2003年07月01日

2003年7月

2003. 7. 1. Tue
無事帰宅
 ふーーー、あっと言う間に北海道巡業が終わりました。それにしても、本当に色んな事があったし、楽しくて充実した旅となりました。あまりに色んな出来事や感動があったので、帰りのフェリーで一気に体験記を書きましたよ。でも少し長くなってしまったので、今校正しているところですが、hata3にお願いして早めに更新しようと思います。
 
 それから、この場を借りて・・・
北海道で出会った皆さん、語り合った皆さん、飲み合った皆さん、そして一緒にバスケをした皆さん、それから車椅子を注文してくれた皆さんも、本当にありがとうございました。必ずまた行きますので、その時はよろしくお願いします。体験記も更新しますので、ぜひ読んでやって下さい。
 
 それと、違反を許してくれたお巡りさんもありがとう!あなたのお陰でフェリーに乗り遅れずに済みました(苦笑)
 
 
 

2003. 7. 2. Wed
日本人初のNBA選手が誕生する!?
 今日のスポーツ新聞を読んだら、昨季トヨタ自動車で活躍をした田臥選手が、アメリカに渡ってNBA選手になるため頑張っているそうな。彼は先月下旬に行われた、ダラス・マーベリックスの1次のトライアウト(入団テスト)に合格したらしい。これからの2次のトライアウトを通過すれば、サマーリーグ、キャンプインと開幕のベンチ入りを果たす可能性が高くなるそうです。NBA入りを果たせば日本人初となるだけではなく、バスケ人気が高まる原動力にもなるはずです。
 
 Jは単身でアメリカに渡って、一人でトライアウトに望んだ経験があります。もちろん、NBAとは比較にならないテストかも知れないけど、何の保障もない中、大きなリスクを背負って渡米した時の決断は自分でも感心します。あるアメリカ人の選手がトライアウト前に、「日本人選手なんて使えないよ!」と、言っていた言葉を今でも忘れません。でもJは諦めずに自分の夢を実現させるために、体調不良の中でテストを受けました。そして掴んだデンバー入りと、D1での刺激的な経験。それは自分にとって、何もにも変え難い勲章だと思っています。
 
 Jは渡米直後に、野茂投手の自伝を読んで共感しました。同じく数十年前に、18才の若さでアメリカに旅立った経験のある落合信彦氏の自伝を読んで勇気を得ました。多くの日本人選手が海を渡って来る度に、心から応援をしました。彼らは間違いなくJと同じ魂を持っている人達だと思うから。それから、Jはイチローも松井も田臥も決して”特別な人”なんて思っていませんよ。あえてJは書きます。彼らもまた、自分の夢を実現させるために、その行動を起こした人。多分それだけだと思います。
 
 今年の冬は、田臥選手のプレーをスーパーリーグで観れるものと楽しみにしていました。でも来シーズン、彼はアメリカでプレーをしているかも知れない。と言うことは、Jもアメリカまで観戦に行かないといけないなーって考えてます(笑)彼のプレーをNBAの舞台で観られるのなら、同じ日本人として、バスケマンとして、チャレンジャーとして、アメリカまで観に行く価値はあるかなーって。ガンバレ田臥!
 
 ところで、今週の日曜日からは西に向かって旅が始まります。滋賀、愛知、愛媛、香川、高知、そして福岡、熊本、佐賀・・・・。ちなみに先週の巡業は、北海道まで往復フェリーを使ったにも関わらず、約1300キロを走ったのですが、次回は九州からの帰り以外は自走なので、多分3000キロ位は走るんじゃないかなー。このペースで走ったら、きっと俺の車は3年で廃車だな(苦笑)
 
 
 
 

2003. 7. 3. Thu
充実の感覚
 
 今日も充実した一日を過ごすことができたなーって、実感しているところです。事務仕事に出張の準備や自分が採寸した車椅子の図面確認。そして、一番気合が入ったのは、一年間の実績をまとめた資料の仕上げと、現在の市場状況や販売状況を分析した資料です。これは、Jが全国を回って稼いだ生の情報が頼りになるため、”現場の目”で見てきたJの知識がモノを言うのです!なんて、ちょっと偉そうですかね?(笑)まだ車椅子の仕事では1年坊主ですから・・・。
 
 ところで最近、「充実」っていう感覚がよく分かるようになってきましたよ。忙しすぎてもストレスが溜まるでしょ。そして、暇な時間が多いと逆に疲れると言うか、それこそ退屈地獄になったりするでしょ。充実を表現するの難しいのだけど、感覚的には時計が気にならないけど、ふと時計を見ると、丁度お昼前だったり、就労時間が終わる時間だったり、眠たくなる時間だったり、何せタイミングが良いという感じなんです。だからストレスもなく、一番良い精神状態(集中した状態)で時間を過ごせるのです。
 
