2004年07月01日

2004年7月

2004. 7. 2. Fri
近況報告とJs-page再開予告
 今日から大阪で全日本合宿です。気になる体重も”2キロ減”でまずまずだし、大きな故障もないから万全と言って良いかな。 3日間楽しい時間が待っていると思うだけでワクワク。
 
 そして、来週の水曜日からアメリカに一人旅してきます。ジョージア州で開催される、ルーズベルトカップを見てこようか思って決めました。本当は大会に参加したかったなーって思うんだけど、今回は観戦&研究&偵察&パワー充電です。カナダやアメリカの試合を見てイイ刺激を受けてこようと思うし、約1年半ぶりのアメリカなんで、たっぷりアメリカも満喫してきます。
 
 それと、このたび”森本文化風呂商会”を卒業して、福岡で新チームを立ち上げることになりました。風呂屋での最終戦は今月末の「のじぎく杯」です。そして、8月から”福岡Limitz”というチームで全国を目指すことになります。 とりあえず、2,3年先には全国優勝を狙える力を付けるために、基礎練習からスタートしてます。Jの理想である「キツイけど楽しい!」チームになりつつある感じ。
 
 色々と話題は尽きないのですが、アメリカから戻ってから本格的にJs-pageを再開したいと思っています。「体験記」、「お知らせ」、「イベント情報」に「新チーム情報」などなど。そして、忘れてならない「アテネ情報」も、この”Js-page”から発信していきたいと思います。 もう少し待ってて下さい!
 
 
 

2004. 7. 8. Thu
アメリカより
このサイトの表紙には(休業中)って謳っているくせに、最近隠れて?「独り言」を更新しているJです。 でもその件についてのクレームは無しってことでお願い!(笑) 
ウーーーーーー、ヤッホーーー! 久々のアメリカは最高! やっぱ「帰ってきた!」って感じがするね。 昨日は到着してすぐにアメリカ対カナダの試合を観戦しました。 ちなみに、結果はダブルスコアでカナダの勝利でした。 しかも泊まっているモーテルにはアメリカの選手が一緒なんで、色々と情報交換ができたりしてます。 それから、会場でオーストラリアのトロイサックス選手と再会して、色々と話を聞くことも出来ました。 最新のニュースもたくさんあるし、書きたいことは尽きないんだけど、日本に帰ったらJs-page完全復活&「体験記」で報告できればと思っています。
 今は8日の朝8時過ぎ。これから体育館に向かって夜の8時過ぎまでぶっ通しで試合を観戦する予定です! ワクワク!!
 
ジョージア州ウォームスプリングスより
 
 

2004. 7. 9. Fri
アメリカチームの苦悩
 
うわさ通りと言うか・・・・・、新生アメリカチームは非常に苦戦をしている感じ。何せチームには国際大会経験者がたった3人だもの。しかもパラの経験者となると、カムバックしたトゥルーパー・ジョンソン1人しかいないという構成。 若返りで若手中心のメンバーと言っても「限度があるのでは?」と、思いたくなる人選。昨日もドイツ相手に終始リードをしながら、最後の残り4秒で逆転負けを喫しました。さーて、今日の後半からは決勝ラウンドが始まるので、また会場に釘付けだ!
 
ところで全然話が変わるんだけど、今のJに「アメリカにいて一番のメリットは?」と尋ねられたら、間違いなく「洋服のサイズに困らなくて済むこと」と答えるでしょう。 何と言っても、身長187センチ83キロの体格が“ごく普通”なんだから嬉しい。 昨日は試合終了後に、お気に入りのWAL☆MART(24時間営業)へ行き、普段着るシャツ類やズボンに下着などを購入。日本と違ってどれでもサイズが有るから逆に困った(笑) 
 
追伸
「独り言」の感想&返信欄を閉じさせていただきましたので、ご了承をお願い致します。その代わり、個人的にはパラの前に期間限定の「掲示板」を設置したいと考え中です。なんて、まだこれからhata3にご相談の段階なんですがねー・・・・。
 
 
 

2004. 7. 10. Sat
大番狂わせ!
 ジョージア州は10日の午後7時過ぎ。つい先ほルーズベルトカップが閉幕したんだけど、ななんと優勝はオーストラリアでした。もちろん相手はカナダだったんだけど、最後まで超接戦の緊迫したゲームが続いたので、食い入るようにビデオカメラのモニター越しに観戦。 で、たまーにだけど、肉眼で見ていたら、ビデオ動かすの忘れてたりして・・・・(笑)
 
 でも、この決勝戦が見れただけでも、アメリカまで見に来た甲斐があったと思った。 選手として参加できなかった部分は辛いところもあるんだけど、アテネ前でイイ刺激にもなったし、すごくやる気が沸いてきたからね。
 
