2003年05月01日

2003年5月

2003. 5. 3. Sat
ニッポン選手権!
 いやーーー、ついこの前日本に戻ってきたと思ったら、もう月も替わって5月ですね。時間の流れが本当に早いなーーって実感しています。しかも、全米選手権の「体験記」を更新しないまま、今日から日本選手権がスタートしてしまいました。もちろん、我が森本文化風呂商会も、昨年に引きつづき出場を果たしているのですが、今回はすでに昨年の成績(ベスト8)を超えて、準決勝(ベスト4)へと進出を決めました!
 
 初戦は昨年と同カードとなった、福岡の足立スティーラーズでしたが、思わぬ大差での勝利となりました。正直言って、試合前は多少の不安がありましたよ。アメリカから戻ってチームに合流してから、まだ2週間程度だから…。でも、すぐに不安は吹き飛びました。だって、みんな声も出ていたし、チームメイトのミスを指摘したり、けなすような言葉は一つも聴かれなかったしね。しかも、みんながバスケを楽しんでプレーしているのが手に取るように分かったことが一番嬉しかった!
 
 もちろん勝ちたいけど……、こういうチームでプレーできるのって最高に幸せだなーて実感しています。しかも、結果が出ているんだから言う事なしでしょう!! 個人的には2試合目の埼玉ライオンズ戦が、調子悪くてブレーキになってしまったんだけど、チームのみんなが盛り上げてくれたし、活躍して勝利をもぎ取ってくれたので、ちょっと自分自身にはムカついたけど、チームの出来と勝利には納得しています(苦笑)
 
 ふーー、明日は古巣千葉ホークスとの試合が待っているけど、今日の調子でバスケを楽しめたらいいなーっと思っております。本当はホークスを辞めてから、「いつか試合でホークスを破りたい!」と、思って風呂屋でバスケをしてきたけど、今は勝つことよりも自分達のプレーがしっかり出来ることを目標に戦いたいと思っています。挑戦者は負けて元々という勢いでぶつかってきます。それにしても、今日は心から楽しめた充実の2試合でした。
 
 最後に、今日はたくさんの人と再会できたし、話もできたので本当に楽しい一日でした。声を掛けてくれたみなさん、本当にありがとうございました。それでは、明日も素晴らしい日にできるよう、早く家に帰って寝ることにします。
 
 
 
 
 
 
 
 

2003. 5. 5. Mon
ちょっと痛い思い出
 昨日は選手権2日目の報告を書こうと思っていたのですが、ちょっと気分的に書けませんでした。で、久々に会った友人と飲みまくりましたよ(笑)しかも、今日目が覚めると昼の12時を過ぎていました。連休最後の日なのに・・・・、外には最高に良い天気というのになー・・・・。
 
 選手権の結果だけ報告すると、我が風呂屋は準決勝で千葉ホークスに敗退しました。最終的な得点差は20点近く離れてしまったけど、試合開始直後は、かなり自分たちのプレーができたし、いい展開に持っていけたことは、選手のみならず見ている人たちにも分かって貰えたんじゃないかな?
 
 Jは不運にも2Q最初で怪我をしてしまい、長い時間戦列から離れることになってしまいましたが、ベンチで試合を観ながら「今の風呂屋は、なんて素晴らしいチームなんだ!」って感動したし、鳥肌が立つシーンもありました。大差がついているにも関わらず、最後まで諦めずに全力でプレーしていたチームメイトの姿を見て、心から誇りに思いました。
 
 試合後、Jは何人もの人と会話をしましたが、みんな「風呂屋は強いし、これからも強くなる」って言ってくれたことも嬉しかったです。それに、J自身も「うちのチームって素晴らしいでしょ?」って、迷いなく言えたことも嬉しかったです。
 
 Jは3年前、強すぎる千葉ホークスをやめて森本文化風呂商会に移籍しました。移籍するに至っては色々な理由もあったし、苦悩もありました。でも、今思うことは「この移籍は正しかった!」って言うことです。なぜなら、千葉ホークスは以前と同じか、それ以上の強さを維持しているし、それまで全国大会とは無縁だった森本文化風呂商会も、日本選手権という大舞台で4強に入れるほどの実力になったのだから。どちらにも、良い影響があった訳ですよね!?
 
