2005年05月01日

2005年5月

2005. 5. 2. Mon
全員集合
 
 明日の開会式を前に、今夜1回戦の4試合が行われた。注目していたNo Exとリスキー戦はとても良い試合だった。最終的なスコアだと20点くらい離してNo Exが勝利したんだけど、前半は互角の戦いだったし得点差以上に見応えのある試合だったデス。
 
 勝ったNo Exも良く集中していたと思うけど、負けたリスキーの選手も本当に最後まで頑張ってプレーしていたことに大きな感動を覚えた。明日はLimitzも同じように最後まで集中力を切らさず、諦めないバスケをしたいと思う。
 
 とうとう明日だ。今夜Limitzのみんなも東京に集結したし、明日は個々の課題を確認した上で試合に臨みたいと思います。
 
 良い結果ができることを信じつつ、全国の・・・・いや・・、世界のJとLimitzファンの方々にお願いしちゃいます(笑) 何処に居てもLimitzへの熱い応援をお願いします!!
 
 
 
 

2005. 5. 4. Wed
一番苦いGW
 Jにとって、今年の選手権は初めて初戦敗退するという苦いものとなった。正直言って初戦はイケるんじゃないかと思ってたんだよね。これまでの練習試合では色んな事を試して来れたし、うまく機能すれば結構やれるという実感もあったから。でも・・・・、やっぱりちょっと甘かった。練習と本戦とでは緊張感も違うんだろうね。個人的に見てもチームとして見ても、技術面・精神面まだまだ全然足りない。やっぱり近道なんてないし、きっと少なくても4,5年は掛かるんだろうなーって、漠然と思った。
 
「がんばった?」と、問われれば「Yes」という答えが返せるけど、「楽しめた?」って聞かれれば「Yes」と答えることは出来ない(涙) 言い訳になってしまうけど、”選手”としてだけに集中できない状況がキツイかも。全く自分自身集中できてないし、自分のプレーも出来てない。今はそういう余裕が全く無いんだ。 本当にいっぱいいっぱいとですよ!(苦笑)
 
 数年前、名門の千葉ホークスを飛び出しアメリカに渡った。帰国後森本文化風呂商会に入部し、その数年後に九州に来て新チームを立ち上げた。どれもこれも全て自分の意思によるものだった。もちろん後悔はしてない。だけど、想像以上に壁は高いし厚かった。今は、ただただその事実を受け止めることでいっぱい。その壁を超えるためには、目標に近づくためにはどうしたら良いのか?バスケの悩みはつきない。
 
 実は・・・・・、昨日と今日に体育館で数人の友人知人から「今回の試合を見ていて、俺の(私の)知っているJじゃないみたいだった」っていうような事を言われた。 その言葉にすごく動揺した。 自分自身でも気づいている部分なだけに苦しかった。本当に苦笑いするしかなかった。 ある人がこうも言った「ヘタクソでも人に感動を与えられるプレーや選手はいる」って。 でも今のJは・・・・・。その言葉も痛かった。
 
 ただ救われるのは、去年の8月にチームを立ち上げた時よりも、ずっと上達している若手の存在や、チームの存在があること。上を見ればきりが無いけど、確実に九州のレベルは上がっているから、やっぱ上を向いて歩くしかない。よね?
 
 
 
 

2005. 5. 8. Sun
地方を盛り上げたい
 
 最近、良くJはこの「独り言」でも地方の苦しみをこぼす事が多くなった。例えば、経験を積む為に中央へ出て行きたくても、時間的・経済的に厳しい状況がある事。また、強豪といわれるチームが行っている練習内容や諸情報が得難い事。地方は競技人口自体が多くないので、同じ目標を掲げて活動をすることが難い事などなど。
 
 実はGWに日本選手権で上京していたJは、休む間もなく仕事で宮崎に来ているのだけど、改めて地方の壁を実感したね。宮崎県内には車椅子バスケのチームが3つもあるんだけど、どこも平均年齢は40歳を超えている。しかも、センスの良い選手や、やる気のある選手も多い(多かった?)のだけど、今まで決して彼らが日の目を当たる事はなかった。本当に残念な事だと思った・・・・。
 
 たまたま機会があって、彼らに車椅子バスケの指導をさせて貰ったんだけど、本当に楽しそうにバスケをしていたし、当日は試合をした後で疲れていたにも関わらず、チェアスキルなども一所懸命取り組んでくれた。選手の殆どはJよりも年上の先輩たちばかりなのに! すごく嬉しかったし楽しかった。 そして、地方を盛り上げたいと強く思った。
 
 負け惜しみに聞こえるかも知れない。でも、全国大会で優勝するだけがバスケではないと思った。決してエリートになれない選手やチームもたくさんあるけど、そういう選手やチームが車椅子バスケを支えているのかも知れない。トップで活躍するエリートを支えているのかも知れない。そうJは思った。
 
 今まで長い間、ずっと日本のトップでバスケをさせてもらう事ができた。世界の大舞台でバスケをする事が出来たJは、本当に幸せだったんだと思った。その事に深く感謝をしなければならない。そして、今自分に何が出来るのか?考えてみようと思う。
 
 まだ漠然としているんだけど、これだけは言える。地方を盛り上げたい! もっともっと車椅子バスケを盛り上げたい!! そのために出来る事を真剣に考えよう!と思う。
 
 
 
 
 

