2004年11月01日

2004年11月

2004. 11. 4. Thu
嬉しかった一言
 本当に久しぶりの書き込みになってしまいました。しかも、こんな時に限って話題が豊富なんですわ(笑)チャンピオンズカップの事にも触れたいし、Limitzの事についても書きたい。そして、今週末の東京モーターショーネタもあるんだけどね。 まあ、モーターショーの話はバスケに関係が薄いので別にしても、Js-pageはバスケネタで盛り上げなければ・・・・・、って感じだよね。
 
 今日は北九州カップで心に残った言葉を一つ紹介します。Yさんは2002年のゴールドカップから大会スタッフとして携わっているのですが、大会終了後に感想を伝えてくれたのです。 「何だか、日本チームの雰囲気が以前と比べて凄くよかった気がする!」って。これはスッゴク嬉しい言葉でした。実は他の人からも同じような事を言われたんだけど、日本チームの成長を、周囲から評価してもらえてるようで嬉しかった。
 
 
 
 
 
 

2004. 11. 6. Sat
東京モーターショー
 一昨日から幕張で開催中の東京モーターショーに参加中のJです。今年は商用車の年なんだけど、意外と人が多いので驚いています。しかも、トラックや福祉車両でもかなり目を見張るものがある! 技術の進歩や斬新なデザインは感動に値するね。
jspage_739714242359759a.jpg
 今日はこれから3回目のトークショーがあるんだけど、土曜日と言う事で混雑が予想されるので、ちょっと緊張もしていますが楽しみかな。 それから、久しぶりに画像を掲載します。これは昨日のトークショーで撮影してもらったものです。会場は小さなステージなんですが、見てくれている人の表情が間近に感じられていいよ。
 
 そして、今夜は古巣”森本文化風呂商会”のチーム練習に潜入予定! 一番近場である千葉ホークスは、昨日から遠征に出てしまっているので練習はなし。 と言う事で、久しぶりに藤沢まで出かけてみようかと思っています。 一昨日ホークスの練習では、参加選手が多く、適度な緊張感もあって楽しかったんだけど、風呂屋はどうかな??(笑) みんなよろしく頼みます!!
 
 
 
 
 

2004. 11. 7. Sun
バスケを頑張ってきて良かったと思えた週末
 
 今日は4日間続いた東京モーターショーのイベント最終日でした。この4日間は本当に色んな事があったなー。
 
 まず、生まれて初めて?のトークショーでは、思わぬ出会いや再会が幾つかあった。たまたまイベントに居合わせて興味を持って下さった人、普段からJを応援して下さっている人、そして旧友たちも会場に駆けつけてくれた。 本当に驚く事が多かったし、楽しみながらアクティブライフのトークができたと思う。 こんな貴重な経験はなかなかできるものじゃない。今までバスケに打ち込んできた自分自身へのご褒美に思えたよ。
 
 それから、久々に参加した古巣千葉ホークスと森本文化風呂商会の練習でも色んな事を感じた。どっちのチームにも言えることは、すごく活気があって適度な緊張感もあること。これは福岡で立ち上げたばかりの、”福岡Limitz”にはまだまだ足りない部分だと感じた。しかも、風呂屋にいたってはチームの状態も非常に良かった! 今までJが抜けてから「風呂屋には頑張って欲しい!」と思う気持ちがあったんだけど、あんなに盛り上がって頑張っているチームの姿を見て、逆にジェラシーすら感じたかな(笑) でも、みんな凄く良くなってたし自信もつけてるみたいで、心から「良かった!」って安心した。
 
 さらに、千葉に滞在している間、ある対談の仕事もこなしたんだけど、これもアメリカまで行ってバスケに打ち込んだり、js-pageを公開してきた活動があったからこそ、巡ってきた機会だと思うんだよね。そういう意味では、バスケットに出会えて、夢中に頑張ってきて良かったなーーーって思った。
 
 一つ思った事があるんだ。それは、Jって決してスーパープレーヤーではないと思うし、同じ競技者の中にはもっともっと輝かしい実績を残している人もたくさんいる。それでも、過去の様々な経験を評価してもらえて、更にそれが次のステップや機会を得ているという事実。 だからこそ、「人生に必要なのは才能でも成績でもないのかなー??」って。きっと「やること」なんだよ。 才能がなくても、成績(結果)が残せなくても、「やること」を見てくれる人が必ずいるんだと思った。 だからこそ、誰にでチャンスはあるんだよ。
 