 強いチームを、もっと強いチームにすることも必要な事かも知れないけど、Jは強くないチームを強くするためにチャレンジしたり、バスケットボールの楽しさをたくさんの人に伝えたり、たくさんの人たちと同じ視線でバスケを語り合えるような人間でありたい。そして、それを自分なりのスタイルにしていきたいと思っています。
 
 それと、近いうちに風呂屋とJの両サイトに「痛い思い出」の写真が掲載されると思います(笑)hata3写真のアップよろしくお願いしますね!
 
 
 
 

2003. 5. 6. Tue
仕事人間タイム
 今日は朝の9時に出社してから、夜の10時まで会社に詰めるという結果になりました。特に忙しいという気持ちは無かったんだけど、デモ車両の整備や営業の準備、スケジュール調整に上司と打ち合わせなんかをしながら、電話の対応や資料作成をしていたらこの結果。でも、ストレスが溜まるような時間は過ごしていないから充実間というか、「アッという間に過ぎてしまった」という感じ。最近一日一日がとっても早いなーって思います。
 
 予定表を見直したんだけど、秋までの予定がビッチリで、遊びに行く予定も入らない始末です。そんなことよりも、もっと回りたいところがたくさんあるのに、その予定がつかないんですよ。帰国当初は、会社での仕事がメインになる気配だったんだけど、やっぱり外回りも必要だと理解してくれてるみたい。
 
 来週から始まる山口県への出張を皮切りに、6月の北海道、7月の九州と関西周辺と、やっぱり全国をかけずり回るようになりそうです。それにしても、好きなことを仕事にしながら、全国を回ってたくさんの人達と交流が持てるなんて最高に幸せな仕事。普通なら営業職なんて嫌がる人が多いと思うんだけど、Jの場合は天職?というか理想的な職業なので、仕事も楽しませてもらいますよ!
 
 それにしても、そんなに遅くまで会社にいたのに、他にも全然帰りそうにない人が結構いたんですよ。Jの会社。 みんな仕事と結婚したの?って感じなんだけど、そう言うとみんな「冗談じゃないよ!」って、怒るんだよね(苦笑)でも一つ言えるのは、この会社の人達は筋金入り職人気質の人ばかりです。ある意味”オタク”入っているかも(笑) そんな人達と、今日はJもシバシの”仕事人間タイム”でした。
 
 
 
 

2003. 5. 7. Wed
日本の物価は?
 
 今日、所沢まで仕事で行って着たんだけど、帰りにアウトレットのお店によって買い物をしました。 店によっても違うんだけど、Jの感想は「意外と安いなーー」でした。 例えばN社のバッシュなんかも3千円台が結構あったし、Tシャツも千円前後の物がたくさん。でも、極めつけは食べ物屋かな。確か吉牛の並が280円でしょ。チェーン店のファミレスも結構お得メニューが豊富だし、ちょっと高い所でもアメリカのチップ込みの費用と比べれば、そんなに変わらないかなー。しかも、格段に美味いしね。アメリカはその分量が多いという違いはあるが…。
 
 でも、納得いかないのがガソリン代や有料高速費などの費用。それに、前にも書いた車の諸費用など、明らかに税金や変な名目でボッタくっているような費用。 それに家(土地)やアパート、駐車場などの賃貸料金もバカ高いと思うんだけど。まあ、それら一番の理由は、土地が無いことに起因するものだと思うので、こればっかりは仕方がないのかなー。
 
 ところで、今日のお客さんは障害者歴3ヶ月の若者だったのですが、本人は落ち込んでいる様子は全く無く、完全に気持ちの上では障害を受け入れて克服しているかのように見えました。そして、「Jさん、俺この車椅子買います!」と、フルオプション仕様で30万円を超える我が社の車椅子を、2台も購入していただく運びとなりました。ざっと計算しても70万くらいになるのですが、本人は「全然オッケーです」だって。これもスゴイな。でも、早く彼と一緒にバスケがしたいなーーー。
 
 以前、ある人に「プロの営業マンは、自分が嫌いな物でも売らなければならない」と、言われました。確かに仕事ならそうかもしれないけど、正直言うとJは嫌かな。Jは自分が自信を持って使える(乗れる車椅子)だからこそ、自信を持って売れるのです。そういう意味では仕事も、ストレスが少ないし、し易いなーって思っています。
 
 
 

2003. 5. 8. Thu
コーチの重要性
 今晩は、Jの友人Sが活動をしているチーム練習に、営業を兼ねて参加させて貰いました。使えるコートは半面のみだし、決して参加人数も多くはないのだけど、とても楽しく実のある練習だったように思います。
 
