2008年07月01日

2008年7月

2008. 7. 8. Tue
半年振りかぁ・・
お久しぶり!ちゃんと生きてるか?って、思った人も少なくないかな?(笑) または、本格的にJs-page廃業か!?とかね(苦笑)
 
最近、仕事の関係で関東周辺に滞在する時間が長くなっています。一年半ほど岐阜で頑張った甲斐あって?本社での仕事もひと段落ついたので、本業である営業(製品育成)活動に力を注いでおります。ハナのミヤコ東京&その周辺でね。まあ、仕事ですから紆余曲折はあるものの、結構イイ感じできているんじゃない。ところで、今日の話題はバスケ!やっぱバスケの話題を書きたくてパソコンに向かってます。
 
関東周辺で仕事をしている関係で、ようやくバスケも再開出来つつある今日この頃。現在の在籍は滋賀だけど、この夏は安直樹率いる茨城のSpinning Hoop Revolution(椅子バス革命)という未登録のチームに参加しています。知っている人も多いと思うけど、直樹は日本人唯一のプロ椅子バス選手としてイタリアでプレーしています。千葉ホークス時代はチームメイトだったけど、彼が入部して間もなく俺がアメリカに旅立ったので、一緒にプレーする機会は殆どなかった。
 
彼は日本の椅子バス界未開の地だったイタリアへ渡り、プロとして活躍しているのだから、快挙だと思うし素直に嬉しいし応援もしている。でも、その一方で少し羨ましかったりジェラシーを感じるのは・・・だよね(苦笑) で、その直樹がイタリアに戻る9月までは、一緒にSHRでプレーをして練習試合などもしている。8月上旬に広島で開催される「おりづる大会」にも参加予定。
 
直樹と一緒に練習するとき、決まってやるのがガチンコの1on1。ルールは簡単で2Pシュートが1点、3Pシュートが2点。お互いが交互にOFとDFを繰り返して11得点先取で勝敗を決める真剣勝負。昔は俺の一人勝ちだったけど、徐々に接戦が増え、最近では負けっぱなしという悲しい状況。でも本当に楽しいよ。少しくらいのファールは気にせず、トラッシュトーク(罵声)もバリバリで、周囲にいる選手たちはみんな俺たち二人のそばからから離れていくんだ(笑) ちなみに、今日は2本やって8−11、9−11で連敗。選手としてブランクが長かったし、最近は全然勝ててないことも分かっているんだけど、それでも負けると毎回超悔しいんだ。直樹に言わせれば、「ジンちゃんに相手に5点以上取られたら負けたも同然・・」らしいが、俺だってそんな簡単に負けるわけにいかないよ!
 
直樹が良く嘆くんだけど、日本で彼からの1on1勝負を受けてたつのは俺だけらしい。まあ、彼は1on1に命を懸けている部分があって、きっと1on1は日本で最強選手の一人だと思うから、他の選手がやりたがらない気持ちも理解できるけど・・・。まっ、そんな直樹との真剣勝負は俺にとってはエキサイティングで至福のひと時だし、まだまだ勝つことを諦めたわけでもないよ。
 
何はともあれ、久しぶりにこの夏はバスケに熱中できそうでワクワクしています。
 
 
 

2008. 7. 10. Thu
いつかは俺も「俺最高!」
この半年間全国各地を訪れては、知ってる人&知らない人からも「Js-page更新しないの?」という質問を受けた。その度、気にかけて下さる方の多さに、ただただ驚くばかりだった。
 
本当は志向を変えてリニューアルする考えもあったんあだけど、なかなかアイディアもまとまらないままズルズルと半年・・・、いや一年と半年が過ぎてしまった。もう期待はされてないと思うけど、何らかの答えを出さないといけない。よね?
 