 それから、最近では久しぶりに男性から熱いメールを貰って、喜んでいたりもします。そこのあなた!倉敷に住んでいるあなたですよ!! あんなに情熱のこもった長いメールを2度も続けて送ってこられたら、Jが返事を書くタイミングを外すでしょ!!(笑)でも、本当に嬉しかったですよ。そうそう、良くJはメールの返事に書くのですが、「あまり熱のこもった内容のメールに対しては、逆になかなか返事が書けないんですよ」って。なぜなら、自分がそれに答えられるだけの時間と精神状態の時って少ないから。だから、あえてメールでは返事を書かずに、この場所に書いています。 そのうち気持ちが乗ったら返事を書きますので、首をながーーーくして待っててくださいな。
 
 

2003. 7. 6. Sun
たくさん学んだ日
えーと、「独り言」を二日間空けてしまいましたが、そんな中で今日から西への巡業がスタートしました。今回の旅は再来週(16日)水曜日までの12日間というロングラン。多分、一回の巡業では最も長いものとなるのではないかなー。
 
で、今日はどこに来ているかと言うと、琵琶湖(滋賀県)のほとりのホテルです。多分Jが滋賀県に足を踏み入れたのは、今回が初めてのことだと思います。もちろん、琵琶湖を拝んだのも初めて。今回の巡業第一段は、びわこ成蹊大学での講師です。この大学はスポーツ全般を通して様々な分野のプロを育成する教育が売りで、スポーツインストラクター、キャンプ指導員、保険体育の先生、アスレティックトレーナーに障害者スポーツ指導員などなど、スポーツに関する様々なジャンルの学科があります。
 
 この大学には2人の知り合い(または接点)がありました。一つは昨年の巡業で知り合った、元東北福祉大学の教授が転職でこの学校に勤務していたこと。もう一つはJが力を注いでいる、車椅子バスケのサマーキャンプに関わる方々を通して共通の知人となった、教授が勉学をふるっていることです。まあ、何が言いたいかといえば、同じ目的や思想を持って活動するところには、必ずどこかで交わること(人)になるのだなーっていうことです。
 
 で、今日の「独り言」なんですが、今回講義の機会を下さった、金田先生との貴重な会話(事前打ち合わせ)で、印象に残った部分を一部紹介しましょう。
 
金田先生「君が車椅子バスケを指導する時に気をおつけている点や、意識している点などは?」
 
J「正直言って、僕はまだ指導者としては何一つ満足の行くものは持ち合わせていません。ただ、尊敬するマイクフログリー氏(カナダのコーチ)の教えや、サマーキャンプで提唱している、指導方法やプログラムを少しでも忠実に多くの人々に紹介するだけです。もちろん、“楽しいバスケ”を紹介することには変わりありませんが・・・」
 
金田先生「“スポーツは楽しい“ということを知らせていくことは同感。ただ、一つだけ忘れてはならない事がある。それは、教わる人たちが、何の(アドバイスや指導、分からない部分)を必要としているか見極めることと、その一人に対して”真剣“にぶつかること!」
 
J「確かに・・・・。教わったことをそのまま紹介することは誰でも出来るけど、それ以上に情熱を持って“真剣”に接することが、大切なのかも知れない・・」
 
金田先生「例を一つ。ある精神科医が精神病患者の「死にたい!」いう言葉に対して、何と答えるか??医師は決して動揺せず、「それは自己表現ができるようになってきた証拠であり、治癒の傾向にある!」と、半ば喜んで言う」らしい。多分、この言葉に“真剣さ”がなければ、かもすると「だったら死ねば?」という意味に捉えられ兼ねない。だから、この医師の言葉を誰もが、単に真似して言える言葉ではない!」ということなのです。患者と向き合って真剣に勝負している医師だからこそ言える言葉なんだろうなー。
 
あーー、もっと紹介したい教授の語録はたくさんあるんだけど、今日も本当に有意義な時間を過ごすことができました。同じ目標や夢を持つ方々と知り合える喜び、その方々と同じ活動をしている自負。そして、俺の歩んでいる道は決して間違っていないという自信。今日という日に感謝。車で6時間も掛けて着た甲斐のある出会いと感動でした。明日は47人の生徒に対して2コマの授業を通して車椅子バスケ(スポーツ)の楽しさを伝えてみたいと思います。いくぞーーーーーーーー!勉強になりましたよ。
 
 
 
 