 そんな風に書くと、「さぞ凄い練習内容だったのだろう」と、思うかも知れませんが、シュートドリルとフリースローにゲームというシンプルな内容でした。でも、普通にありがちなチームの練習とは、大きく違う点が一つありました。 それは、コーチのH氏が、テンポ良く練習を進めていたことと、必ず選手個人に声を掛けて、選手各々に適したアドバイスをしていることでした。特にアドバイスに関しては、気づいた時にすぐ選手を呼び止めて、的確なアドバイスをしていました。
 
 そのアドバイスの仕方も、必ず良い点を褒めつつ、修正のポイントを納得いく形で説明しているので、素直に聞き入れることができるのです。ちなみに、Jが受けたアドバイスは2つありました。詳しくは書きませんが、非常に鋭い指摘だったし納得できるアドバイスでした。しかも、その部分を意識することによって、プレーが良くなるのを実感できるのです。今日は、”意識”することの大切さを改めて実感しましたよ。
 
 コーチ業って、本当に奥が深いし難しいなーとも思います。そして、やっぱりコーチって重要です。風呂屋のコーチであるM氏も、選手に信頼を受けている素晴らしいコーチなのですが、多忙な方なので勇退を表明しているのですよ・・・・。前にも書いたかも知れないけど、良いチームの条件には、向上心があって、やる気のある選手が必要なことは当然ですが、それと同じくらい、優れたコーチの存在も必要だと思うわけです。うーーーん、さっそく風呂屋に黄色信号が点燈かな?
 
 考えてみてください。強いチームのコーチさん達を。どこもやる気があって、熱心なコーチ達ばかりですよね!? さーて、これから風呂屋はどうするのかな??  
 
追伸
hata3、アルバムの更新ありがとうございます。流血シーンもしっかり撮っていてくれたのですね! 事故の直後は、自分で見ることが出来なかったので、写真で流血シーンを見て、少々自分でも驚いています。 今は、かなりよくなりましたが、傷を負った右目の方が、いつもより更に細くなってしまい、人が見ると右目は開いていないように見えるそうです(笑)
 
 
 

2003. 5. 11. Sun
究極の決断!?
実は今、決めなければならない事があるんです・・・・。
 
昨日は風呂屋のチーム練習日だったのですが、少し予定が変更されて国体に向けての選手選考会が行われたのです。そう、国体はクラブチーム単位ではなく、各都道府県単位のチーム編成が取られるため、県内に数チームある神奈川県の場合、その中から12人の代表選手を選ぶ必要があるのです。
 
ところで、何を決めなければならないかと言うと、国体の選抜チームを神奈川で出るか、千葉市(県)で出るのかという問題です。Jの現住所は神奈川県藤沢市にあるのですが、千葉市内にも帰る家があって行ったり来たりの状態なのです。しかも、今年の夏には千葉県内(場所は未定)にアパートでも借りようかと考え中のため、仮に国体の出場権を得た場合、大会開催時期は千葉県民となっている訳です。いったいどこで出たらいいの??
 
という事で、神奈川で出るべきか、それとも千葉市(県)で出るべきかを確認しました。すると、身障国体の場合、6月30日現在の住所が基準となるらしいので、基本的には神奈川県で出場することになることが判明しました。しかし、夏以降千葉県民になることや、千葉にも住居があることを考えると、千葉で出ても構わないらしいのです。これは本当に悩みどころです。しかも、神奈川県と千葉市にいたっては、関東地区予選で対戦する可能性があるので、どっちに行っても気まずい感じがするのです。
 
とりあえず、神奈川県と千葉市の代表に話をしたところ、双方とも「最後はJの希望を優先しては?」とのことで、とりあえず一任された形になりました。うーーーーん、困ったもんだ。本心で、どちらとも一緒にプレーがしたいと思っているにも関わらず、どちらかを倒さなければならない選択だし・・・。
 
でもね、こんなことを書いているうちに、少しずつ自分の気持ちが固まりつつあるんですねー。とりあえず、明日の朝起きた時に考えが変わっていなければ、両方に連絡を入れて了承して貰おうかと思っています。大きなもめ事にならないで、決まってくれれば良いのですがね。
 
それと、今夜は東京でJが関わっている「車椅子バスケットボールキャンプ」の開催に向けた、月次定例会があったので出席したのですが、これが何と、今年も定員の48名を大幅に上回る応募者数があったらしく、募集を締め切った現在も応募があるらしいのです。しかも、リアル(コミック)人気からか??健常者プレーヤーの応募も増えているらしく、車椅子バスケの新たな方向性が伺える結果となりました。
 
