシアチームに入ればダントツだからね!(笑)
 
そんなこともあり、最後にちょっとしたゲームをしてみた。全員で順番にランニングシュートを放ち、20本決めるという単純なゲーム。しかし、放ったシュートが30本を越えたら1本につきコート1往復の罰ラン。例えば、35本放ったら5本罰ランといった具合。しかも、「カウントはJがするので、みんなはシュートに集中しろ!」と。
 
最初に右サイドからスタート。ホワイトボードにランニングスコアをチェックしながら見ていると、普段より入っている感じ(笑)右が終了後、カウントを気にしている選手に激を入れ、直ぐに左サイドをスタート。
 
両サイド終了後、全選手を集めて感触を尋ねてみると、「数本の罰ラン・・」と言う意見が多数を占めた。タオルで隠したホワイトボードを半分開く。右サイドは30分ので20でギリセーフ!「オーー!」と、どよめきが上がる。そして、じらした挙句に残りの半分を開いた。結果は左も30分の20でギリセーフ! 「イエーイ!」という歓声と共に、全員揃ってガッツポーズだった!(笑)まあ、セーフはセーフだけど、決して褒められたスコアじゃないぜ。なのに良く分んないけど泣きそうになった(苦笑)
 
それからね、練習が終った後、一人残ってシュート練習をしているヤツがいた。彼は色々と悩みがあって、一度は「バスケをやめる」って言った若手選手。でも、Jが2人で話し合った時「I love Basketball!」って泣きながら言ってくれた選手なんだ。一番頭が悪そうなヤツなんだけど、練習中は人一倍声を出して夢中にがんばる。
 
そして、常にJが彼らに言っている事で、「大きな声を出す事と、一人で出来る練習は個人の時間でやる事」っていう、二つの指示を聞き入れてくれている選手でもある。しかも、来週から一時間早く来て一緒にシュート練習することになった。「俺にシュートを教えてくれ!」って言われたから。マレーシアに来て初めて言われた。嬉しかった!!!!
 
でも、今月の予定表見たら休みが3日しかないんだ! しかも、強化月間に入るので練習時間も伸びている。何故か明日もイベントの仕事が入っているし・・・・。フェスピックが終るまでJもバスケ漬けの毎日。嬉しいのやら悲しいのやら?(苦笑)
 
 

2006. 9. 4. Mon
今日もいいよ♪
そうそう、一昨日の「独り言」続報なんだけど、今日は銀行に行く用があって、個人練習で約束した時間より少し遅れて体育館に到着。するとマヌは誰も居ない体育館で、一人黙々とシュート練習をしていた! 最初は外からそっと覗いていたんだけど、しっかり教えたとおりのポイントを、全て意識して打ち込んでいるのが分ったよ。なんて素晴らしいこと!(感動)
 
彼は今まで何度指導しても、自分の悪いクセから抜け出せないでいた。でも、前回の指導時にJが教えたとおり打ったら、すぐに良く入るようになったから、少しは説得力があったのかも知れない(笑) 以前の彼は、事故の後遺症で利き手が真っ直ぐ伸びないことを言い訳に、変な打ち方をしてたんだけど、何度も何度も繰り返し指導したら良くなってきた。
 
それにしても、きれいなフォームで気持ち良さそうにシュートを決めている彼の姿を見て、思わずカメラを取り出し撮影。しかも、人が見ていない所で努力する事を覚えた彼は、このまま続けば絶対に化けると確信した、タダでさえ素質はあるし、素直でヤル気はある選手だから。引いて言えば、もう少し賢いと覚えも早いんだけどね(苦笑)
 
そのあと落ちがあって、約1時間一緒にシュート練習をした後、彼から「今夜から3日間実家に戻る用があるので、練習は休ませて欲しい」と打診を受けた。良く頑張っているので、何も聞かずに許可。すると、夜の練習中に他の選手から「マヌは明日から実家だけど、今日は彼の誕生日で彼女とデートしてるよ!」と、チクリが入った!
 
うーーーん、誕生日と言うこともあるので、彼女とのデートは許そうと思ったんだけど、嘘をつくのは良くないよねー。少し考えたんだけど、今回は全て水に流す事に決めたよ。きっと彼は、今まで以上にやってくれるでしょう!! なんて、ちょっと甘いかな?(笑)
 
 
この写真は指導者として涙もの?の光景
jspage_73975683508813a.jpg
 
 
 

2006. 9. 5. Tue
これって進んでる?遅れてる?
マレーシアで自動車は、高価なものって言う事を以前にも書いたかな?特に日本車を含む外車は、非常に高い税金が掛けられており、聞いた話ではオデッセイなどでRM150,000(500万円前後)もするとか?まあ、価格については聞いた話しだし、グレード等によっても違ってくると思うけど、どちらにしても経済力が3分の1程度の国では高値の華。
 
それでも車の普及率は高く、国産のプロトンやプロドアという比較的安い車を、10年ローンで購入している人も少なくない。しかし、それでも買えない人が大勢居るのも事実。って言うか、バンギ周辺なら結構立派な一戸建て住宅だってRM150,000前後で新築が買えるからね。それに、渋滞の多い国だからバイクに人気があるのも特徴。
 