2003. 7. 7. Mon
びわスポでの講義
 
 なんだか今日も色んな事があったし、スゲー学んだーって思います。書きたいことが有り過ぎて困るんだけど、そろそろ寝ないと明日からの行動に支障をきたすので、一言だけ。
 
 学生達のやる気は充分感じる事ができました。みんな一生懸命楽しんでくれたと思うよ。でも、それ以上に感動した事があります。Jの講義が終わった後、質問に来てくれたり、「もっと話を聞かせてくれ!」と集まってくれた人たちに言いたい。俺はそんなお前らの行動が嬉しかったし好きだ!そして、今日は心から着てよかったと思う。
 
 それと、近い将来学生リーグに参戦してくれることを祈っています。もし、その可能性があるなら、Jの力が必要ならば、俺は喜んで再びびわスポを訪れます。自費でも有給休暇を使ってでもね。びわスポには、そうしたくなる奴らが一杯いたよ。楽しかったです。ありがとうね。
 
 
 

2003. 7. 8. Tue
明日は四国愛媛
 えーと、とりあえず今日も名古屋にてホテル。一日会議で終わってしまったけど、長い巡業の中ではある意味助かったというか、ゆっくり過ごせた感すらある一日でした。でも、明日からが本番かな。愛媛、香川、高知、熊本(北九州経由ね)、佐賀・・・。前半戦最後の長期巡業なのでガンバリマス。もちろん楽しみです。
 
 とりあえず、3日目が終了した時点でのメーターは820キロとなっています。やっぱり2500キロくらいは堅いかなーーー、明日も500キロくらいは走ると思うし、前回の北海道巡業に今回の四国・九州巡業を合わせると、3週間弱で約4000キロ???やっぱJ's carは3年で廃車コースかな(苦笑)
 
 

2003. 7. 9. Wed
意地でも書かなければならん・・
 
 今日は愛媛に着てるんだけど、Jは今日初めて愛媛県に踏み入れましたよ。くる途中に香川(こちらも初!)も通り過ぎてきたんだけど、瀬戸内もいいなーー。特に倉敷から瀬戸大橋を渡っている時は、感動のあまり興奮して叫びましたよ。「うぉーーーー、すげーーーー」ってね(笑)そして、日本もいいなーって思いました。マジでね。
 
 しかも、見る景色見る景色が初めてだったので、新鮮だったかな。また、今日はチーム練習日でもないのに、愛媛のキャプテンをはじめ、多くの選手(健常者が多かった)が着てくれました。みんな楽しそうにバスケをしてくれてたみたいだし嬉しかったよ。ある女の子が「ますます(バスケを)好きになった!」って言ってくれたことが嬉しくて嬉しくて。
 
 終った後はみんなで・・・・。今日も楽しい一日があっという間に終ってしまいました。ぜひまた着たいなと思える四国愛媛でした。明日はミカンでも買って実家に送ろうかと思っております。やっぱりミカンは美味しいらしいですよ。それに、愛媛の民家には水道の蛇口が2本あって、一本が普通の水で、もう一本からはオレンジジュースが出てくるそうです!?(なんてウソウソ)
 
 明日は香川に戻ってお仕事です。なぜかホテルに到着するのは毎日夜中なのですが、どうしてかなーーー。あまりに楽しすぎて寝る暇がなくなりそうだよ。それでも、少しでも書かないと寝れない気分なんですよ。
 
 
 
 

2003. 7. 11. Fri
四国を堪能
 今日は高知の練習に参加しました。一昨日の愛媛といい、昨日の香川といい、今日の高知といい、感じたのはやる気のある選手が多いこと。正直言って嬉しい誤算でした(ゴメンなさい) ただ、頑張って上を目指したいと思う人には、それ以上に悩みや壁があるってことも痛いほど良く分かりました。でも、諦めたらそれ以上は望めないので、メゲずに頑張って欲しいと思いました。
 
 四国も良かったですよ。とっても。愛媛、香川、高知と回ったんだけど、どこのチームも温かく迎えてくれて嬉しかったです。感謝。それに、美味しいものもたくさん食べたかな。特に、関東にはない香川のうどん屋さんのシステムには驚きましたよ。高知で食べた鰹と鯖のたたきも美味しかったし、毎日午前様常態で語り合えたことも最高でした。ちょっと寝不足だけど・・・・(苦笑)
 
 書きたいことはたくさんあるんだけど、やっぱり「体験記」かなーーー。明日は早起きして高速を使わずに愛媛の八幡浜までドライブです。そして、フェリーに乗って目指すは「火の国」熊本です。えっ、なんで高速を使わずに下道で行くのかって?? それは、もちろん景色を堪能するためですよ。時間が無くて観光なんて出来ないけど、ゆっくり走って素晴らしい景色くらいは堪能しないとね。
 