 
 
 

2004. 11. 11. Thu
今週末は国体!?
 今日の朝から福岡県選手団は埼玉県に出発しました。しかーーし、Jはお仕事のため未だ福岡を出発できず・・・。結局土曜日の夜に埼玉入りして、翌日の朝から試合と言う強行スケジュールになりました。
 
 全然国体って言う気がしないんだよねーー、正直なハナシ。確か1回戦はさいたま市なんだけど、その試合に関してすら全く対策を立ててないし、行き当たりバッタリ的な部分が大きい。ただ、今日の個人練習では結構走れたし、シュートのタッチも悪くなかったんで、自分としてはマズマズの調子で本戦に望めそう。
 
 国体。今年で何度目の出場になるんだっけか?? しかも、千葉県、神奈川県に続く3県目の福岡県代表。過去出場した2県は、いずれも優勝を経験しているので、そういう意味では今回も優勝を狙いたいところ。それにしても、初めての国体出場が13年くらい前の「福岡とびうめ国体」なのね。 さらに、埼玉はJの青春がいっぱい詰まった第2の故郷でしょ。今回は、国体初出場県だった福岡県から、Jの地元である埼玉県に乗り込むわけだ。何だか考え深いよね。
 
 
 

2004. 11. 12. Fri
総理からの贈り物
 この前、久しぶりに自宅へ戻ると郵便局から不在票が入っていました。差出人を見ると「厚生労働省」となっていました。 これはパラリンピック入賞者に贈られる記念品でした。本来なら首相官邸で授賞式とパーティーが開催されるのですが、今回は北九州カップと重なった関係で式典は欠席してたのです。
 
 それにしても、今回は授与式を欠席したせいか?あまり実感がなかったようで、郵便局の保管期間が今日までであるにも関わらず、すっかり忘れておりました。で、夜中の12時過ぎに受け取ってきたのですが、包装紙を開けると”内閣総理大臣 小泉純一郎”の文字が出てきて驚きました。急に実感が沸いてきたんだよね。「おーーー、これって凄いことじゃん!」って。
 
 実はJ、8年前のアトランタパラでも入賞(ちなみに8位以上が入賞)した時に、同じような記念品を頂いた経験があります。当時の厚生大臣は管直人さんで、総理大臣は橋本龍一さんでした。式典やパーティーではそうそうたるメンバーと写真を撮ったり、お話をさせていただいたりと、非常に良い記念になったものです。 きっと、それでも8年以上経過すると、その時の感動が薄れてるんだろうね。
 
 ところで、8年前に頂いた記念品は、厚生大臣からが塗り物のお盆で、総理大臣からは高級?腕時計でした。そして、今回は厚生労働大臣からが塗り物のお盆で、総理大臣からは銀製の写真立てでした。 ちなみに8年前に頂いた品々は押入れの奥で、8年間ずっと眠っています(笑)
 
 
 
 

2004. 11. 21. Sun
再スタートを切ったLimitzに思う事
 今日は5時間にも及ぶチームミーティングでした。話し合いの内容はチームの事なんで詳しくは書かないけど、要するに「全国制覇を目指す”福岡Limitz号”という船に、現在の選手&スタッフ全員が乗れるのかどうか?」を確認する作業。
 
 本当にシンドイ内容の話し合いだった。でも、最初のスタートで省いてしまった重要な部分についても、きっちり確認できるミーティングだったと思う。面白くないと思う人が居たかも知れない。 「そこまで言う必要ないのでは?」と思った人もいるだろう。 たかがクラブチームの運営について。でも高い志を持つチームだからこそ、避けては通れない問題だった。
 
 前にも書いたかな? まだ”雨降って地固まる”と言うには早いけど、しかし確実にステップアップできているという実感はある。みんなの意識も格段に上がっている事は、メンバーの言動からも良く分かるから。 
 
 これまでチームの在り方については、J一人が熱くなってガミガミ言い散らしているように思われたかも知れない。 まあ、そう思われても仕方が無いし、それでも構わないと思う。 ただ、今日のような価値あるミーティングが持てた事を嬉しく思うし、真剣に付き合ってくれたチームメイトに感謝をしたい。
 