ところで、今日は面白いバイクを紹介したい。百聞は一見にしかずと言う事で写真を見て欲しいのだけど、下肢障害者向けの改造バイクがある。Jがまたがっているのは、歩けるけど安定感が保てない人用の改造バイク。これは後輪の両サイドに補助輪がついているもので、改造費を含めてRM4,000(12万強)で購入できるらしい。また、J達のように車椅子使用者には、椅子を乗せるサイドカーの改造車もある。こちらの方が少々高いらしいが、車を買うよりは安く済む。
 
これって凄く便利だと思わない?昔日本でも車イス用のスクーターを開発してたけど、道路交通法等の問題で市販化は実現しなかったみたい。でも、もし日本で許されるなら絶対に買うかな(笑) ちなみに、JICAでは40歳以下のボランティア(JOCV)は、赴任国で車やバイクの運転は許されていないので、この時は”またがっただけ”と書いておこう。決して、「風を切って走った!」なんて言えません。だってJICAのスタッフにも「js-page」の存在は知られているからねー(笑)
jspage_73975683706986b.jpgjspage_73975683706986a.jpg
 
 
 

2006. 9. 6. Wed
順調に落ちています
KLに越してきて以来、部屋に体重計が設置されていたので毎日チェックッしてるけど、今のところ減り続ける一方。マレーシアに来る前のひと月は、壮行会という名の飲み会続きでブクブク太り、後半は84キロまで増えたところで量るのをやめてたんだけど、今日の体重は80キロジャスト。
 
この調子で落ちてくれれば、近日中には数年ぶりの70キロ台突入か!?(笑) 量的には結構食べてるし、お酒も飲んでるんだけど、規則正しい食事時間と夜7時以降は、殆ど食べてないのが良いのかな? そして、毎日罰ランでコートを50往復前後しているから、結構運動もしているってことだ。本当は走りたくないんだけど、自分で決めたルールだからやるしかないね。
 
マレーシアに来て痩せる人は少ないと聞くけど、Jの場合は日本に居る方が絶対に太ると思ってる。何せ居酒屋大好きだし、何食べても美味しいからついつい食べ過ぎる傾向は昔から。こっちでの生活の方が健康的ってことで、明日からも規則正しい生活にココロガケタイトオモイマス。
 
 
 

2006. 9. 9. Sat
厳しい現実・・
今日は午前中を自主練習にして、アンさんと一緒に朝早くからフェスのバスケ会場を視察。会場となるのは、KLから車で1時間ほど行った所にある、Shah Alam(シャー・アラム)という町。確かここはセランゴール州都って聞いた気がする。人口比は圧倒的にマレー系が多く、選手が滞在するホテルの近くにショッピングセンターがあるけど、きっとお酒とか売ってないよ。飲める場所は、ホテル以外に殆ど無いと思うし。まあ、バスケに集中するには良い場所かも知れないね(笑)
 
そんなことより、つい先日タイ遠征で使用した会場を批判したけど、マレーシアも結構ヤバイかった・・・(苦) メインアリーナは外観だけ立派なんだけど、中のフロアはコンクリートにラバー(ビニール?))敷き。しかも、床自体がきっちりした平面じゃないので、車椅子を転がすと凸凹感じが伝わってくる。更に、館内は土足使用がOKらしく、かなり痛んでおりタイの会場と変らない。「これじゃマズいよー、アンさん!」って言ってみたものの、今から会場を変えられる訳でもないので、国際大会経験者として出来る限りのアドバイスと改善要望をしてきた。
 
それに加えて第二会場の大学施設は最悪だった。まず、入り口周辺は幅の広い排水溝が多くてキケン。また、入り口には階段があり工事の必要がある。更に、マレーシアではバトミントン人気が高いらしく、体育館にはペンキで引かれたバトミントンコートが目立つ。観客席は数十人規模だし、アチコチ壊れているし、こっちも土足使用の汚れが目立つ。そして、最後に練習用コートだけど・・・・。ふー、これ以上書くと日本チームが着てくれなくなりそうなので、この辺で止めておくよ(苦笑)
 
その代わり、個人的には修復要望を出していきたいし、人的サポートなどは万全にしたい。現在Jは、日本チームの通訳やサポーターも探しているんだけど、何とか良い人を見つけたいと思うし、JICAを始めとする日本人コミュニティに対しても、周知や応援依頼をしていきたいと思う。まだ、途上国であるという現実も知って欲しいし、フェスのような大会を契機に良くなっていくことを期待したい。
 
jspage_73975684499678b.jpgjspage_73975684499678c.jpgjspage_73975684499678a.jpg
 
 
 
左はメインアリーナ外観
中は第二会場である近隣大学の体育館外観
右はメインアリーナの床・・・・
 
 
 

2006. 9. 10. Sun
小旅行
最近は疲れていることを理由に、休みの日になると部屋で寝ている自分に気が付く。今はKLで暮していることもあり、かなり落ち着いてしまったというか、好奇心を持って街の散策とかもできてない。4月に来た時は、ひと月しか滞在できないと言う理由に加え、バンギで暮していた事もあり、憧れのKL?に通ってたんだけどね(苦笑)
 