 
 それにしてもオージーは強かったなーー。ほとんどの試合で感じたことなんだけど、どこの国も超アグレッシブ! というか、闘争心むき出しで汚いプレーも多数見られました。 真剣ゆえのことなんだろうけど、会場は殺気立って感すらあるよ。 怪我人も続出してたと思うんだけど、一番被害の多かった国はと言えば、やっぱりカナダかな。 かなり汚いプレーを受けてたんじゃないかな。 しかも、今日は生まれて初めて、あのカナダのパットがブチ切れてベンチに引っ込められる姿を見たさ。 アメリカ戦でのことなんだけど、彼自身も3,4回は汚いファールで転ばされてたんだけど、でも切れた理由はチームメイトが怪我させられたことに対してだった。
 
 最終の順位だけ書いておこう
 
 1位 オーストラリア
 2位 カナダ
 3位 ドイツ
 4位 アメリカ
 5位 イギリス
 6位 トルコ
 
※ 実を言うと、4位5位の順番については不確か。もしかすると逆かも知れない。 決勝トーナメントの対戦表が変だったんだよね。予選1位と2位のカナダ、オージーは自動的に準決勝進出だったことは理解するんだけど、残りの4チームで予選3位のイギリスと4位のドイツが決勝トーナメントで戦ってたのが、イマイチ理解できなかったかな。
 
今日は決勝戦直後に撮った両チームの画像付です。ちょっと暗いけど表情hは分かるかなー?
jspage_739715412373151a.jpgjspage_739715412373151b.jpg
 
 
 
 

2004. 7. 19. Mon
「リヤツインキャスター」に思うこと
 先日、待ちに待ったアテネ仕様のバスケ車が届きました。基本的な寸法は前車とほぼ同様なのですが、今回はリヤをツインキャスターにしたのが大きな違い。
 
 で、何度か乗ってみたんだけど、やっぱり新車は剛性感が高いし転がりも良い感じ。全体的には違和感無く乗れたんですけど・・・・・、リヤツインはイマイチ。 ハッキリ言うと、現時点では完全な失敗と思っている。だって、ツインキャスターでも転ぶんだよ! しかも、若干の引っかかりが感じられて、出だしにパワーを食われている感じがする。 車体が安定するメリットよりも、デメリットの方が多いように思う。 更に、先日のルーズベルトカップを観戦して知ったのですが、世界でもツインキャスターを使う選手が殆どいない。
 
 数年前、それまで禁止だったリヤキャスターが解禁になり、Jも例に漏れることなく取り付けました。 それまでより車椅子が安定してプレーも向上したことを実感。また、世界中殆どの選手が付けた経緯からも、リヤキャス自体の必要性は充分に感じている。 しかし、ツインはあまり流行らないと思うよ。 人によっては必要性を感じる人もいるんだろうけど、「ツインキャスターにしてプレーが広がった!」と実感できている選手は少ないんじゃない?
 
 ただ、オーエックスで競技車のデザインや図面確認を担当しているスタッフに確認したところ、リヤツインをチョイスした多くの選手から「良くなった」、「満足している」というような感想を頂いているらしい。 現時点では信用性のあるデータが取れている訳じゃないから、当分は難しい選択になりそうだね。 J個人としては、価格も車重も上がる上に動きが制限され易いリヤツインキャスターは、あまりお勧めできないかも。
 
 とりあえず、アテネに最高の状態と車椅子で臨みたいので、これからシングルに付け直して貰おうかと検討しているところ。でもね、出来て来たばかりの新車を修理に出すのは心苦しい! だって、いつも会社(競技車担当)には無理ばかり言っているからねー。 あーー、いつ言い出そうかな・・・(苦笑)
 
 
 

2004. 7. 24. Sat
チャンピオンズカップのPRイベント
 
今日は小倉にあるリバーウォークというショッピングビルで、10月に開催されるチャンピオンズカップのPRイベントに参加しました。 ムチャ暑い炎天下でのイベントで、いい汗?をたくさんかいてきました。 
 
内容は車椅子バスケの紹介、インタビューに実演の3ON3でした。本当に短い時間でしたが、街中の特設会場で行うイベントなんて滅多に無い経験なんで、意外と楽しめました。一つだけ欲を言えば、もう少し平らな場所で実演したかったー。だってタイヤが溝にハマッて、車椅子の操作すら上手く出来なかったから・・・(苦笑) しかも、バリバリJAPANのユニホーム姿で。
 
それにしても、北九州市の車椅子バスケに対する理解と熱の入れようは凄いの一言。たぶん日本で一番理解のある街だと思う。そういう意味では、福岡に越してきたことは良かったことかも知れないと思う。
 
夜の練習も楽しかった。今日は個人練習だったので、最後に集まったメンバーで久しぶりにゲーム(紅白戦)をしました。そして、新人プレーヤーTがかなり笑えた。彼、いつでもゲームがしたくてしたくてたまらんのですよ。でも普段は走り込みの練習で終わってしまうから、なかなかゲームすることができないのです。今日はゲームが出来たんで、いつになく活き活きしてました。とっても分かり易い奴です(笑)
 
 
 