 最近ずっと思っている事があるんだけど、それは「九州を一流にしたい」ってこと。ほかから「レベルが低い」とか、「所詮地方のレベル・・・・」なんてことは言われたくないんだよね。 俺は今、九州に居るから九州人だし、九州にいるから九州を強くしたいし、九州から日本代表に入れるような選手もたくさん出て欲しいと願っている。
 
 アテネが終わってからは、「少し腰休めを兼ねて楽が出来るかな?」って思ってたんだけど、結局またどっぷりバスケにハマッてる(笑)当分休めそうにもないよ。いつまで経っても落ち着けやしない!! いつまで経っても終わらない!! あーーー、きっと今まで以上に速いスピードで時間は過ぎていくんだろうね。
 
 でも心から嬉しいよ。そうやって充実した時間を過ごせる事も、真剣な連中とバスケができる事も。 今日でノドに引っかかっていたトゲも取れたことだし、これからはまた「自分らしく」いけると思う。みんなで力を合わせて、絶対に最高のチームになるよ!!
 
 
 
 

2004. 11. 23. Tue
言いだしっぺの責任
 一昨日、Limitzミーティングが良い形で終わったから、「これからはバスケだけに集中できるね!?」って思う人もいるでしょう。 いやーー、これからが大変なことを実感中のJですよ。 
 
 今日は久しぶりに何の予定も入っていない祝日ですが、今日は朝からオシゴト! しかも、普段仕事に行く時より早起きして、パソコンでチームの規約やら作業分担やら運用規定やら・・・・。しかも、考え込む部分が多くて全然進まないんだよ。 個人的には、まだ他にもやらなければならない事が山のようにあって、パソコンの前から動けない状態(苦笑)
 
 言いだしっぺの苦しみ?? いやいや責任だよ。 自分で提案して自分でやると言ったからには、やり遂げないと何も変えることができないから。「何かを言う(提案する)事で、自分自身を追い込んでいるかも知れない」って思うときもあるんだよ。 確かに最近は”アップアップ”の状態が長く続いていることだし。 でも、基本的に怠け者気質のJが、自分自身をふるい立たせるための手段として、”言って言って自分を追い込む!”のが自分のスタイルなのかも知れれない(笑)
 
 Jが一生懸命「責任の負える人になりたい!」と、モガいている時の独り言です。 ほんの独り言です。
 
 追伸 やっぱり自分自信のことを”無責任男”とは思っていないので、その部分は消去しました! でも、もっともっと自己責任の取れる人間になりたいとは思っています。なかなか難しいのだけど・・・。 
 
 
 

2004. 11. 26. Fri
面白い事実
 最近飯塚の練習でペナルティー付のランニングシュートを始めたのですが、これがまた面白い!! 
 
 例えば、このゲーム(練習)を5人で行い、ランシューのインゴール(入った数)を40本の設定とする。そして、目標(合格ライン)のシュート率を80%に設定したと仮定してルールを説明すると・・・・。
 
1、インゴール40本に対する合格ラインを設定する(80%目標なら合格ラインは50本まで)
2、全員でランシューを開始する
3、最終的にシュートが40本入った時点で終了する
4、1)もし、全員で打った数が50本以内なら合格で罰ラン無し
  2)50本を越えて打っている場合は、全員が超えた数×1往復の罰ラン
 
 要するに、これは集中して大事にシュートを打つクセをつけるのと、シュート確立を上げるための練習です。そして、一番のポイントは全員で痛みを分かち合う連帯責任のゲームということ!(笑) 仮にJが全部決めても他の選手が沢山落とせばJも罰ランで走る。もちろん、その逆だってありうるけど、恨みっこ無しで、自分のプレー(シュート)に集中すればいいのですよ。
 
 で、何が面白いかと言えば、明らかに集中力が増していることが判るところ!!しかも、みんな緊張して打っているけど丁寧に打とうとしているのが判るんだよ。「へーーー、効果的面ジャン!!」って思った。
 
 確か最初にやった時はシュート左右と真ん中の3ヶ所でやって、罰ランの合計は60往復以上! はい、もちろんちゃんと60往復しましたよ。しかし、数日後の練習では格段に確率が上がって、罰ランも少なめで済んだのです。ホント、驚くほどに! まあ、罰を加える事が良いとか悪いとかは言えないけど、集中力を増すと言う意味では効果絶大だね。
 
 意識の違いだけで、こんなにも変わるのかーーーって驚いた。やはり、練習は時間じゃなくて中身の密度だね。この練習を続ければ、少なくて適当なシュートを打つ人は居なくなるように思うし、当然きっちり打てば確率も上がるから、しばらく続けようかと思っております。 みなさんお試しあれ!
 