と言うことで、今日は昼から最寄り駅のアンパンパーク(Ampang park)から電車に乗って旅?に出掛けてきた。この路線はプトラLRTと言って、KLを南北に走っている列車で、新しい路線なのでバリアフリーになっているらしい。しかも、最寄り駅のアンパンパーク駅は、JICAの入っているビルの目の前(地下)に駅があり、Jのアパートからも車椅子を転がして行ける距離にあるので利用し易い。
 
まず駅で一日パス(RM7)を購入して出発。確かにエレベーターが設置されており、難なくプラットホームまでたどり着く。しかも、電車が来て驚いたのはホームと列車の隙間が5センチくらいしかなく、全く段差も無いので普通に乗降できた。もちろん、日本のように駅員が付き添いで来ることもなかった。あれ?この路線に関しては日本より上かも?なんて思ったよ(笑)その他の駅でも5箇所で降りて確認したけど、全てエレベーターと車椅子対応のトイレは設置されてた。
 
最初に最北端駅であるターミナル・プトラ(Terminal Putra)まで行き、下車して散策した後に最南端駅であるケラナ・ジャヤ(Kerana Jaya)まで車窓の景色を楽しむ。電車は各駅停車のみで、南北終着駅間の所要時間は50分位。更にアンパンパークに戻る途中、幾つかの駅で降りて散策してみた。今日はKL中心部と一味違う建物や街並みを見ることが出来たし、旅での知り合いも出来たよ! 
 
そうそう、駅によって中華系が多い所、インド系、学校エリア、ショッピングエリアなど、色々な特徴も見る事が出来て感心した。電車に揺られながら考えてたんだけど、テレビ東京系でやっている「ぶらり各駅停車の旅」みたいな感じだなって(笑) しかも、結構面白くて「体験記」が書けそうなくらいの話題はあったかな。
 
プトラLRTのマップ http://visit-to-kl.com/Tips/lrt%20map.htm
※縦に走っているピンクのラインがプトラLRT
 
jspage_739755443319151c.jpgjspage_739755443319151b.jpgjspage_739755443319151a.jpg
 
 
左 アンパンパーク駅のプラットホーム(今日は日曜なんでガラガラだった)
中 電車とホームの隙間を見よ!何て少ないのだ!!(全駅共同様だった)
右 最北終着駅のターミナルプトラは何も無い山(人々は更にタクシーやバスで奥地に消えて行った)
 
 

2006. 9. 11. Mon
Jが旅に目覚めた!?
昨日決行した列車の旅で、ほんの少しだけ元気が出たと言うか、眠りから覚めた感じがしている(笑)なぜか?昨晩も寝られなく、ずっと色んな情報誌を読みまくっているうちに朝を迎えてしまった。
 
で、結局休みを取って旅に出ることに決めた。休みを取ると言っても仕事が優先だから長期は無理だけど3日くらい。丁度今月下旬から「ラマダン(Ramadan)」と言って、イスラム教徒は断食に入るので、基本的に練習は出来ないから休み易い。だって朝6時頃から夜8時頃まで“飲まず喰わず”で生活するんだから・・・・。まあ、宗教の自由とは言え、かなり過酷な仕来りだね。
 
先日アンさんからも「ラマダン中は練習にならないから、少しゆっくりしていいよ」と、言ってもらっているので、ここはお言葉に甘えたいと思う。で、何処に行くかって??世界の車窓からが大好きなJが決めた旅は、一番時間が掛かるドンコ寝台列車で行く、タイ国境のケランタン州コタバル旅行。 ここは90%以上がマレー系らしく、お酒も豚も絶対口に出来なさそうな気配(苦笑)さーて、今日から情報収集と準備を進めようっと。
 
それから、全然話しが違うんだけど、先日伊達公子さんが来マして下さった時の活動紀が、JICAのHPと伊達さんのHPで更新されているらしいので紹介したい。たくさんの写真とともに、詳しく紹介されているので覗いて欲しい。
 
JICAのサイト     http://www.jica.go.jp/kimiko/kids_mal/index.html
伊達さんのサイト   http://www.kimiko-date.com/diary/malaysia/06/index.html
 
 
 

2006. 9. 12. Tue
「体験記」更新!
”月イチ更新”の予告どおり、本日「体験記」を更新したよ。と言うか、いつもの事だけど管理人のhata3に更新してもらいました。hata3いつもありがとう!! 
 