しかし、こちらの方も応募者数を超えている事から、応募してくれた方々から、何人もの人達を外さなくてはいけないのです。今日も長い時間を割いて話し合われたのですが、結局キャンプの質を落とす訳にはいかないので、参加者の増員はしないことで決着がつきました。これから選考作業が始まるのですが、こちらの方も厳しい作業になりそうです。Jたちのキャンプに参加を希望される方々は、本当に熱いバスケマン(ウーマン)ばかりなので、スタッフも苦しんでいます。
 
ふーーー、大事なもの、欲しいもの、失いたくないもの、与えたいものが多いということは嬉しい事なのだけど、でも究極の選択は出来れば避けて通りたいよ(苦笑)
 
追伸
hata3、また表紙が替わっているじゃないですか!Jは自分のHPだと言うのに、HPの更新に自分自身が驚いていますよ。いつもありがとうございます。近いうちに時間を作って一緒に飯でもしましょう。もちろんJのゴチで!
 
 

2003. 5. 12. Mon
Jの癒しグッズ
今日は、一日中会社のデスクで事務処理とか情報処理なんかをしてたんだけど、何だか最近疲れてるなーって感じです。でも、仕事もバスケも諸活動も非常に順調なので、そう言う意味では充実した疲れかも知れません。そうそう、決して自慢では無いのだけど、Jの場合、何かをやり始めると止まらないというか、適当に済ませることが出来ない性分なので、その反動は大きいのです。
 
でも、頑張り過ぎは長続きしないと思ったので、明日は家でゆっくり休んで、夜はバスケの練習に参加しようかと考え中です。と言うのも、明後日から1週間ほどの予定で、山口県まで車での一人旅が始まるので、あまり疲れを残したままにしたくないのです。とりあえず、ストレスや現代人の疲労回復には寝るのが一番かなー?なんて。あとはバスケや散歩も◎。
 
おっと、忘れてならないJの”癒しグッズ”が「世界の車窓から」ビデオ全集です。これは公務員時代に分割払いで購入したものなのですが、確か10本組で4万5千円くらいだったかな。その当時は「世界の車窓からのビデを全集を買ったんだ!」って自慢すると、決まって「マジかよ?」とか、「ヘンな奴!」なんて馬鹿にされたものです。 どうしてかなーー?(笑) しかも、当時同僚だったキクちゃん以外は、誰もビデオを借りてくれませんでした。個人的には、この素晴らしさを少しでも多くの人と共有したいのに・・・・。
 
何といっても、このビデオのスゴさは、所有から5年以上も経っているのに、1本たりとも最後まで見たことが無いというところです! なぜかと言えば、どんなにムカついていたり、イライラしていても、このビデオを見ているうちに気分が和んで、深い眠りに入ってしまうからです。これって、ある意味魔法のビデオかもしれない。ホント、単に暇なビデオと言うわけではないのです。そして、もちろん昼寝の後は気分爽快なのです。 今度経済的に余裕が出来たら、ぜひ「清流百選」とか「世界遺産」のビデオ集も購入してみたいと思っています。 そこのアナタ!レンタルの希望はお気軽にJまでぞうぞ。
 
最後に一つご報告
昨日の日記は昨日書いたんですが、なぜか更新されていないまま今日になっていました。更新されるのに時差が生じましたが、今日書いて更新したわけではありませんのでアシカラズ。それと、今年の国体予選は、神奈川県代表で挑むことに決めました。昨年準優勝で終わっているので、是非今年も本戦への出場権を獲得して、静岡で優勝を狙いたいと思います。で、来年からは千葉市(県)で、お世話になる予定です。
 
 
 
 

2003. 5. 13. Tue
復活!そして・・・
 イヤー、今日はゆっくりできたなーー。朝はいつもより少し遅い8時過ぎに起きたんだけど、テレビやビデオを見たり、パソコンをしたりと、自由気ままに一日を過ごしました。特に夕方からは、バスケに行く予定にしていたのにもかかわらず、アメリカ生活で撮った思い出の写真を見ていたら、気づけば夜中になっておりました。
 
 色んな事を思い出しては、多分一人でニヤけていたんじゃないかと思うんだけど、この3年間のアメリカ生活で経験したことは、間違いなく宝物になっていると思います。人生の一頁に、アメリカでのチャレンジした日々が残るって言うのは、自分にとって何ものにも代え難い大きな勲章だと思います。
 