 
 
 

2004. 11. 28. Sun
新潟でのイベント
 今週末は昨年に引き続き、新潟県肢体不自由児協会さんの企画で「ふれあい教室」というイベントに参加させていただきました。内容を簡単に説明すると、車椅子バスケットの体験講座みたいなものです。きっかけは友人からの紹介だったのですが、もっと前をたどれば以前出演させていただいた、NHKの「ようこそ先輩」がきっかけだったような・・・・(詳しくはJの体験記に昨年の模様を紹介していますので見てください)
 
 今回も昨年同様に、友人であり「車椅子キャンプ実行委員会」でも一緒に活動をしている及川晋平と2人で講師を務めさせていただきました。また、地元新潟(今回は長岡ジェッツ)のみなさんにお手伝いをいただきました。
 
 やっぱり”講演”とかでお話をするだけより、ずっと楽しかったかな!(笑)最近はアチコチで講演をさせていただく機会が増えたのですが、スーツを着てのお話だけっていうのは緊張するんだよね。何度やっても慣れないし・・・・・、まあ、その緊張感が快感になってたりもするのだけど(笑)
 
 今年は震災があったり、夏はJがパラに出場する関係でこの時期にずらしてもらった関係で、参加者自体は少なめでした。 ただ、それでも参加した子供たちには楽しんでもらえたのではないかと思う。また、久しぶりに晋平と語り合うこともできたし、長岡ジェッツのみなさんや、協会のみなさんと再会できたことも嬉しかった。こういうイベントや大会にでると「やっぱりバスケやってて良かった!」って思う。ホントとても有意義な週末でした。
 
 それから、ビッグニュース!!!!!!!
 みなさん、今朝の読売新聞(全国版)見てくれました?? 総理府の広告で1面にJの対談記事と写真が載っていたんですよ。今朝、新潟のコンビニにで新聞を3部も買ってしまいました。 こんな、対談のチャンスをいただけたりするのも、思い切ってアメリカに渡った経験や、帰国後に立ち上げた車椅子キャンプ実行委員会(通称Jキャンプ)の活動などがあるからだろうと思う。本当にラッキーと言うか、有難いことだね。
 
 
 そうそう、Jキャンプといえば、今年は来月山口県で開催することになってて、現在最終の追い込みで準備に掛かっているんだけど、このキャンプに関しても嬉しいことがあったんだ。それは、九州から7,8人参加してくれるんだけど、多くの選手は普段Jと一緒に練習している若者たち。遠いところから参加してでも「バスケを学びたい!楽しみたい!!」って、思ってくれていることがとても嬉しい。
 
 正直言って、バスケに関わっていると大変なことも多いんだけど、それを忘れるくらい良いこともたくさんある。 例えば・・・・・・・・、あーだめだーーーー、バスケの話だと終わらなくなってしまう(苦笑) とにかく今は、最高の”恋人”かな!?
 
 
 

2004. 11. 30. Tue
掲示板って必要?
 
 この前、友達と話してて言われたんだけど「js-pageには訪問者の足跡(感想・意見等)が残せないので、消化不良でいる人も多いはず。だから、掲示板とか”独り言”へのレス欄を復活させては??」と。
 
 Jは基本的に自身のHPに掲示板を置くことに対して抵抗がある(アテネ記念はかなり特別でした) その理由は幾つかあるんだけど、一番大きいのはjs-pageが自分の望まない方向に一人歩きしてしまうことへの懸念。 
 
 以前”独り言”にレスが出来るようにしていたのは、書き込む内容が”独り言”への感想に限定されると思ったからなんだけど、廃止した後は「書き込み復活のリクエスト」も多かった。そして、「やっぱり感想や意見をいただける環境は必要か?」と考えている今日この頃デス。
 
 確かに、色々と考えることがあって独り言へのレスも廃止したし、掲示板も置いていないのだけど、J自身も訪問者からの反応が知りたいという気持ちもあることから、現在は前向きに復活を検討中です。まあ、今年も残すところ後1ヶ月となったし、js-pag恒例(自分で勝手に恒例と決め付けている)の、1年一度の新年大型リニューアルを検討します。
 
 hata3、また無理なお願いが増えると思うけどよろしく頼みます!
 
 
 
posted by J's page at 00:00| 独り言_