さっき仕事から戻ってきて、さっそく自分でも読んでみたけど、相変わらず誤字脱字が多いね!? これでも2、3度は見直しをしたり原稿の差し替えをしてもらったんだけどさ・・・。一つ言い訳をさせて貰うと「体験記」を書ける瞬間って、凄い気持ちが入っているんだけど、書き終えた後に見直す時は、既に気持ちが違う方にイッチャってる(苦笑) なんて・・、何て書いても苦しい言い訳か。ハァ。
 
今回は2号同時更新です。最初は気合入れて書いてるんだけど、後半は疲れてきて短く済ませようとしている感じが伝わってくるでしょ?モノを書くようになって学んだ事って沢山あるけど、特にその時の精神状態が後で良く分る。これって、良くも悪くも非常に興味深いし、長いこと続けてきた結果とも思う。ちなみに、「独り言」と「体験紀」と「読売コラム」など、エライ量の文章を書き上げて来たもんだ。”継続は力なり”って言葉もあるけど、自分自身で感心する。
 
ホント、色んな事があったし、何度かHPを閉じようと思ったこともあったけど、沢山の人が訪れてくれる事が嬉しかったし、とても励みになったことは言うまでもないね。しかも、旬を過ぎた選手のHPにも関わらず、常に多くの方に訪れてもらえる事が嬉しい。これは自分の中でも誇れるものの一つと自負している。いつまで続けるか?考えてないけど、もう少しイケソウデス!!
 
<追加>
「体験記」の中でも紹介しているんだけど、現在オーストラリアで活躍している岩野さんが、9月24日にOAされるTBS系の「情熱大陸」という、超メジャーな番組に出演されるそうです。オージーでの車椅子バスケ活動を取材されたそうなので、皆さん是非ご覧になって下さい!!
 
 
 
 

2006. 9. 13. Wed
誤解?それとも・・
昨日「体験記」を更新したところ、早速友人から厳しい内容のメールを貰った。と言うのも、最近「独り言」や「体験紀」で、Jは良く”罰ラン”って言葉を使うんだけど、彼曰く「罰を与えるやり方って良くないのでは?」と。そっかー、確かに”罰ラン”とか書くと聞こえが悪いね(苦笑)
 
「罰を与える方法が良いとは思わない」って、一理ある。けど、これって集中力を増すために必要な手段でもある。決して木刀や竹刀を振り回して、目くじら立ててるようなイメージじゃないよ(苦笑) 確かにかなりハードで厳しい練習をさせていることは事実だよ。まあ、国の代表選手だから当然だとも思うし。J自身としては、指導方法の一つとして間違ってないと自負しているし、うまく機能しているとも思う。
 
例えばこんな感じ。
J「簡単なランシューだから100%決めて欲しいけど、今の自分達の実力はどの程度よ?」と尋ねる。
選手「「60%くらいかな・・・」
J「マジ?お前ら国の代表選手だぜ?たった60%かよ?」と煽る(笑)
選手「よし、じゃあ70%でどう?」
J「OK! その代わり70%に満たない場合は、足りない%分だけ罰ランだぜ!?」
選手「OK!やってやろうじゃん!!」ってな感じが多い。
 
しかも、罰ランは大事な走り込みの練習メニューだからね。ただ黙々と走らせるより、ゲーム感覚を持たせたり、目標に対する評価という理由の方が選手も納得するし、気合入れて走ってくれる。これもホント!
 
しかも、最近奴らったらコーチが一緒に走ることを楽しんでる!やっぱり数十往復ともなればJもヘタルでしょ。それなのに「コーチ、もっと速く!」とか、日本語で言ってくる。俺が逆に煽られてるじゃん?みたいな感じ?(苦笑)もちろん、本気で怒るときもある。でも、本気で怒るときは”罰ラン”って感じじゃない。練習を中断して話し合いの時間になるね。
 
ちなみに、「体験記」でも書いたスポーツ協会から出ると言う強化費について、実はコーチにも出るらしいのでJも貰う事になった。でも、正直お金に困っている訳ではないし、JICAの規定で隊員は金品を受け取れないことになっているので、全てそのままバスケ連盟に入れる形にしたよ。と言うか、タイヤ買ったりテーピング買ったりする費用に回したら足りないくらい。アンさんも持ち出しが多くて大変みたい。現時点でも数千リンギットの持ち出し金を奥様に隠している(実はバレている)らしい(笑)
 
 
 

2006. 9. 14. Thu
深刻な問題・・
車椅子が壊れて壊れて、練習出来ない選手が増えている・・・。こんなこと書いても始まらないんだろうけど、これも途上国の現実。選手の半数が2、3年前に、マレーシアの日本商工会議所から贈られた車椅子を使用しているのだけど、この米国製車椅子は良く壊れる(苦笑) しかも、アルミの溶接を出来る人が居ないので、壊れると上手に修理が出来ないから打つ手が無い。
 
国際大会を2ヶ月後に控えて、まともに練習ができないんだから苦しい。しかも、車椅子が壊れる選手っての言うのは動きが激しく強い中心選手だったりするからね。正直言って、あまり貸したくないんだけど、Jのバスケ車は壊れた選手で使い回し状態(苦笑)本当に苦しいよ。
 
実は前回来た時に、日本大使館へお願いしたんだけど、今回10台の新車をGET出来ることになったのは救い。ただ、車椅子が受け取れるのはフェスの直前か、最悪だと終ってからになるらしい。必ず頂ける事に関しては有り難いと思ってる。でも、もう少し早くならないかな?毎日ヤキモキしながら待ってるところだよ。 ニッシンさん、よろしくお願いしますよ!!(笑)
 
ところで、右手親指が曲がらなくなっているみたい? 実はタイに行った時、プレー中に右手親指の第一関節を突き指したんだけど、異常な痛みだったし、太くて真っ青になってたから絶対に折れていると。で、翌日医者に行ったんだけど「折れてない。きっと単なる突き指か脱臼だけど治まってる」って言われた。もで絶対におかしい。ひと月経った今でも関節は太いまま。曲がらない。ずっと痛い・・。まあ、初めての事じゃないし、曲がらなくなった指も2本目だから慣れっこと言えば慣れっこだけど(苦笑) でも、西洋医学よりも選手のカンの方が信用できる時もあるんだね!
 