 そうそう、今日はカメラマンのsavaさんとも再会しました。日本選手権の時に東京で会った以来です。短い時間でしたが、色々話せて楽しかったです。明日は九州ですが、四国のみなさん本当にお世話になりました。Jは本当に幸せです。時間と練習日の都合で徳島県に行けなかったことだけが残念です。必ずまた着ます。
 
 
 
 

2003. 7. 12. Sat
思えば遠くへ来たもんだ!?
 今日も良く走ったなーって感じ。高知から約3時間掛けてフェリー乗り場である愛媛県の八幡浜まで行ったんだけど、予想通りの素晴らしい景色を堪能しましたよ。四万十川沿いの国道を行ったり来たりしながら眺めた景色は「日本昔話」に出てきそうな景色もありました。それから、匂いも良かった。うまく表現できないんだけど、緑の匂いがとても心地よい感じでリラックスできました。
 
 途中、自転車で旅をしている青年と出会って挨拶を交わしました。彼は雨の中、大きな荷物をくくり付けた自転車に乗って、長い坂道を必死に楽しそうに走っていました。見ていて嬉しくなりましたよ。「あいつ青春してるなーー」なんて思いながら。
 
 九州に上陸してからも、同じく3時間ほど掛けて下道で熊本を目指したんだけど、こちらは大雨で苦労しました。でも、道に迷うことなく体育館までたどり着きましたよ。今日はちゃんとお仕事もしたので、バスケの練習には参加出来ませんでしたが、明日は朝からバスケ三昧。昨日の睡眠時間は約4時間。今日は多分5時間くらいかなー。俺ってかなりタフなことに気付いているところ。
 
 本日までの累計走行距離は、1950キロ。それにしても、遠くまで来たなーー。旅(出張)に出てから早一週間が過ぎようとしているんだけど、そろそろ自分のベッドが恋しくなってきたような・・・。
 
 
 

2003. 7. 14. Mon
バタバタと・・・・
 
 一昨日の熊本といい、昨日の佐賀といい、今日の福岡といい、あまりにバタバタとしたまま過ぎてしまった。特に昨日はたくさんの選手と出会えたにも関わらず、全くコミュニケーションが取れずに佐賀を離れることになってしまって残念で残念で・・・。仕事とは言え、これからはもう少し余裕のある予定を組まないといけないなーって。
 
 今夜は門司港からフェリーに乗って、徳島県を経由して東京へ。船の中で2泊するのは初めてかな。フェリーの中では溜まりに溜まった事務処理が待っているのだけど、結構時間はありそうなので、久々にゆっくり過ごせそうかな。まあ、船の上でしかゆっくりできないというのも、あまり喜べないのですがね。
 
 おっと、フェリーの時間が迫ってきた。最後に一言、今回の四国・九州巡業も大成功だったと思うし、本当にたくさんの方々と出会えたり、語り合えたことが嬉しい。そして、たくさんの方々にお世話になりました。心から感謝。さらば九州、次は11月だ。かな?
 
 
 

2003. 7. 16. Wed
東京が悲しい・・
 昨日、一昨日とフェリーに揺られて今朝の5時に東京のフェリー埠頭に着きました。Jが門司港から乗ったフェリーは自動車や貨物のほかに旅客が300人も乗る大型の物だったのですが、旅客は全部で18人という少なさでした。これでは赤字で会社が倒産するのではないかと思い、船長さんらしき人に尋ねたところ、貨物がメインなのでそこそこ儲かっているらしい。それに、これからのシーズンはほぼ毎日満員になるらしく、賑わいを見せると聞いて安心しました。
 
 まあ、そのお陰で親切丁寧に対応をしてもらえたし、話好きそうな船長さんとは、マンツーマンで色んな話を聞くこともできた。船で勤務する人たちなんて知り合いにはいないから、新しい発見もたくさんあったし勉強になりましたよ。船員の雇用形態から勤務状況、船の構造や諸々についても、少しだけ詳しくなったかな。2等船室も展望風呂も一人占め状態だったし、テレビも観れたし、パソコンも使えたので時間を持て余すことなく過ごす事ができました。マジで船の旅はお勧めですよ!
 