 それから、溜まりに溜まっていたメールの返事や、体験記、その他の更新作業も片付けました。それらはまだ自分のノートPCに眠っていますが、メールは明日にでも送信したいと思います。また、hata3経由で更新の方もお願いするつもりです。予定表も完成させたので、新たに掲載をお願いしなくてはなりません。hata3、場所の確保をよろしくお願いします。
 
 なんだか気分がいいよーー! 予定通りリフレッシュ完了です。
 
 
 
 

2003. 5. 15. Thu
そして名古屋
 
 今日は久々に同僚のMと色んな話をして、ワールドの練習にも参加できました。夜は屋台のラーメン屋だったんだけど、結構楽しかったかな。そして、今夜は久々のビジネスホテル泊まり。当たり前だけど、もちろん明日からもビジネスホテル暮らしも始まり・・・・。
 
 明日は岡山あたりまで行こうと考えています。6,7時間のドライブかな。とりあえず、今日はこの辺で。だって公衆電話からネットにつなぐとお金が掛かるんだよねー。
 
 
 

2003. 5. 16. Fri
そして神戸
今日、本当は岡山まで行ってチーム練習に参加させてもらう予定だったんだけど、急遽ミーティングに変更となったらしく、キャンセルとなってしまいました。そこで、困ったJは幾つかのチームの方々に連絡を取ったのですが、神戸を拠点にする明和BBCの練習日ということが判明して、神戸(正しくは明石かな?)に着ました。
 
 強豪チームの練習は、テンポも良いしレベルも高いので充実感が高いです。久々に同期のKちゃんに会えるかと期待していたのですが、彼は用があってお休みでした。ちょっと残念だったけど、突然の訪問にも快く迎えてくれた明和BBCの皆さんに感謝です。とても楽しかったです!
 
 しかし、まだ山口県までは400キロ近く残した場所にいるので、明日は6時に起きて出発しなくてはなりません。ちょっときついけど、今日もバスケができて、色々と情報交換などができたので、着て良かったです。しかも、明石の今日のホテルはパソコンも無料でできるので助かりました。
 
 いよいよ明日は山口県の徳山に入ります。週末の合宿も楽しみです。もちろん、仕事ですがバスケに関することなら、何でも楽しみになってしまうJなので、今日は思い切って、この仕事を天職と言ってしまおう!
 

2003. 5. 18. Sun
そして徳山から、なぜか京都
 
 昨日はネットにつなげる環境がなかったので書き込みができませんでしたが、無事最終目的地の徳山(正確には光市)で、親友の晋平が講師をした、バスケットキャンプに相乗りしました。
 
 少し遅れて行ったんだけど、みんなのやる気がすごい感じられて、活気に満ち溢れた雰囲気にワクワクしました。これは、まさにJたちが毎年夏に開催しているサマーキャンプの延長上にあるものだと実感できました。特に山口の選手はやる気も学ぶ姿勢も素晴らしくて、バスケを楽しんでいるのがGoo!
 
 それから、忘れてならないのが広島から来ていた国際大学の健常者車椅子バスケチームの面々です。彼ら上手過ぎます!しかも、全員マイ車椅子を持っていて、かなり本格的でした。学生らしく元気もあって、かなり場を盛り上げていました。彼らの「USA!」という掛け声は最高にカッコ良かったです。彼らは夏の福島キャンプにも参加するそうで、超やる気です。ちなみに、2人の学生はJからバスケ車をお買い上げ頂く事になったのですが、学生に30万円の出費は大変だよね。きっとこれからバイトが大変だろうなーー(笑)まあ、こればかりは商売なので仕方がないのですが、Jから買ったことに後悔はさせません!きっちり最後まで面倒を見るので安心してください。
 
 肉体的には本当に疲れる旅なんだけど、精神的には超楽しかったなー。まあ、ストレスはゼロだね。ちなみに、水曜日に会社を出てから、今夜までの走行距離は約1600キロ!今日は夕方山口を発ってから、一気に東京まで帰るつもりだったんだけど、途中で睡魔に襲われてので、今日は京都の駅前でお泊りです。この辺でもお寺や五重の塔なんかがあって、観光地の京都を実感中です。今日はさっさと寝て、明日は1週間ぶりに自分のベットで寝れるかな。
 
 
 
 