 

2006. 9. 15. Fri
三歩進んで二歩下がる?
土曜日は朝から練習なので、金曜日の晩はバンギにお泊りすることにした。週イチくらいなら選手達と夜中まで語り合うのも悪くないし(笑)と言うことで、今日は朝の更新。
 
実は昨晩・・・、と言うか今朝までずっと? 世界の途上国で隊員として働く方々のHPやブログを読み漁った。一番の理由は他の隊員の考え、活動内容、活動方法を知りたかったから。もちろん、今後の参考にもしたいと思った。最近のJは、熱く語ったり活動する一方で、少し行き詰り感もあったから・・。
 
どのサイトもブログも色んな想いがあって、みんな素晴らしかった!!それから、自分の欠けている部分や行き過ぎている部分?も分った気がする。そして、みんな似たようなところでつまずいたりしながら、少しずつ前進してるんだなーって思えた。さらに、Jが悩んでいたことの答えも見出せた。
 
よく何かにつけて「上を見てもきりがないし、下を見てもきりがない」って言うけど、途上国もホントそんな感じね。とても過酷な状況の国も山ほどあるし、その国々から比べればマレーシアは恵まれた状況にあることも理解できる。もちろん、どのレベルであっても問題や悩みは尽きないんだろうけど。
 
日本と言う恵まれた国で、20年近く掛けて活動してきても、まだまだ満足のいくところまで到達できてない。それなりに・・、いや、まだ日本もかなりの問題も抱えている状態と思う。マレーシアの車椅子バスケは、さっき?始まったばかりなんだから、何も無いのが当たり前。まあ、そう考えると明日が楽しみに変るかな? 
 
今日は選手達とたくさん語りあって来ようと思う。
 
 
 

2006. 9. 17. Sun
次から次へと問題が・・
金曜日は予定通りバンギに泊まって選手達と語り合ってきたよ。もちろん練習もみっちりこなしたし、久しぶりに見学したというJICA隊員のNさんも「以前より腕も太くなってたくましくなってるし、プレーも格段に上手くなってる」と高評価をしてくれた。着実に良くなってることは確からしい。
 
しかし、ある選手が「バスケをやめる」そうだ・・。ふーー、新米コーチのJはどう対応すれば良いのか?迷いに迷っている。幸い?、急遽今日から3連休となったので、地元に帰省する選手も多いらしい。彼も実家に帰ると聞いているから、少しでも気分転換ができるといいのだけど。
 
Jは・・・、一人で旅に出てくるよ。こんな状況で休みが出来るなんて複雑なんだけど、考えていても落ちるだけだから旅してくる。パソコンは持っていかないから、しばらく「独り言」の更新もお休みです。
 
 
 

2006. 9. 21. Thu
やっぱ、そうとうの?
えー、気分的には少し落ちているけど、何とか頑張ってます(苦笑)昨日は約一週間ぶりに車椅子が使えたので、Jも走り込みとシューティングで練習に参加。そして、「やっぱりバスケ大好き!」って実感。ガムシャラに走っている時は、凄く集中できている自分に気付く。もちろん、ブランクがある分苦しかったけど、自分を追い込んでいる時は楽しい。昨日は休み明けってこともあったので、みんなも道連れに走った!バスケで苦しい思いをしてる時って、「このまま死ねるなら本望!」とか思う。やっぱ、そうとのMだね?(笑)
 
それから、”やめる君”に対しては「選手はみんな大切だし、誰一人として失いたくない」って事と、「ヤル気になったら、いつでも戻っておいで!」って事を伝えた。また、他の選手にも「彼が戻り易い環境を作って欲しい」と、お願いしたんだけど、選手達はJの依頼に答えるかのよう、やめる君に声を掛けてくれてた事が救い。というか嬉しかった。きっと戻ってきてくれるでしょう。そう信じて今回は待つことにしてみる。
 
そうそう、日曜日から急遽出来た3日間の休みで、マレーシアの田舎を旅してきたんだけど、面白い経験をたくさんした。月イチ更新目標の「体験記」に書きたいと思っているので、旅の報告はその場所でね。
 
あっ、何人からか激励メール頂きました。ありがとう!! いつもJs-pageファンの方とバスケットに助けられている気がする。 感謝。
 
 
 

2006. 9. 22. Fri
マレーシアでも「クルタノ」健在!
本日はラマダン(断食)前、最後の練習となる。ラマダンに入ると日中は飲まず喰わずの生活だから、キツイ走り込みはさせられない。と言うことで、今日はガッツリ走り込みの「クルタノ」を実践してくる。
 
今朝の体重。夢の?70キロ台!!ならずでした。でも80と81の間ぐらいだからマズマズかな(笑)それに、今日は走り込むから、きっと明日は・・・? ただ、あんまり痩せるとシワが増えて(目立って)老けて見えるとか? うーーん、どっちが良いのかなぁ??(苦笑)
 
皆さん良い週末を!
 
