2016年10月01日

2016年10月

2016. 10. 8. Sat
初ドバイ泊
やっぱり、リオから戻って「体験記」更新までいかなかったね(苦笑)で、帰国してから2週間ほどしか経ってないけど、次はアフリカのジンバブエに向けて旅立ちました。
 
ただ今、現地時間で土曜日の夜。今年はドバイで一泊してからのジンバブエ入りとなりました。なんといっても、移動には24時間以上掛かるため、脊損にとってはお尻がヤバい訳です。で、今年からダイレクトではなくったらしい。本当に有難い話しです。
 
ということで、経由地であるドバイに初宿泊。昨年は3時間程度の立ち寄り程度だったけど、今年は少し時間があったので、スタッフみんなで街ブラしてきました。ドバイは異空間。ポルシェやフェラーリにベンツなどの高級車が普通にたくさん走っているし、超高級ホテルやリゾートなどが乱立してる感じ。
 
まぁ、正直あまり住みたいとは思えないけど、改めて”知る”ことの大切さを実感した。世界にはまだまだ知らないことがたくさんある!だから、もっともっと色んなことを経験したいし、いろんな所に行ってみたいと思った。刺激的な一日だった。

 
 
jspage_739952030538805c.jpgjspage_739952030538805b.jpgjspage_739952030538805a.jpg
左:世界一高いビルのブルジェ・ハリーファ(828m)
中:イスラムの国UAEということでモスク
右:本日のお宿、ホリデーインエクスプレスドバイ空港
 
 

2016. 10. 10. Mon
ジンバブエ活動開始!
ジンバブエの初日を終えた感想は・・・。まぁ、あまりネガティブなことは書きたくないんだけど、かなり厳しいと言う状況かな〜。なかなか継続性を持たせることが難しいし、やる気を引き出すことの難しさを感じている。でも、これは選手たちの問題ではなく、、まだほかの世界を知らない選手たちや、指導方法を持たない指導者たちにとって、ごくごく当たり前の感覚なのだと思う。決して自分の考えを押し付けることはしたくないから、求められていることをしっかり把握しながら活動していきたいと思う。
 
明日はもう少し難しい内容のバスケがしたいんだけど、どこまで伸ばせるか?正直自信はない。しかも、今日は一緒に指導にあたっている、三宅にまで当たってしまったことに対して自己嫌悪。みやちゃんごめん!!明日は工夫しながら選手のやる気を引き出していきたいと思う。
 
色んなことがあるけど、全て勉強だし、未知の世界を切り開くという意味では、刺激的でエキサイティングな出来ごと。明日の自分に期待をしたいと思うよ!!
 
jspage_7399518905692151c.jpgjspage_7399518905692151b.jpgjspage_7399518905692151a.jpg
画像左:ダニコスクールのバスケットコートに戻ってきた!
画像中:ダニコスクールの庭で出会った鮮やか色のトカゲさん
画像右:恒例の物価チェック。ビールは1本1ドルだから日本より安い
 
 
 

2016. 10. 11. Tue
真剣なんです!
jspage_7399518905890324c.jpg
講習会2日目が終了。日本からジンバブエに来て指導をすと言うことは、海外に行けるから〜とか、遊び気分で来ている訳ではない。貴重な時間を使ってくるからには、何かを伝えて何かを残したい!という思いが強い。それは、JPCスタッフやテニスのコーチ陣も一緒。
 
毎晩ホテルで反省会してるんだけど、みんな苦しい状況を報告しあってる。そして、どうしたらより良い講習会に出来るのか?今後につなげて行く事が出来るのか?本当に激しい意見をぶつけ合ってる。一歩間違えばケンカや空中分解してしまうくらいの勢いでね(苦笑)
 
でも、それって客観的に見たら、素晴らしい事だと思うんだ。コーチ陣は全員向上心を持って、色々と考えながら指導に当たっている。この経験を自分自身の次のステップにも活かせるよう、本当に試行錯誤しながら、日本とは全く異なった環境や文化、考え方の中で活動している。
 
苦しい事は多いのだけど、それでもプラスにしていかなければ、この経験や時間が無駄になってしまうから。自分自身に対して、明日も”精一杯”を誓いたいと思う。
 
 
 
 
jspage_7399518905890324b.jpgjspage_7399518905890324a.jpg
左:今日はテレビの取材を受けて現地のニュースで放映された
右:色々あるけどソフトクリームでリフレッシュ(50セント)
 

2016. 10. 12. Wed
本気を見せてやったどー!
まあ、選手たちを乗せるためには身体も張ります!今日は三宅と激しい1on1を披露して、君らは甘い!!と言わんばかりにアピールしてみた(笑)結果、三宅のタイヤがパンクするアクシデントもあったけど、少し驚いていた彼らの表情が印象的。教えるだけでなく、見せることも手段の一つ。出来ることは何でもするよ(^_-)
 
今日も色んなことがあったけど、何とか一日を乗り切った感じ。講習会終了後には、日本の知り合いに紹介されたジンバブエ人の方にも会ってきたよ。彼らは日本の企業と連携して、ジンバブエでバスケットボールを広める活動をしているらしい。ジンバブエで友達の友達に会えるなんて、意外と世界は狭いのかもしれないね。講習会が終わる金曜日に彼らの活動を見に行ってきます!これから車椅子バスケとの関りが持てたら、すごい面白い事になるよ!!
 
 
jspage_7399518906088497b.jpgjspage_7399518906088497a.jpg
画像左:日本企業から送られたジャージを寄贈して記念撮影
画像右:明日はジンバブエの日本大使館にお呼ばれデス!
 