 ところで・・・・・、東京のフェリー埠頭って凄く汚いのです。船が着岸した所や、フェリー乗り場自体は普通というか、良くも悪くもなくて気にならなかったんだけど、車で道路に出た瞬間心が痛くなったね。フェリー乗り場周辺はお台場なんかに近い所なんだけど、一番奥の方で人も少ないせいか?ゴミ溜め状態なんですよ。倉庫街や巨大な駐車場、貨物保管場には車やトラックまでもが捨てられている始末だし、スーパーの白い袋に入ったゴミが何百、何千と道端や中央の植え込みに落ちているのです。ヒドスギル・・・。
 
 正直、昔はJもポイ捨てとかしてたから、偉そうな事は言えないんだけど、今朝の東京を見て本当に悲しい気持ちになりましたよ。そして、今後は絶対外にゴミは捨てないと誓いました。
 
 
 
 
 
 
 

2003. 7. 18. Fri
週末はランラン?
 
 今週末に仕事で予定していた、新潟でのデムスカップがキャンセルとなり、予定に穴が空いたので、思い切って休む決心をしました。まあ、やることは山ほどあるのだけど、それを考えたらいつまで経っても自分の時間なんて取れないだろうし、「自分らしく・・・」をモットーにしているJとしては、このまま仕事に流される訳にはいかないと思い、決心して上司に申し出ました。すると「どうぞ!」って二つ返事でOKが出たんだけど、何か裏があるのでは?と少々心配(苦笑)
 
 で、明日から4連休となりました。何をするか考え中なんだけど、明日は風呂屋の練習や飯会があるので藤沢。日曜の午前は東京のチームで練習に参加させてもらおうかと思っているんだけど未確定。その後は・・・・、とりあえず一人できれいな景色でも眺めて温泉にでも入ってこようかと考え中です。週末でホテルは高いだろうから、車の中で寝泊りの行き当たりバッタリの旅かな。もしかしたら、「体験記」のネタができるかも知れないし。なんて、この辺がJっぽくていいでしょ?
 
 来週末からは近畿方面に出没する予定なので、ゆっくり家で休むことも考えたんだけど、今は「日本」に興味が沸いている時なんで、少しでも色んな所に行って見たいと思ってます。気分的には、まだ行った事のない場所がいいかな「しーらなーい街をあるいてみたーい♪」って感じで、小さな感動を探してきたいと思います。情報誌には頼らず、気分のままに行こうと思います。
 
 それと、九州の巡業で素晴らしい出会いがあったんだけど、彼女は携帯のメールしか出来ないとのことで、Jは昨日今日と一生懸命、携帯電話でメールを打ちましたよ。携帯はボタンが小さいのとPCと異なった打ち方になるから大嫌いで、過去に2,3度短い返信をしたくらいなのですが、人間はきっかけさえあれば変わるものです! ということを身を持って実感中です。Jは彼女の夢が叶うようにエールを送り続けたいと思います。でも、携帯でのメールは長続きしないかな。やっぱし・・・
 
 
 
 
 
 
 

2003. 7. 20. Sun
今日は最低のJ
−全文削除−
 
 この日の話題は「独り言」には少々重いかなーって思ったんだけど、自分を戒めるために書いてみました。でも、自分への戒めは1日だけにしておきます。読んでくれた方は心にでも留めておいてください。これからは、もっとバスケの話題で盛り上げていきたいと思います。
 
 
 

 2003. 7. 21. Mon
 旅の途中
 
 きっと明日は素晴らしい景色の写真を、この「独り言」にも掲載できることだろう。今日は節約のため車の中で眠ることになると思うけど、外が涼しいので、ある意味助かったかも。 昨日から地図は一切開いてません。そんな旅がやっぱり自分らしいかもって思います?
 
 ところで、やっぱり無難な食事はカレーでしょう??行楽地の食堂、ファミレス、社員食堂や学食、高速のサービスエリアにフェリーのレストランからコンビに弁当に至るまで、カレーを頼んで外すことってあまり無いと思いませんか?と言うことで、今夜もカツカレーでしたが、意外とアタリ!
 
 本当はラーメンが好物なんだけど、こちらは外すことの方が多いので、基本的には殆ど頼むことはないかな。良く味を知っているお店以外では、あまり食べないのです!
 
 今どこにいるかって??  それはナイショさ!
 
 
 
 

2003. 7. 22. Tue
やっぱりバスケ三昧
 今朝は7時から温泉に入ってリラックス。3つの温泉エリア(湯西川、川治、鬼怒川)で4件の温泉をハシゴして、昼過ぎには出来上がってましたよ(笑)それにしても、温泉場は車椅子にとってつらい所が多い!階段が多かったりするので、かなり大変な思いをしましたが、お尻にタオルを巻いて最高40段近い石の階段を下って露天風呂にも入ってきました!眺めも気分も最高だったんだけど、とにかく階段の上り下りがつらかった。やっぱりリラックスしたとは思えない?(苦笑)
 
 温泉でお勧めというのは特に無いんだけど、湯西川温泉では美味しいメンチが食べられました。肉屋のおじさんが手作りしているというメンチは、ころもはサクサク、中はジューシーで本当に美味しかった。おじさんとは話が盛り上がって、店先でコーヒーまでご馳走になったんだけど、「これキリマンジャロ、うまいぜー!」って言われて飲んだんだ。生まれて初めてコーヒーが美味しいと感じました!しかもブラックのままなのに。これってスゴイことだと思いましたよ。例えるなら、小学生の頃親父のビールを盗み飲みして、「なんだこりゃ?マズイ!」って思ったにも関わらず、ある時ビールが凄く美味しい飲み物と思えた瞬間と同じ。33歳になって初めてコーヒーの味が分かったのかなー?
 