<夜の部>
 
今夜はバンギに泊まる予定だったけど、大事な用事が出来たので急遽帰宅。 実はイラン遠征に行く選手の選考をしないとなんだけど、どうしても選びきれなくて先延ばしにしてた。 でも、今日の練習でアンさんから「明日をリミットにしたい」って言われたから、今夜は選手と一緒に過ごす訳にはいかなくなった。
 
タイの時は近いこともあって全員連れて行けたんだけど、今回はフェスピック直前の調整にもなるし、予算も限られているから全員は無理。フェスの最終選考も含めて、そろそろ決断の時が来たみたい(苦)
 
今まで選考される側ばかりで、選考する事なんてなかったから、選考する側の苦しみをヒシヒシ感じてる。今夜は選手の特徴や起用方法を考えながら、眠れぬ夜になりそうだよ。しかも、選手の選考に関しては、毎日彼らの練習を見ているJに一任されたんだよね。最近みんな頑張っているから、なお更選考するのが難しい・・。
 
地元開催なだけに、みんな出場したいと思う気持ちは強いと思うし、”全員連れて行きたい!”ってのが本心だよ。はーー、苦しい決断になりそうだ。
 
 
 

2006. 9. 23. Sat
決断の時
ここ数日、”やめる君”に対して良く若手の選手数人が声を掛けてくれている。実は昨日も休み時間に見かけたんだけど、今日も同じ光景を見かけたんでさりげなく近寄ってみた。
 
すると、英語が堪能な選手が来て「きっと彼は戻ってくるよ!」って伝えてくれた。そして、彼らの会話を同時通訳をしてくれたんだけど、やはり先輩にチャチャを入れられて参っているようだった。でも決して誰一人として名前は出さないんだけどね。で、ある選手が「そんなヤツ、そこらに生えてる”木”だと思え!」とか言いながら励ましてたらしい。
 
今まで見たことなかった光景。選手達が練習以外でバスケの事とか、人間関係の本音を真剣に話し合っている場面なんて。相手を思いやる気持ちとか、チームメイトに対する仲間意識みたいなものが芽生えてくれたのか?そうだとしたら嬉しい。いつも”チーム”として一つになる事を唱え、J自身もみんなと一緒に罰ランしてきたことが正しかったと思えるしね(苦笑)
 
彼は練習も人一倍頑張る選手だし、これからを考えても絶対チームに必要な選手。そう思ってJは賭けに出た。選考のメンバーに彼は入れた。まだ完全に戻ってくると決まった訳ではないけど、戻る事を信じて。
 
まだ吉と出るか?凶となるか??分らないけど、選考を一任された立場として、平等に彼らの練習態度や実力に可能性を判断したつもり。
 
 
 
 

2006. 9. 24. Sun
料理バンザイ!?
最近マレー料理も少し飽きてきたし、時間が出来たってこともあって、家で料理をするようになった。これって、アメリカに渡って生活を始めた2000年、食べ物が合わなくて激痩せした時も同じ行動に出た記憶がある。Jの場合、海外の生活で一番ネックになるのは食生活かも?(苦笑)日本にいる時は時間も無いし、外食の方が安くて美味しいものが食べれるから、家で料理する事なんてゼロなんだけどねー。
 
と言っても、凝った料理をするほど料理好きな訳でもないので、殆ど3、4種類の少ないレシピで回してる感じかな。今日は日曜日で休みだったから、昼と夜の2回分料理した。世間はラマダンで断食ってこともあるから、一応イスラム教徒の皆さんに気を使って外食を避けた事も理由のひとつ(笑)
 
ラマダンについて間単に説明すると、今日から10月下旬までの約一月間、イスラム教徒は日中の飲食をしないというもの。時間的には朝の5時半頃から夜の7時半頃までだとか。約13時間以上も飲まず喰わずで生活するなんて考えられない。そして、夜の7時頃になると、みんなソワソワしながら食べ物を準備して、飲食OK(日が沈む時)を待つんだって。
 
それにしても、明日からバスケの練習にも支障をきたす事になるから困った。練習は夜の9時から11時までの2時間しか出来ないので、一応夕方からテキストやホワイトボードを使った頭のトレーニングやミーティングを行う予定。飲まず喰わずで空腹状態の選手が、集中出来るとは思わないんだけど、せっかくの時間を無駄には出来ないので、何とかやりくりしながら進んでいくつもり。
 
下の写真は、左が昼に作ったパスタなんだけど、作り過ぎて完食後は苦しかったよ!(笑) そして、右は夜に作った野菜炒めとトン汁。どっちも似たような具材なので都合が良い。両方とも普通に食べれる程度で出来たと思う。ちなみに明日は残った野菜を使ってカレーを作る予定。 えっ?同じようなものばかりだって? はい!、バカの一つ覚えと言うやつです!(笑)
jspage_739755446093573a.jpgjspage_739755446093573b.jpg
 