2005. 5. 24. Tue
久しぶりの「独り言」
 
久しぶりにカキコのJ。
自分のパソコンを開いてインターネットをするのは実に2週間ぶり。「忙しいかった!」と言えば、確かにそれも嘘ではない・・・・・。でもそれは書き込まない理由の2番目。日本選手権で惨敗して以来、Jなりに色んな事を考えてるんだけど、それらの答えが全然見だせない。だから真正面を向いてコメントできないんだろうね。だって、そんな状況の中で「頑張る!」とか書いても、それ自体が嘘っぽくなるでしょう? ただ・・・・・、何も書き込めてない”js-page”にも関わらず、本当に多くの方が訪れてくれてたんで、ちょっと苦しかったかな(苦笑)
 
ところで、全然話しが飛ぶんだけど、先週の土曜日に友人である及川晋平の結婚式に出席してきました。彼はJがアメリカに行く決心に対して一番理解して応援してくれた人物だし、年齢こそ一つ下だけど尊敬する人物の一人である。彼はキャラ的なせいか? 普段スポットライトを浴びるようなステージではなく、とても地味な生き方をしているように見えるんだ。でも、彼の生き方は全てが確実に成長し、周囲の人に感動を与え、多くの人を引きつけている。全てが真実。見てくれだけ輝いている金メッキとは違って、切っても溶かしても変わらない純金。Jは彼を祝福するために集まった、大勢の人たちの表情やメッセージから察する事ができた。 だから・・・・、多くの人に彼の存在を知ってもらいたいし、心から「おめでとう」を言いたい。
 
今はバスケ関係者以外の人と比較的多く話しをしたり、コミュニケーションを取ったり出来る環境にあるJ。先週は飯塚国際テニス大会にも仕事で顔を出して、普段交流の少ないテニスの選手たちともたくさん話しができた。色んなことに対して目を向ける良い機会になっていると思うし、良い意味でオフになっていると思う。来月には35歳を向かえることになるんだけど、心身ともにリフレッシュ&充電してるよ。でも35歳だって・・・・、結構信じられないかも。ハッハッハーア。
 
 
 

2005. 5. 29. Sun
充実した時間と不充実の時間
 先週の木曜日に仕事を絡めて山口オーシャンズの練習に参加させてもらったJ。残念ながら?練習開始時に集まっていた選手は3名のみ。でも、その3人は時間になったらきっちりフットワークから練習を開始してた。リミッツの場合、人数が少なかったりコーチやベテラン陣が来ないと、なかなかチーム練習という形で始まらない事があるので、そういう部分でオーシャンズに感心した。そして、Limitzはもっともっと選手個々が高い目標と自覚を持つ必要があるとも思った。
 
 実はその日、Jはお腹の調子がイマイチ良くなかったので、チームの練習には参加せず、見学のみで終わりにしようかと思っていたんだけど、久しぶりに会った面々と練習がしたくなったんで、まずは外周を走って身体の様子を確認。何とか動けそうだったんでチームの練習に混ざって3対2や3対3をしたんだけど、これが不思議と楽しい。うまく言えないんだけど、結構トリッキーな動きにもトライできたし、純粋にバスケを楽しめている自分がいたんだ。
 
 良く、他のチームの選手が「たまにJさんが来ると刺激になって楽しい!」と言ってくれるんだけど、多分逆の立場のJも同じなんだろうと思う。環境の変化って大切だし、普段のチーム練習でもマンネリ化を防いで、刺激的な練習にできるメニューとか環境作りも大事なんだろうね。
 
 そんな思いもあって、Jは昨日のチーム練習でもかなり頑張ったとですよ。まずは、走り込みで若手を煽りまくって自分も若手も追い込んだし、ちょっと怖い顔しながら大声だして緊張感を促したりとね(笑) 選手権後は土曜日にチーム練習を入れて午後6時スタートにしたんだけど、3時間集中して重たい内容の練習はキツイ。Limitzも選手の数が多い方ではないので、待ち時間等の休める時間がないので動きっぱなしだし。
 
 でも3時間はあっと言う間だったよ。時間が早く過ぎる時っていうのは、充実している時とか楽しい時間を過ごせている時だと思うので、そういう意味では良かったのかなーって思う。そう言えば、若手連中も口々に「3時間あっと言う間だった!」とか、「時間経つのはえー(早い)」って、言ってたな。
 
 普段のJは、なるべく上で書いたような気持ちを考慮して動くことにしてます。気が向かなかったり、時間が気になって全然進まない物事とかは、なるべく時間が早く経過するような方法を考えるのです。例えば遊びに行く計画をしている前の日の晩に嫌な物事を片付けるとか、あえて忙しい時間にやりたくない事を押し込むとかね(笑)
 
 ただ、それでも気が向かずに出来ない事とかも結構あるでしょう?そういうのは完全に開き直って気が向くまで投っておくケースも多々・・・・(苦笑) ハイ、そういう部分がJの欠点であり、「波が激しい性格」と言われる由縁ではないでしょうか。 ホント言うと、今も気が向かずに手付かずの事が幾つかあるんだよ。 今日もこれからその一つを終わらせるために、仕事場に来ております。いいえ、休日出勤なんかじゃありません。自分がサボって出来てないことですら、反省の意味を込めての休日返上です。あまり充実した日にはならないと思いますが、早く片付けて買い物に行こうっと。
 
 
 
【独り言_の最新記事】
posted by J's page at 00:00| 独り言_