2003. 5. 19. Mon
そして帰京
 
 京都で一泊したのに、観光もせずに帰ってきたのが少し悔やまれるけど、今回の巡業も実りの多い旅になりました。とりあえず今夜は一週間ぶりに自分のベッドで寝れそうです。
 
 しかし、その前に溜まりに溜まった洗濯物をやっつけなければ寝れないのです。J的には洗濯や掃除は嫌いじゃないのだけど、疲れている時や忙しいときには、やはり辛いかも知れません。はあー、洗濯から乾燥まで全て勝手に終わらしてくれるアメリカ製の機械が欲しいなー。それが贅沢なら、せめて乾燥機だけでも…。”欲しい物リスト”の一番に入れておくことにしよう(笑)
 
 それにしても、6日間の旅で走った距離は約2400キロ!確か給油は6回程したと思います。そうそう、今回の巡業で使用した車は会社のステージアだったので、エンジン音が静かで加速も良く、長いドライブでもストレスを感じなかったんだけど、これからはワンボックスに荷物を沢山積んで走るようになると思うので、車に対するストレスをちょっと心配しています。
 
 そうだ!、昨晩京都の駅前にある居酒屋「ももじろう」で、一人晩酌(晩飯)をしたのですが、この店は結構派手でした。何せピンクの看板を掲げているので、最初は違う商売のお店を想像してしまいました。多分、うちのキャプテン、哲さん好みのお店だと思います(笑)京都内に10数店舗あるチェーン店だそうですが、有名人も多く訪れる有名な居酒屋だそうです。お店の人が親切で気分欲飲めましたが、味と値段は普通でした。
 
 さーて、明日からしばらくは、フツーに通勤会社員します。次の長期巡業は来月下旬の北海道だったかな?
 
 
 
 

2003. 5. 20. Tue
ポリシーVSビジネス
 Jは普段から自分の興味のあることや、好きなことだけするように心がけているのですが、いざ仕事となれば、なかなかそうはいかないもんですね。今日はちょっと悩みました。「自分のポリシー」VS「ビジネスとしての言動」っていう問題で。お仕事というのは、報酬を貰って自分の時間や技術を売るわけですから、やっぱり信念だけでは通らない時もあるのでしょうかね。
 
 でもね、これだけは宣言しておきたいんだけど、例え仕事でも出来ない事はあるだろうし、無理なものは無理なんだよね。そういう自分の性格って、やっぱりサラリーマンには向いていないんじゃないかと思うんです。外に向けたお仕事自体は楽しいんですけど。うーーん、この辺の問題は非常に難しいところだなーって思う「今日この頃」っていうか「今日」でした。
 
 いつでも自分らしく、自然体でいられたらいいと思うのに、そんな事さえも出来ないんだーって、久しぶりに悩みらしき憂鬱さを感じてしまいました。でも、こんな時こそ「自分らしく、自分のために、自分の人生を生きる」って言葉を思い出して、自分を見つめ直す良い機会なのかも知れません。きっと、普段があまりにも「のほほん」とし過ぎているのでしょう。
 
 
 
 

2003. 5. 21. Wed
平凡そうで、実は・・・・
 今日はフツーに会社へ行って朝の9時から夜の7時過ぎまでお仕事しました。えーと、営業事務、新型バスケ車の設変に伴う処理、パーツマニュアル作成に伴う処理、自分の椅子のタイヤ交換に電話対応などなど。どれもこれもフツーのお仕事。ある意味平凡なお仕事なんだけど、これが意外と楽しい!
 
 特に人との関わりがある部分は、気を使ったりすることもあるんだけど、新しい発見の連続で新鮮です。Jの勤める会社は、本当にみんな明るくて嫌みのない人間が集まっているのです。そういう意味では常に人間関係には恵まれているかなって。ただし、憎き上司一人を除いてね(笑) なーんて、本当は「愛のムチ」なんだろうなーって気付いていますよ!
 