2004. 7. 25. Sun
日帰りの東京
今日はJが関わっている、車椅子バスケットボールキャンプ実行委員会の総会に参加するため、日帰りで東京(王子の障害者スポーツセンター)まで行ってきました。 朝11時から夕方6時半まで話し合いをして来たのですが、非常に充実した会合だったと思います。
 
このような会議に出席して改めて思ったのですが、「実際に顔を突き合わせて話し合いをすることって大事だなー」って。 最近は福岡に落ち着いていしまい、なかなか東京近郊の仲間や同士と会って話す機会がありませんでした。しかし、実際に会って話をすると、電話やメールでは伝えきれない思いやニュアンスが伝えられるし、相手の考えや思いも良く理解できるのです。そして、彼らからパワーを貰う事もできました。
 
今年はアテネパラがある関係で、夏に車椅子バスケのキャンプを実施することが出来ないのですが、12月にスライドする形で開催されることが決まりました。 また、山口県で開催することも決まり、九州からの参加も容易になるので、多くの選手が参加申し込みしてくれることを期待してなりません。
 
とにかく今日は長い一日でした。でも、バスケに関することで自分の時間を費やせたので、とても満足の一日でした。
 
 
 

2004. 7. 27. Tue
予習?
 
今日の昼、仕事の途中で昼食を取るべく、通りがかりのジャスコに寄りました。そこで、たまたま立ち寄ったCD店の、たまたま目に入ったDVDを購入。 タイトルは「名曲で綴る世界の旅 ギリシャ編」なんだけど、本当にすんなり迷わずに購入(笑) また、その隣にあった「世界遺産」や「清流百選」も欲しくなったんだけど、それらは悩みに悩んだ末にやめました。 だって、全部購入すると膨大な金額になるので・・・。
 
まだDVDは見てないんだけど、アテネに行く前に予習として見ようかと思っています。本当はアテネ前に見ておきたいバスケのビデオもたくさんあるし、時間的にあまり余裕がないんだけど、やっぱり訪れる国自体のことも、少しは知っておきたいから。 多分、ギリシャの思い出は、選手村とアリーナの部分だけになるだろうし(苦笑) 
 
 
 
 
 

2004. 7. 29. Thu
「Js-page」完全復活のご報告
5月の連休明けから更新を休止していた「Js-page」ですが、約3ヶ月ぶりに完全再開しました! 先月からhata3とメールの打ち合わせをしながら、準備を進めてきたんですが、なかなかJが原稿等を送れず、再開が延び延びになっていました。 また、当初予定していた「改装」も、充分にできていないのですが、まずは再開することを優先しました。 それでも、今日こうして再開の報告をすることができて、素直に本当にウレシイです。
 
やっぱりアテネに向けての情報が中心になると思います。今のところ現地の状況が分からないんで確約はできませんが、大会期間中も時間が許す限り、現地から情報をタイムリーに紹介していきたいと考えています。 きっと天下のAOLなら、ヨーロッパのギリシャからでもネットにつなげるでしょう!(笑)
 
少しづつですが、これからも内容の充実を進めていきたいと思いますので、今後とも末永く「Js-page」をよろしくお願いします。
 
あっ、それから是非「お知らせ」を見てください! 今年の夏休みはお台場の科学未来館にGoだ!
 
 
 
 

2004. 7. 31. Sat
のじぎく杯
 今日は森本文化風呂商会で最後の大会となる、神戸で開催中の「のじぎく杯」に参加中です。この大会は今回で30回を迎え、会場も神戸グリーンアリーナという大きな所で盛大に開催されています。 まあ、相変わらず観客は少なめですが、韓国ナショナルチームも招待されており、アチコチで白熱した試合が展開しています。
 
今回の風呂屋は、中心選手のケンゾウが不参加のため、チームの台所事情は非常に厳しい。しかし、みんなベストをつくして頑張っていると思う。 正直言ってボンミスが多いし、チームプレーは噛合わないし、バスケ自体の質も高くはない。 でも、チームの特徴であり最大の魅力である“声出し”と、“最後まで諦めない!”という部分に関してはまずまず出来ているかな。
 
とりあえず予選リーグは、高知と岡山を相手に接戦ながら勝利をあげ、明日は決勝トーナメントに望みます。初戦は韓国ナショナルチームです。でも、風呂屋で海外のチームと試合が出来るとは思ってなかったから、正直言って嬉しい組み合わせかな。 この大会が最後の大会となるので、出来れば一試合でも多く戦いたいし、一つでも多く勝利したいと思うから、明日も怯まず勝ちに行く姿勢で臨みたいと思う。
 
久しぶりの大会は本当に刺激的だし楽しい!! それから、沢山の人と再会することも出来たし、多くの人から「Js-Page再開おめでとう!」と、声を掛けて貰うことができました。少しだけ照れたけど、とても嬉しかったです。 皆さんありがとうございます。
 
 
 
 
posted by J's page at 00:00| 独り言_