 
 
※一部不適切な文面(表現)があったので訂正&削除しました(9月25日)
 

2006. 9. 25. Mon
これからが本番!
昨日からマレーシアは断食に入ったものの、フェスピック2ヶ月前となるここからが本番。とにかく、今までは基礎の体力や技術を上げることに時間を費やしてきた。しかし、今日の練習からは少しずつオフェンスやディフェンスのシステムについて積み重ねていく予定。とは言え、まだまだ基礎の部分がしっかりしていないし、難しい事を教えていく時間もないので、基本はオーソドックスなバスケットボールを、どこまで高いレベルに持っていけるか?ってことになるのかな。
 
今日は選考結果を選手に伝える事になると思うから、多少モチベーションが下がる選手も出てくると思う。でも、その中で選手達の集中力を、今まで以上に高めていく工夫や、向上心&競争心を持って貰えるように進めて行きたい。
 
「体験記」でも書いたんだけど、来月上旬には岩野さんが来マされるので、上手く引き継げるように準備を進めている。トレーニングスコアシートも完成したから、毎日選手達のプレーをデータにまとめて、フェスの選手選考&起用にも活かしていきたいし、最終的には通知表?として、評価やコメントを入れたものを選手達に渡したいとも思っている。
 
あっ、ところで昨日は岩野さんが出演する「情熱大陸」がOAされたんだよね?日本での反応はどんなだったのかな? 岩野さんとは千葉ホークスで10年以上一緒にプレーをした仲だし、ある時期の黄金時代を築いた同志。しかも、同時期にお互いが公務員を辞して、Jはアメリカ、岩野さんはオーストラリアに飛び立った。あー、あの頃が懐かしい・・(笑)
 
 
 

2006. 9. 26. Tue
人間のタイプ
人の行動タイプは大きく分けて4つに分かれるように思う。
@何も言わず、黙って自分のすべき事をするタイプ(職人型)
A「やります!やってます!」と公言して実行するタイプ(有言実行型)
B「やります!やろうと思います」と公言して実行しないタイプ(有言不実行型)
C何も言わないけど、何もしないタイプ(一般大衆型?(笑))
 
人それぞれの考え方や行き方があるので、どれが正しいとか言うつもりはない。でもJの場合は即答でAと答える。”有言実行”ってカッコ良く聞こえるかも知れないけど、実は”意思が弱いけど頑張って成し遂げたい”っていう人も多いはず⇒自分の事を指してるんだけどね(苦笑)
 
本当に意思の強い人は@の職人型で、黙々と自分のすべき事をやり遂げてしまうような気がする。Jの場合、いつも書くけど自分で公言して、自身を追い込むと言うか、プレッシャーを与えて自分の尻を叩く。それでも有言不実行の部分は多いし、その辺を少しずつレベルアップする事が人生の課題になってる気がする。なかなか満足行くところまで行けないし、追い付けない人も沢山いる。
 
何でこんなこと書くか? 最近、色んなことで追われに追われているんだけど、なかなか進まない事が大くて停滞気味だから。良く「Js-Page見て、自分もヤル気になった」って言って貰うけど、それはJ自身のセリフでもある。苦しい時や怠けている時に、ここで公言することで自分の尻を叩いているし、みんなからはパワーを貰っている。
 
やらなきゃならない事の一つに、選手のスコアチェックとデータ集積がある。実は昨日からチーム練習のお手伝いをしてもらえる方が出来た。さっそく昨日からスコア等をつけて貰ったんだけど、そのデータをPCに入力して集積&分析するルーティン業務が出来た。これもやり始めると重たい・・・(苦笑) でも、通知表を手渡す先生の気分が味わえると思って続けて行くつもりだけどね。
   
 
 
 

2006. 9. 27. Wed
コミュニケーション
今更なんだけど、基本的に「js-page」はバスケットボール選手のサイト。ときには脱線して、バスケ以外の話題を掲載してるけど、あくまでバスケが柱ってことはハッキリさせておきたい!(笑)
 
Jは必ず練習の始まりと終わりに確認する事が2つある。一つは「身体のトラブルが無いか?」で、二つ目は「どんな事でも良いので思っている事(コーチへの不平不満、プレーの悩み、チームの問題)を伝えて欲しい。ただし、恋愛問題だけは×」と(苦笑)  これまで選手と話し合うようにしてきたからか?最近では自分が思っていることを打ち明けてくれる選手がポツポツと現われてきたようにも思う。
 
再三ミーティングで「チーム練習の時間が短いから、練習前のウォームアップは各自で済ませて欲しい」と伝えていた。でも、見ていると率先して行っているのは毎回2、3人のみ。で、「今日は各自で出来た?」って質問すると、手を挙げるのも2、3人。彼ら嘘はつかないようである(笑)結局改めてチームでウォームアップをす事に。毎回のこと。
 
で、昨日のミーティングで「各自ではするのは無理?」」って聞いたら、ある選手が「難しいし、チームでする方が楽しい」と答えてくれた。「じゃあ、チームでウォームアップする代わりに、集合時間を15分早めていい?」って聞くと、全員揃って大きくうなずいた。交渉成立。最近こんな会話や交渉事が出来るようになったのも小さな喜びとなっている。
 