 何でこんなこと書くかっていうと、昨日の事を引きずっていない自分に、結構感心しているから。それと、やっぱり自分の原点を忘れてはいけないと思うから。昨晩もJ's格言の「自分らしく・・・・・・」を、とことん考えつつ、眠りについたんだけど、夢でも叫んでしましたよ。「俺は絶対に行かない!(例え、国の命令で戦争に行けと言われても)」って。
 
 アメリカでの生活は本当に刺激的で実りのあるものでした。多分、普通に学校を出て会社勤めする一般的なコースの人には、一生縁のないような経験ばかり。でもJは、結構当たり前のように、アメリカ生活を送っちゃいましたよ。そして、終わってみれば大した冒険でも無かったように思います。また、「そんな人生の冒険はできない」と思っていた自分が嘘のようです。もちろん、今は自分の決断が正しかったと思えるし、後悔なんて微塵もない。
 
 そして、今はフツーの生活に戻ったんだけど、なぜかそれも楽しいし刺激的なのです。うーん、うまく言えないんだけど、本当に色んな所に行ったし、色んな事を経験をしたから、実は平凡そうに見える生活も、決して平凡ではないことに気づいたのかも知れません。
 
 やっぱり、色んな事を知るってことは、人生を有意義に過ごすための大きなポイントのような気がします。世の中は知れば知るほど面白い。今日の最後に、「知って対処する」という言葉を自分自身に捧げます。この言葉はJの本でも書いているのですが、我ながら良い言葉だと思います。来年の正月に自分宛に出す年賀状には、恒例の格言と共に、この言葉も書こうと思います。
 
 
 

2003. 5. 23. Fri
予定変更の変更の末に・・
Jの予定表に基づく本日の予定は、柏で斉田選手とテニスに関する情報交換や体験テニスだったのですが、彼はコーチとマンツーマンでのトレーニングがあるので、邪魔をしてはいけないと思い、取りやめにしました。やはり、日本のトップ選手に相手をしてもらうには早過ぎですね。せめて普通にテニスが出来るようになってからにしようかと改めました。
 
 そこで、今夜は仕事が終わってから旧友と再会する約束を入れました。久々に地元の埼玉に戻って飯でもしようかと思ったのです。しかも、明日はこのサイトの管理をしてくれているhata3にも会うつもりでした。(彼は偶然にもJの地元の近所に住んでいる)
 
 でも、最終的には今夜もバスケとなりました。なぜかと言うと、急遽2台のバスケ車を新宿まで納品することになったからです。これには、ちょっとした仕事上でのミスなどが重なったこともあり、Jが志願をして納品することになったのです。ところで、この2台の車椅子を買ってくれたOさんとCさんは、昨年Jが全国巡業をしている時に紹介したOXの新型バスケ車を気に入ってくれて、購入してくれたらしいのです!なんともウレシ過ぎる話し!!しかも、Cさんにいたっては、Jのサイトの常連さんということが判明したのです。ありがとう!
 
 で、結局はバスケの練習に混ぜてもらい、練習後はバスケや車椅子の話しで盛り上がったのでした。選手との情報交換もできたので楽しかったし、とても有意義に時間を過ごす事ができました。愛好クラブのみなさん、本当にありがとうございました。
 
 しかーし、バスケの練習が終わって体育館を出たJは、重大なことに気付いたのです。埼玉の親友と会う約束をスッポしてしまったのです。そこで、慌てて電話を入れて誤ったのですが、彼には本当に悪いことをしてしましました。まあ、きっと彼は「どうせいつものことだよ」と思っていることでしょう。
 
 最近は予定表を付けながら毎日チェックをしているのですが、やってしまいましたよ・・・・。まあ、hata3に関しては、彼の都合で会えないとの連絡が入ったので、Jがスッポされることは無くなったのですが。教訓、予定の変更も必ず書き留める。そして、約束は守ろう! ←もちろん自分にね。
 
 
 

2003. 5. 24. Sat
朗報
 今日は藤沢で神奈川県の国体予選チームと、川崎市チームとの練習試合がありました。普段は同じチームのケンゾーが、国体チームだと川崎市に行ってしまうので、敵としてプレーしたのですが、何だか変な感じでした。でも、予選では別のブロックなので当たることはないらしく、なんとなくホッとしています。今日の結果は神奈川県が勝ったんだけど、川崎市も強かったので、この2チームが関東の2枠(出場権利)を取れればいいなーと思いました。
 
 それと、JWBFから一通の郵便物が届いていたのだけど、来月にある全日本合宿の参加決定通知でした。これでJもアテネパラ出場の可能性が残った訳で、ここでも少しホッとしました。しかも、今日は敵として戦ったケンゾーも、選手権での活躍が評価されて選ばれていました。チームメイトとしては本当に嬉しい結果です。今夜さっそく、ケンゾーと合宿地の岡崎(愛知県)まで一緒に行く約束をしました。
 
 ところで、その話が出た今夜の”飯会”で、「8月からNTTドコモが障害者割引(基本料や通話料が半額になる)サービスを始める!」という情報を入手しました。これも嬉しいニュースなのですが、Jは5年近く前からauを利用しているので、ドコモに替えるとまた電話番号が変わってしまうことを悩んでいます。どーしよう・・・・。 さー、みんなも考えよう!?
 