 ところで、先週の土曜日から4連休のはずだったんだけど、土曜日は仕事が入ってしまい出勤。そして、夜は風呂屋の練習に参加したし、日曜日は東京ファイターズの練習にも参加させていただきました。さすがに昨日は温泉街にいたんで練習はしなかったんだけど、実は今日も・・・。
 
 日光からの帰り、後輩の安直樹から電話が入りました。「バスケの練習したいから場所探しして!」だって。結局埼玉ライオンズの練習がさいたま市内であることが分かり練習にお邪魔しました。しかも、午前中に4箇所の温泉をハシゴして、まったりしきっている体なのに、いきなり直樹と1on1ですよ。まあ、奴も闇上がりのようでしたが、二人でヒイヒイ言いながら練習に参加させていただきました。でも今は、「気分爽快なのー」←森高っぽく
 
 休みの時間を使って予定通り温泉は堪能しましたが、予定以上にバスケをする結果となりました。やっぱりバスケが基本かな。全然飽きないんですよ不思議と。こんなに長続きしているものって、人生の中ではバスケくらいかな。ちなみに、明日も明後日もバスケだし、週末も神戸で大会なので、今週もバスケ三昧の予定です。「ああーー、バスケって本当に楽しいですね!」「それではサヨナラ・サヨナラ・サヨナラ」←淀川長治風に。
 
 それと、残念ながら雨がひどくて写真は撮れませんでした。アシカラズ。
 
 
 
 

2003. 7. 23. Wed
車椅子屋の特権?
 つい先日巡業先で、ある選手に「タイヤ交換したいんだけど、持ち合わせありますか?」って聞かれて、交換部品等は何も持っていない自分に気がついた。で、「ごめんねー、ちょうどそのサイズは切らしてるんだよー」と、嘘つきのJ。← 営業的な問題回避と思ったんだけど、これも最低かなー?(苦笑) Tくん、その節は本当にごめんね。
 
 考えてみれば、車椅子屋として全国を走り回っているのに、何も持っていないなんて怠慢だよね。しかも、仕事用としてワンボックス車を購入したのに。そんなこともあったので、先日「Jの車内在庫希望リスト」をサービスの人間に渡しておいたんですが、今日は全部揃えて持ってきてくれました。
 
 高圧の電動コンプレッサー(空気入れ)、トーアングルゲージ(タイヤの平行を図るゲージ)、各サイズのタイヤとチューブ類、キャスター、ストラップにドリンクホルダーなどの小物アクセサリまで、必要かつ要望が多そうな部品を中心に揃えました。全部の部品・商品を合わせると、販売価格もかなり高額になる計算でした。
 
 ふと思ったんだけど、車椅子屋で働いていると便利だなーってことです。例えば、車の中には常に修理部品が積んである訳なので、パンクや破損にもある程度対応がきくでしょ。しかも、会社に帰ればJの車椅子も工場の人やプロのサービスマンが、しっかりメンテナンスもしてくれる。もちろんバスケ車もね。しかも、仕事でバスケが思う存分出来るし、バスケつながりの仲間も増える増える。その上、今日は社長に「バスケ車の販促で、早いうちに韓国へ行って来い!」って言われたんだけど、巡業範囲が国外にも広がることが判明して再びラッキー!!って感じでした。
 
 秋には短期の旅行で、再びデンバー(田臥選手を観にダラスも)を訪れようかと思っているんだけど、韓国への出張もありそそうだし、また少し海外の空気が吸えそうだな。うーん、楽しみばっかりで夏も秋も待ち遠しいぞ!
 
 
 

2003. 7. 28. Mon
Jが移籍?
 