実は“やめる君”が戻ってきた。本当は嬉しい事なんだろうけど、以前とはイマイチ違う感覚が漂う。相変わらずバスケ自体は頑張っているように見えるんだけど、何かが違うように感じる。魂が入ってないと言うか・・・。まだ帰ってきたばかりで遠慮しているだけかも知れない。単なる思い過ごしならそれに越した事はないのだけど。彼とも開かれた会話や交渉事?が出来るようになりたいと思う今日この頃である。
 
 
 

2006. 9. 28. Thu
コミュニケーション2
今日の練習は午前中だったので、昨晩は久しぶりにバンギにお泊り。ラマダン中ってこともあると思うけど、練習後はみんなでマカン(食べる)。ジュースやお菓子で盛り上ったよ。Jは1時過ぎに眠くて部屋に戻ったんだけど、今朝聞いたら一番遅かったヤツは4時半に朝食を食べてから寝たそうだ(笑)もちろん、軽く怒った事は言うまでもない。「練習に支障を来たす夜更かしは慎みなさい!」と。
 
しかし、色んな事が見えてくるから面白い。と言うのも、宴会は2箇所で行われていたのである。一組はヤング中心で、もう一組はシニア中心。Jは平等に接したいので2組の宴会をハシゴした。どうやらヤングたちはシニアの言動が気に食わないらしい。少しずつ本音も聞けるようになったし、派閥?も見えてきた(苦笑)まあ、これは決して特殊な事とは思わないよ。
 
J自身もクラブチームやJAPANの活動で、嫌いな人間は居なかったけど、気の合う人間と過ごす時間が多かった事も事実。ただ、彼らに言っている事の中に「人間関係で好き嫌いがあっても良いけど、バスケの時間(コートに入ったら)は”チーム”の一員としてバスケに集中し、メンバーと協力し合う事が必要」と。どこまで通じているかは???(苦笑)
 
昨日から今日に掛けて2人の選手から相談と助けを求められた。内容についてはプライバシーの保護?って事で書かないけど、大変難しい問題ながら個人的には嬉しかった。そうやって知らず知らずのうちにハマっている自分に気付く。そして、抜けられなくなりそうで怖い(笑)
 
練習後、Jは一人で走り込みをしていると、ある選手が戻ってきた。彼は無言でバスケ車に乗り換え、Jの後を走り始めた。Jは嬉しかったけど「止めとけ!」って。だって、彼はラマダン中で夜の7時過ぎまで飲食が出来ないんだから。もちろん、Jも彼らの前で飲食はしないけど、部屋に戻れば飲食できるから。
 
それでも付いて来るので、走り込みは止めてシューティングを提案した。2人以外誰も居なくなった体育館でシューティングをしている、その瞬間がJには至福の時間。約45分間二人で打ち続けたよ。その選手って言うのは”やめる君”なんだよね。自己表現下手くそだけど、彼のヤル気はしっかり受け止めた。
 
色々と問題も多いし、J自身も日々の生活や指導方法に反省すべき点が多いのだけど、こんな人生がとても幸福と思える瞬間だった。今日も一日(半日かな?)良い日だった。それだけは自信を持って言える。
 
 
 

2006. 9. 30. Sat
コミュニケーション3
今日は午前中の練習だったんで、昨日もバンギに泊まり。夜の11時過ぎに終った後、外でみんなと話していたら気付けば1時過ぎ・・・。シャワーを浴びて寝たのは2時頃なんだけど、今日は朝の9時に全員集合(笑)J自身も相当眠かったから、選手はなお更だろうね。きっと。
 
で、今朝は頭の体操から入ってみた。これはJAPANの合宿や遠征時にも、トレーナーのマッチが良く使う手。思いっきりパクリ!(笑)”山手線ゲーム”って言うのかな?全員で輪になってリズムに合わせて一人ずつ決まったジャンルの名前を挙げていく。最初は”国の名前”にしたんだけど、Jは「JAPAN」って言うつもりが、直前の選手に「JAPAN」て言われてしまい、慌てて「アッ、マッ、マレーシア!」って言ったんだけど、既に出ていたのでアウト!最初からボケツを掘って大爆笑だった。
 
続いて”マレーシアの州名”、”車の名前”、”動物の種類”と4回行った。で、終わりにしようかと思ったら、予想以上に盛り上ったんで、最後に”フルーツの種類”をした。動物の種類の時には、名前が出てこない選手が慌てて言葉にしたのが「ス、ス、スービー!」だって。スービーって隣に座ってた選手の名前。これには一同大爆笑。 後で聞いたら「人間」って言うつもりだったとか?人間には違いないけど固有名詞はアウトだよ(笑)
 
その後の練習は非常に集中していたのが驚き!しかも、あまり走らせないように気を使っていたんだけど、「バスケしたい!明日は練習休みだから大丈夫」ってことで、結局予定時間を大幅に過ぎて練習が終了。なかなか積極的でよろしい!(笑)今はとても雰囲気が良いよ。
 
 
 
【独り言_の最新記事】
posted by J's page at 00:00| 独り言_