 
 

2003. 5. 25. Sun
同窓会(送別会)
 
 今日は、今は無き”チームゼロ”という、東京の車椅子バスケットチームの集まりに行って来ました。Jは14年前(18歳の時)に、この”チームゼロ”で、車椅子バスケ人生をスタートさせました。いわば、Jの原点となる場所なのですが、残念ながら数年前に諸事情で廃部となってしまったのです。
 
 で、その当時のチームメイト(というか先輩かな)だった方が、数日後に生まれ故郷の北海道へ帰られるという事で、その送別会として会が持たれました。その中には13年ぶりに再会を果たした方もいたのですが、不思議とスグに当時の記憶が蘇って、思い出話しに花が咲いたのでした。そして、あっと言う間に時間は過ぎていきました。しかし、短い時間の中では、全員とゆっくり話すことが出来なかったので、今度時間を作って会う約束もしてきましたよ。本当に今日は楽しかったです! 久々に自分の歴史を振り返って、色んな事を思い出す事も出来ました。
 
 で、この送別会は午後2時から5時頃までだったのですが、その後は急遽東京選抜の練習に参加させてもらいました。実は少しだけお酒が入っていたので、最初にうちは結構きつかったんだけど、汗をかくうちに調子も上がってきて、最後の紅白戦ではいつになく高確立でシュートが決まりました!お酒が入っている方がリラックスできて良かったりして?(笑)
 
 今日は2週間ぶりのオフ(お休み)だったんだけど、結局バスケ絡みの行事2つで終わってしまいました。やはりバスケと生活は切り離せないようです(笑) もちろん、今日の充実度もかなり高かったです。多分、今のJは、肉体的にかなり疲れていると思うのだけど、精神的なストレスが無いので、バリバリ行けてる感じです!これからも、この調子でガンガン行きますよ!
 
 
 
 

2003. 5. 27. Tue
強さの秘訣、ここにあり?
 
 今日は久々にホークスの練習に参加させてもらったんだけど、予想通り走り込み中心の練習でした。これは、日本選手権という大きな大会が終わって、オフの期間に行う練習のスタイルで、ホークスの伝統的な練習スタイルと言っても良いのではないでしょうか。
 
 最近のJは厳しい練習から遠ざかっていたので、かなり走り込み練習に期待して行ったのですが、今日は最高に”キツ楽し”かった!! メニューを簡単に説明すると、最初から最後まで常に「走ること」が意識された内容でした。しかも、遊び心を入れたペナルティーもGood! Jは過去に全国主要チームの練習に参加させていただきましたが、練習のキツさというか辛さでは、ホークスの練習が間違いなく一番キツイです。これは断言できます。
 
 まあ、キツイ練習さえすれば良いと言うことではないのですが、当然のことながら、メニューも良く考えられていましたよ。この辺はワールドや明和の練習にも共通しており、強い(または強くなる)チームに共通している部分かも知れません。ただ、その上でホークスの選手のように、あれだけ走り込めば自信もつくだろうし、粘り強くなると思う。 だって、どんなに素晴らしいシュート力を持った選手でも、スピードやスタミナが伴わなければ、そのスキルすら使わせてもらえないわけですから。
 
 今日の練習、最初は笑ったり話しながら走っていたんだけど、最後の方はマジでシンドくなってきて、無言のまま黙々と走っていましたよ(笑) でも、心の中で「これが本当の練習なんだなー」って、感動めいたものを感じたりして。それに、自慢じゃないけど、Jもこのチームで10年間も、当たり前のように練習をこなしてきたんだから、それなりにスピードやスタミナも養われたんだなーって実感しました。とりあえず、この走り込みの日だけでも通わせていただこうかと思っております。
 
 ところで、このレベルの練習を風呂屋のみんなに提案したら、何という答えが返ってくるのかな?って考えてしまいました。やる気と情熱はホークスの選手に負けないくらいあると思うので、あとは実行できるかどうかがカギだと思います。この苦しみの中での充実感や楽しみを、風呂屋のみんなが見出せれば、もっともっと強くなるはずです。トップを取るチームに課せられた、非常に大きな壁かも知れません。 さあ、どうするかな??(笑)
 
 
 
 
posted by J's page at 00:00| 独り言_