そうそう、先日アメリカ生活時代に出会った同志達とミニ同窓会をしたんだけど、みんな確実にステップアップしてた。JTはロッテマリーンズの通訳兼トレーナーを経て、現在はMLBシカゴカブスの日本地区スカウトに。ご存知安直樹はイタリアでプロの椅子バス選手として活躍。ビッグMは変体?プロレスラーとして奮闘中。後楽園ホールでスポットライトを浴びる彼の姿は輝いていた。ほかの人たちも、それぞれの道をしっかりと確実に突き進んでいる感じだった。俺も負けてはいられない。
 
JTの専売特許「俺最高!」 実際俺はそこまで思えないし言えないけど、そう言えるようになるため、しばらくの目標にしたいと思う。JTから「俺最高!」Tシャツを譲り受けて着る事にした。どこかで見掛けたら、是非今日の独り言を話題にして欲しい(笑)
 
いつかは「俺最高!」のためにも、Js-pageを何とかせねば・・・・。
 
   
 
 
 

2008. 7. 18. Fri
再びマレーシアより
火曜日から半年振りにマレーシアを訪れている。今回も仕事。というか、まだ仕事と言えるほどのものでもないか。これから仕事につなげていくための準備段階・手探りの状態。マレーシア進出の言い出しっぺは俺自身。別に来なければ来なくて済む話だし、何も始めなければ何も始まらないだけのこと・・・。 でも何かで開拓したり、ステップアップするためにはチャレンジが必要。ある時からずっとそう思っているし、これまでも実際チャレンジし続けてきたつもり。これからも死ぬまで変えたくない部分。
 
もちろん失敗することも多々ある。失敗するのは辛いし怖いし傷つくし・・(苦笑)もしかしたら、周囲からは罵声が!?「余計なことしやがって!」、「ざま見ろ!」ってね。それでも何かを追っかけていたい。きっと俺はバカだね(笑) 
 
話は違うけど、先日バスケで知り合った女の子が病気で他界した。享年27歳と言う若さで・・・・、また一人逝ってしまった。この何とも言えない苦い思いは、何度経験しても慣れることはない。そして、その度に思うことは「彼らの分まで一生懸命生きよう」。
 
明日はバンギに行ってヤツらに会ってくる。もちろん、一緒にバスケもしてくる。今日、ある選手と電話で話したら、当時のメンバーは職業訓練を終えても地元には帰らず、みんなバンギ周辺に留まってバスケを続けているらしい。しかも、殆どの選手は何らかの仕事に就いて両立している(試みている)と。これは今までに無かった状況だから本当に驚いている。もし、俺がJICAのボラとして活動した小さな成果として、少しでも彼らに「一生懸命生きる」という思いを伝えられたのなら嬉しい。
 
 
 
 

2008. 7. 21. Mon
決意新たに
相変わらずヤツらは元気だった。何はともあれ、まずは元気なヤツらに再会できたことが嬉しかった。チームには若くて新しい選手も数人加わって、今まで以上に盛り上がりを見せていた。本当は練習に参加させ貰うだけの予定だったけど、新しく就任していた新米コーチ君に「僕自身も車椅子バスケを学びたいから・・・」と依頼を受け、一日限りのコーチを引き受けた。結局朝から夜の10時半までバスケしてきた(笑)
 
あっという間にマレーシアの旅を終えて帰国。今回もたくさんの病院やショップを廻り、毎日打ち合わせの嵐だったから、あまりマレーシアを堪能することは出来なかった気がする。ただ、それでも美味しいマレーシアは堪能してきた。大好物のバクテーは初日に食べたし、カニ、スチームボート(鍋料理)、中華料理、マレー料理と一通り食してきた。その分、またひと回りサイズが大きくなって重くなってると思うけどね(苦笑)
 
今、ずっと頭の中で色んなシーンが巡っている。成功するか否かは別として、これから自分が進むべき道を改めて想像している。 ホント面白そうな事がたくさんあり過ぎ。なので、これからも大成功を納めるイメージで、ガンガン我が道を行こうと思う。
 
追伸 マレーシアを離れて久しい方々へ
JICA御用達だったウィスマ・セントラルにある天下一ラーメン&沖縄料理が、同ビル内だけど移転していて広くきれいに。今回は“塩豚ゴーヤ”を食べ損ねたのが唯一の後悔? 
posted by J's page at 00:00| 独り言_