2016年06月01日

2014年6月

2014. 6. 1. Sun
人間の力
今日は予定通り東北・北海道地区の国体予選決勝を観戦。まあ、結果は誰もが予想している通り、仙台市の圧勝で幕を閉じた。俺はちょっと違う目線で試合を観戦していた。「東北のチームはMAXのメンバーと試合が出来て羨ましいな〜」って。決勝の相手だった福島県チームは、確かにボロ負け状態ではあるものの、日本代表クラスの選手を相手に戦う経験は確実にプラス。所々で素晴らしいプレーもあったし、観ていて本当に羨ましく感じた。彼らの王者に立ち向かう光景は”人間の力”を感じた。
 
で、試合終了後はソッコーで荷物をまとめて車に乗り込んだ。第二の目的である震災のその後を確認するため、まずは仙台港に向かった。そこから、なるべく海外沿いの道を走って、多賀城市→塩釜市→七ヶ浜町→松島市→東松島市→女川町→石巻市と、約3時間かけて見て回ったよ。
 
驚いたことは、たった3年経過しただけなのに、パッと見は随分復活している感があったこと。もちろん、現在も苦しんでいる方々は大勢いるのだろうけど、少なくても街の景観は想像以上にきれいになってた。沿岸エリアは更地になっている場所と新しい道路や家屋になっている状態。でも確実に普通の景色を取り戻している感じがした。なんだか嬉しくなった。
 
起こってしまった災害は事実。しかし、ここでも復興に向かう”人間の力”ってすごい!と思った。俺は幾ばくかの寄付をしたくらいで、復興に関しては何もできてないんだけど、現実を知ることと決して忘れてはならないという思いは強くある。あのね、俺の携帯の待ち受け画像は、震災で廃墟となった学校の廊下の画像。これは前回訪問した2011年8月に撮影してからずっと。天井まで海水で水没してどす黒く汚れた先に、屋外からの小さな光が差し込んでいるんだけど、それが希望の光に思えて仕方がない。
 
   
 

2014. 6. 8. Sun
今週末は茨城に出没
先週は長崎国体の北海道・東北予選会に出没。そして、今週末は茨城県ひたちなか市で関東予選会にお邪魔。というか、正式に修理班として要請を受けたため、本社のスタッフを連れて2人でシゴト。
 
何だか感慨深い気分だった。つい最近まで大会には選手として参加してたのに、修理班というシゴトの立場で二日間会場に張り付いて、選手たちからも冷やかされたり、質問攻めにあったり・・(苦笑)でも、仕事を絡めてバスケと関わるスタンスは「神保スタイル」なのだと思う。
 
今年の予選会は非常に接戦が多く、観ている側としては面白かった!まず、準決勝の埼玉県VS神奈川県は、最後までもつれたけど僅差で埼玉県が逃げ切った。また、決勝の埼玉県VS東京都では、大方の予想を裏切って埼玉県が逆転勝利。埼玉県は同点の残り数秒から、パスカット→速攻→最後は石原選手がランシューを決めてタイムアップ。まさにブザービーター!!
 
ってことで、優勝して長崎国体への出場権を獲得した埼玉県チームは、本当におめでとうございます。また、最後まで集中してベストを尽くした各都県市チームの選手にはお疲れ様とありがとう!
 
今回も結構バスケ車購入相談&注文を頂けたし、楽しくシゴトをさせて頂きつつ、白熱した試合を観戦することが出来た。なんて素敵なシゴト・仕事!
 
そして、来週末はあなたの街に!?(笑)
 
 
 
 

2014. 6. 23. Mon
44歳にして初の・・
今月16日は44歳の誕生日。相変わらず活用していないFBからも、多くの方にメッセージを頂き、個人メールでもお祝いのメッセージを頂いた。正直、あまり記念日に対する思いはない人間だけど、お祝いのメッセージを頂くのは嬉しいもの。
 
それから、今年の誕生日はリアル誕生会?食事会??を開いて頂き、そのサプライズに驚いた(笑)プレゼントにもらった一升瓶の黒霧島は感激したね(笑)これから自宅で大事に吞もうと思う。お祝い頂いた大勢の友人知人に感謝。
 
そして、昨日44歳にして初の”モヒカン”!!と言っても、”ソフトモヒカン”っていうやつらしい。店のお兄さんと解釈の違いがあり、気づけば”ソフトモヒ”状態になってた(-_-;)でも、結果オーライで意外と気に入っているから、次回からはこれを定番にしようかと考え中。
 
 
jspage_739913389776400a.jpg
 
まあ、こんな程度ですけどね〜(笑)
 
 
 

2014. 6. 25. Wed
サッカー代表の1次リーグ敗退で思うこと
今朝起きたら朝の情報番組やニュースで日本が4−1で敗れ、1次リーグ敗退となったことを知った。日本中?世界中!?が注目するワールドカップやザックJAPANに対する思いは人それぞれだろうね。
 
俺の正直な気持ちは「ドキドキ・ワクワクの時間をありがとう!」の一言かな。世界中の強豪が集まるワールドカップで勝ち進むことは至難の業。それは俺自身も経験しているから良く分かる。なので、良い意味で期待はしてなかったから、テレビに噛り付いて観戦したり、応援できたことが楽しかったよ。
 
負けたことで一番悔しい思いをしているのは選手や関係スタッフ。納得いかないファンからは罵声を浴びればいいさ!(笑)それでも、日本チームがワールドカップという大会に出れるレベルになったことや、スポーツを熱狂的に楽しむ人が増えているという事実は素晴らしいこと。
 
サムライもナデシコも。サッカーも野球もゴルフも卓球も。それぞれのジャンルでそれぞれの思いを抱いた人たちが世界を変えている。スポーツ最高!これからもプレーし続けたい!ずっと応援し続けたい! 
posted by J's page at 00:00| 独り言_

2016年6月

2016. 6. 26. Sun
熊本の震災跡を訪ねてみた休日
今日は益城町の保健福祉センターを訪ねてきた。熊本で大学に通う知り合いの院生がボランティアしている場所でもあり、久しぶりの再会も果たすことが出来た。彼女は毎日バイトしながら大学院生の生活を成り立たせ、週末になると益城町でボランティアを続けているそう。なんと素晴らしい行動だろう。
 
東北の震災跡を訪ねた時にも思ったんだけど、やっぱり現場に足を踏み入れ、「知る」「見る」ことの大切さを痛感した。テレビのニュースでは見えない部分や感じ取れない部分があるから。確かに東北震災と比較したら規模は小さいのだけど、苦しんでいる方々の思いは共通だろうし、被害に遇わなかった俺には計り知れない思いや苦しみがあるのだと思う。
 
また、全国各地からたくさんの物資を届ける方々も見ることができた。その時だけでなく、継続してサポートしておられる方々の存在にも感銘を受けた。人と人との繋がりって、本当に素晴らしいし強い!って。そして、また自分が生まれ育った日本が好きになった。
 
明日の晩には東京に戻るんだけど、また足を運ぶことを心に誓いました。何も出来ないんだけど、知ることだけでも続けようと思う。

jspage_739953024970919c.jpgjspage_739953024970919b.jpgjspage_739953024970919a.jpg
右:保健福祉センター
中:仮設水道
右:裏庭のシートに覆われた建物
 
※街には全壊した家もたくさんあったけど、個人宅の掲載は控えたいと思います 
posted by J's page at 00:00| 独り言_