 先週末にのじぎく大会というのがあって、神戸を旅しているJですが、なかなかPCに触れる時間が取れなくて間が開いてしまいました。最近夏バテぎみのJですが(なんてウソです)、できる限り更新したいと思います。
 
 ところで、最近Jへの個人宛メールで「千葉(ホークス)に戻るという噂を聞きました」とか、「あんなに気に入っていた風呂屋チームを捨てるんですか?」という質問が幾つかありました。あーーー、噂ってコワイ!(笑) 確かにJは「千葉に戻る」という言葉を口にした事が幾度となくありました。 でもそれはホークスに戻るということではなく、千葉にアパートを借りるという意味です。確かにJの場合、住処が色んな所にあるので紛らわしいのですが、現在は神奈川県民です。車のナンバーも湘南だし、申告も藤沢税務署にしてきましたし・・・。
 
 でも、仕事の関係上千葉に戻る必要があるらしいので、今年の8月から9月を目処に千葉へ完全引越しするつもりでいるのです。現在は物件を探している状況なんですが、なかなか車椅子で暮らし易そうな物件がなくて決まらない。Jの場合、駅から近い必要もないし、お店や学校が近い必要もないんですよ。 希望は広めの駐車場があって、廊下や壁が少ない広めの間取りであることのみです。でもこれが一番難しかったりするのかな?
 
 ここだけははっきり書きますが、千葉ホークスに戻ることは無いと思います。J自身も戻りたいという気持ちは果てしなくゼロに近いし、ホークスの側から見てもJが戻るメリットは少ないでしょう? 何せ、あんなに強くてメンバーも充分過ぎるほどいるんだから。今のところは移籍なんて考えてないですよ。それより、いかにしてもっとチームに馴染むかという事と、チームが大きく成長できるかという事について考えているのでね。
 
 昨日までの大会は準決勝で明和BBCに敗れましたが、やっぱり色々と問題は起こりましたよ。難しい問題がたくさんあることを改めて実感したし、それを解決することは大変ということも分っています。そして、J自身にも改善すべき点はたくさんあります。だからこそ、このチームから移籍する理由なんて見当たらないのです。もっともっと成長できるチームだし、もっともっと強くなれるチームだと思うので!
 
 
 

2003. 7. 29. Tue
久しぶりに感動で涙腺が・・・
 今日は大阪で仕事を終えてから、先週末に「のじぎく杯」で滞在した神戸にある、ポートピアホテルという高級ホテルにチェックインしました。実は明日講演があるので、今日は前夜祭のパーティーに参加してきました。
 
 このイベントは、Jが海外研修でお世話になったダスキンの企業集団である、ミスタードーナツの「近畿地区フレンドシップフェスティバル」というもので、近畿地区にあるミスドの約300店舗から、優秀な従業員(社員・バイト含む)800名を集めての研修事業のようなものです。
 
 で、約800人のスタッフとは、日頃から勤務態度が良く、向上心を持って働いている人たちで、今日はその方々の慰労会を兼ねた表彰式でした。今年のパーティーテーマは「夏祭り」とのことで、若い人たちはゆかた姿で参加し、屋台や盆踊りなどを楽しみました。もちろん、美味しいものもたくさんいただきました。
 
 ところで、今日Jは何に感動したかというと、近畿地区800名のスタッフから、最も優秀なスタッフに贈られる表彰式を拝見して涙しましたのですよ。彼らはバイトであっても、常に情熱を持って仕事をこなし、サービス向上のために様々な努力をしているのです。しかも、今日は、それに加えて筆記試験なども受け、本当に頑張った成績優秀者が表彰されたのです。
 
 Jは人間に対して”優劣”をつけることが、良いとか悪いとかなんて分かりません。しかし、一生懸命頑張っている人を応援したり、認めてあげる環境は絶対に必要だと思うのです。今日の表彰でホールのサービス担当と、キッチンの担当の約40名が表彰されたのですが、表彰された方々は、皆素晴らしい笑顔と美しい涙を見せてくれました。 本当に感動しました。受賞時のメッセージで「感謝」を口にしていた人たちにも感動しました。彼らは、例えバイトのスタッフであっても、自分の仕事に誇りを持ち、責任を持って対応しているのだということが良く分かりました。そして、何より仕事を楽しんでいるという感じが伝わってきました。
 
 ぜひ多くの人に、ミスドスタッフの対応や表情を見て欲しい!また、この会社の経営理念や人材育成の現状も知って欲しい! と思ったので、近いうちに「体験記」を書くことに決めました。詳しくはそこで書きますが、久々に「体験記」意欲が湧いてきました。バリバリ書くぞー(打つぞー)!!
 