2016. 10. 13. Thu
今夜は大使館にお呼ばれ
ってことで、夜は日本大使館でパーティーに参加してきた。昨年もお邪魔したんだけど、今年は現地で頑張っているJICAの隊員や、ジンバブエの行政関係者に車椅子アスリートも招待されていて、大勢ででパーティーとなった。色んな方々と情報交換したり、将来についての夢や希望について聞く事もできた。本当に貴重な経験だったよ。
 
それから、今日の講習会が終わった後に、一人の選手が近寄ってきて、「コーチ、俺は日本に行って、もっともっとバスケがしたい!上手くなりたい!いい環境が欲しい!」って訴えてきたんだ。やや複雑な思いもあったけど、正直に嬉しかったね。そんな欲が芽生えたことや、その思いをブツけてくれたことが本当に嬉しかった。彼らに出来ることを考えているし、これからも考えていきたいと心に誓ったよ。
 
jspage_7399518906286670a.jpg
大使館でのパーティー風景
 

2016. 10. 14. Fri
スポーツで世界はつながる!
ジンバブエに来る少し前のこと。ある知り合いから日本の企業が、ジンバブエでバスケットボールの普及活動をサポートをしていると聞き、現地のスタッフを紹介して頂いた。で、今日そのジンバブエ事務所にお邪魔して、彼らの活動内容など色々な話を聞く事が出来た。そして、まぎれもなく日本の企業がサポートをしていることも知った。
 
バスケットボールの家庭教師 (株)ERUTLUC
WEBサイト  http://erutluc.basketballtutor.com/
 
何てこと!バスケで世界が少しつながった。しかも、縁もゆかりもないジンバブエという国で。JPCスタッフに無理を言って連れて行ってもらった甲斐があった。これから、車椅子バスケや自分たちの活動とコラボレーションする方法を探ることで、前向きな話し合いも出来た。
 
帰国間際に素晴らしい同志と出逢えたことに感謝。紹介してくれた日本の友人に感謝。時間を割いて連れていってくれたJPCスタッフに感謝。バスケットをしていて本当に良かった。世界がスポーツでつながって行く!!
 
それから、ジンバブエ事務所を訪れた後、数年前にERUTLUCさんが協力して、再生されたバスケコートを見に行った。そこでは、更にメンテナンス中だったコンクリートコートが1面。そして、たくさんの子供たちがバスケットを楽しんでた。で、その子供たちが集まってきてくれて、俺たち日本の友達?を歓迎してくれた。最後はみんなで歌のプレゼントまでしてくれたから、マジ嬉しくて泣きそうになった(苦笑)
 
車椅子バスケだけじゃない。俺は彼らのために何ができるのか?ほんとに小さなことしか出来ないと思うけど、必ず何かをしていこう。まずは、素晴らしい企業があることを伝えること。素晴らしい活動がされていること。世界には素晴らしい仲間たちがいることを伝えたい。
 
帰国の時が来たけど、日本にいても出来ることはあると思う。だから、これからも俺は自分の道を信じて、前進していきたいと思う。人生最高!
 
 
 
jspage_7399518906484843c.jpgjspage_7399518906484843b.jpgjspage_7399518906484843a.jpg
左:ジンバブエの事務所に伺ってスタッフと記念撮影
中:ERUTLUCさんの善意によって再生されたバスケットコート
右:ジンバブエのバスケを愛する子供たちと記念撮影
 
 
 
 

2016. 10. 15. Sat
HOOPS 4 HOOPの支援
昨日紹介した(株)ERUTLUCさんの支援事業を紹介します。それから、現地のNPO法人である「HOOPS 4 HOOP」のサイトも紹介。ただ、後者のサイトは、一部で長らく更新されてない部分もあるから、少し活動が鈍化しているかな??って、勝手に思ったり(苦笑)
 
こういう活動の難しさや、光と影があることも知っているつもりだから、楽観的に両手放しでは喜べないけど、それでも地道に活動を続けていることに関しては、やはり素晴らしい事なのではないかと思う。
 
昨日行ってきたジンバブエ、グレン・ノラのコートも、ボランティアや関係者たちが再整備をしていたし、そのコートを使って大勢の子供たちがバスケットを楽しんでいることも事実。何かの形で応援していきたいと思う気持ちに変わりはない。
 
   (株)ERUTLUCさんの海外事業報告
   http://www.basketballtutor.com/news/6272#.WAIz5Dj_raE
 
   FOOPS 4 HOOP紹介(日本語)
   http://basketballtutor.com/world/h4h/h4h.html
 
 
   FOOPS 4 HOOPサイト(英語)
   http://www.hoopsafrica.org/
 
   You Tube
   https://www.youtube.com/watch?v=nsGE5TdTlhU
 
日本に帰国したらエルトラックさんを訪ねて、今回の経験を報告してこようと思う。また、主にこの事業を担当しているスタッフの水野様は、元JICAの協力隊員も経験している同志であることが判明。何かの縁を感じる(笑) 
posted by J's page at 00:00| 独り言_