 明日は、そんなミスドスタッフ約800人に対し、研修の一環として講演をします。少し緊張しますが、一発かましてきたいと思います。そして、彼らの頑りを称えてきたいと思います。それから、Jが関わっているサマーキャンプの協賛(スポンサー)もお願いしてこようと思います。サマーキャンプ開催中、参加選手に対してミスドのドーナツが配れるようにね!(笑)
 
追伸1
ポートピアホテルでバッタリ有森裕子さんと再会を果しました。彼女は在日米国人の組織が開催するイベントで講演をしたのだそうです。先日小松でジョイント講演して以来の再会でしたが、彼女もハツラツとしていて気持ちが良かったです。 あーー、でも、今日も写真を撮り忘れました(残念)
 
追伸2
hata3、いつも気の利いた更新作業をありがとう! 自分のPCでも「涼しげな壁紙」を使わせていただきます。それから、大量な写真がありますので、近いうちに更新依頼をメールします。 合掌?
 
 

2003. 7. 30. Wed
はーー
ふーーー、今日の講演は「やってもうた!」って感じです。いつも話す前に考え過ぎて上手くいかないことが多いんで、今日は直前まであんまり深く考えずにステージに上がったんですが・・・・。 途中で自分が何を言っているのか?また、何を言いたいのか?が飛んでしまいました。で、2回に渡り長い沈黙の時間が出来てしまい、汗ビッショリ状態。
 
 でも、今日はステージ講演には珍しく、自分のバスケ車を用意したんだけど、最後に破れかぶれで「最後に車椅子バスケを紹介したい」って、バスケ車に乗って説明を始めたら、気分が落ち着いて修正ができた感じでした。何となくなんだけど、バスケ車にのったり、バスケを披露する感覚だと緊張が少ないんですよ。ということで、次に講演の機会がある場合は、バスケ車持込のジャージ姿でお話をさせて頂こうかと思っております。とにかく、ステージでの講演って、何度やってもなかなか上手く喋れないなーって(苦笑)
 
 今回にイベントでは、写真もたくさん撮ったし、思った事感じた事もたくさんあるので、早いうちに「体験記」で詳しく報告したいと思います。まあ、話は上手く喋れませんでしたが、今回も本当にいい出会いがたくさんありましたし、多くの方々から親切にお世話していただきました。 そんな皆さんに感謝感謝です。
 
 
それから、早速Js-pageからのメールで、こんなメッセージが入っておりましたので紹介しちゃいます。
 
「はじめまして。ミスドフレンドシップの講演を拝聴させていただきました。アスリートの方の不屈の精神力、それに至るまでの挫折や出会いなどとても興味深く聴き入ってしまいました。また、バスケットボールを手にされたとたんに子供のように自然な笑顔になった神保さんが印象に残っています。自分もいつもそうありたいものだと改めて思いました。楽しいひとときを過ごさせていただきました。更なるご活躍をお祈りしております。
 ありがとうございました 合掌」
 
メッセージありがとうございました!! 神保
 
 
<お詫び>
7月15日前後以降にメールをくれた方々へのお詫びです。ご返事を返せていない方々がたくさんいます。本当にごめんなさい。なるべく書きますので少しお時間を下さい。
 
 

2003. 7. 31. Thu
夏がくる?
 
 なんだか、関東の天気は蒸し暑いし、どんよりしていて不快指数高いなー。本当の夏はいつ頃からやって来るのだろうか?? さすがに心配だよ。もう8月になるというのにさ。 
 
 今日は名古屋で打ち合わせを済ませてから、神奈川まで戻ってきて風呂屋の練習に参加しました。ちょっと遅れて行ったので、Jは練習の準備をしつつ、しばしチーム練習を見学しました。そして、最近の風呂屋の練習は、本当に全国区のチームにふさわしくなったなーって感じました。しかも、選手の頑張り方にも目を見張るものがあるし、苦しい練習内容を楽しそうにこなしていました。これって間違いなく、強い(成長する)チームの雰囲気だと思います。素晴らしい!
 
 それと、練習後に少しだけ時間を貰って「のじぎく杯」の反省とJの意思をチームのみんなに伝えました。なんて伝えたかは、これからのチームとJを見て判断してもらえれば良いのではないでしょうか。
 
 そうそう、今日もJs-pageのメールから「森本文化風呂ってイイチームですよね!」って内容のメールをいただきました。それにミスドの講演を聴いて下さった方からも2件ほどメッセージをいただきました。どれもこれも嬉しい内容のメールでしたし、J自身も彼らのメッセージに共感できるものでした。本当にありがとうございます。
 
 さーて、今日は1週間ぶりに自分のベッドで寝れるぞー。でも、また明日からお泊りで巡業。今月は何日自分のベッドで寝れたのかなー? まあ、こんな生活も今しか出来ないかも知れないし、それなりに楽しんでいますよ。ちょっと疲れるけど(苦笑)
 
 
 
 
 
posted by J's page at 00:00| 独り言_