2022年05月23日

セネガル最終日

   今日はセネガル最終日。午前中病院へ行って、陰性証明を日本指定の用紙に転記してもらった。1週間滞在したダカールを離れる時がきた。ダカールでは、松尾さんの友人宅に居候させてもらった。中心部の高級住宅街で、とっても便利かつ快適に過ごすことができた。感謝。セネガルでお会いした日本人の方々は、みな国立大学等を卒業したような優秀者が多く、多方面で活躍してた。そして、少し変わり者で同じ匂いがした。そこだけは似てると思ったかな(笑)

   昼頃、ダカールから最新の電車を利用して、郊外の駅まで向かった。理由は中心部の大渋滞回避と、一度乗ってみたいと思ってたから。駅は港にほど近い一等地にあり、多分電車はフランスの新型車両。駅施設と電車は超バリアフリーで快適。他の駅も全てバリアフリーで困ることはなかった。ここだけは日本以上環境。それから、セネガルでは車いすや障がい者は、常に優先待遇だった。チケットの購入時も、船や電車の搭乗時も全て。それ以外の場所でも困ってる時は、必ず誰かが助けてくれる。その国民性は温かい。

1653318162549-0.jpg
ダカール駅の前で記念撮影
1653318245614-0.jpg
超バリアフリーの駅と電車
1653318285093-0.jpg
ホームと電車の間はピッタリでスロープ不要

   セネガル最終日、俺の希望でティエスに戻り、バスケ練習会場を訪れた。また砂地獄のティエスだけど、やっぱりバスケ仲間と交流して挨拶したかった。疲労が溜まっているから見学だったけど、みんなと別れの挨拶できて良かった。それから、最後の最後にサプライズで、大きく引き伸ばした集合写真のパネルを貰った。信じられないくらい嬉しくて、泣きそうになったけど、平静装って感謝の言葉だけ伝えた。スーツケースに入らないサイズで、困ってるけど明日までに梱包し、何としても日本に持ち帰る。絵画は増やさないようにしてるけど、これは宝物になりそうだ。

1653342101736-0.jpg
サプライズのパネルを渡され泣きそうなジンボ
1653342144139-0.jpg
最後の最後にチームのみんなと記念撮影

   明日はいよいよ日本に向けて出国。まずはダカールからマドリッド。長い移動になるけど、セネガルの余韻に浸りつつ、現実生活に戻るための準備時間にする。帰国したら気温46℃が、懐かしく感じるのかな〜?

posted by J's page at 23:59| 独り言

2022年05月22日

ダカール最終日

   なぜ、セネガル滞在中、残り1週間をダカールで過ごしたかと言えば、JICA事務所や日本大使公邸に、活動報告の訪問予定があったこと。しかし、何よりも絶対にいる必要があったのは、出国72時間以内に受けたPCR検査の、陰性証明書が必要だったから。これがないと飛行にすら乗れないらしい。 

   今朝検査を受けてきて、夕方無事に陰性証明が携帯電話に送られてきた。これで安心して帰国できるけど、明日は再び病院に行って、日本が指定した用紙に転記してもらう必要があった。ゆえに、月曜日まではダカールに滞在する必要があった。

Screenshot_20220522-182435.png
無事に届いた陰性証明

   ダカール最後の夜は、お世話になった日本人の方と、中華のテイクアウト料理で晩ご飯。本場中国人経営の店らしく、どれもこれも美味しかった。最後の最後まで、楽しくて美味しい時間をありがとうございました。感謝。

DSC_1022.JPG
どれも美味しかった!


posted by J's page at 23:59| 独り言

2022年05月21日

zoomイベントからのゴレ島観光

   午前中に日本と中継でオンラインイベント開催。活動報告的な感じで1時間くらい話させてもらった。それから、また松尾さんが遠いマルシェまで歩いて、ダカールの様子も配信した。色々と伝えたいことは多くキリなかっけど、参加者に思いは伝わったと思う。成功だったのでは。

   昼からゴレ島の観光にでかけた。途中の街中で、多く車いす集団を発見して声を掛けた。苦しい上状況の中でも、強くたくましく生きてる。俺が何とかしたい!って思った。

1653161309441-0.jpg
街中で物乞いをする人々

   その後、船に乗りゴレ島を訪問。かつて奴隷貿易で栄えた島。酷いことが起こってたことに腹立たしく思う。これ以上コメントしたくないから、興味ある方は下記に飛ぶか調べて。

1653161415172-0.jpg
ゴレ島

1653161478516-0.jpg
壁に記された奴隷の記録画

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%AC%E5%B3%B6

   実は腹痛がある。多分、ダカールにきて食べ過ぎと思う。今夜は海鮮に行く予定だったけど、大人しく部屋で休むとする。



posted by J's page at 23:59| 独り言

2022年05月20日

セネガルの活動締めくくり

   今日、5月20日金曜日は、事実上の活動最終日。午前中に国際協力機構(JICA)セネガル事務所を訪問し、WIHT PEERの活動報告や今後の協力依頼。松尾さんは元セネガル隊員だし、神保も元マレーシア短期隊員だから、そういう意味では故郷訪問って感じ(笑)森下所長はじめ4名の職員が迎えてくれて、熱心に話を聞いてもらえた。今後も様々な協力関係が築けることを期待。

1653049646261.jpg
JICAセネガル事務所にて記念撮影

   そして、最後の最後。まさかの日本大使公邸にご招待いただき、活動報告を兼ねた夕食会に行ってきた。実は、過去にも大使館(大使公邸)に招待受けた経験あるけど、基本的にJICAや国の機関と連携した活動のみ。今回みたいに個人商店のような活動で、招待を受けるのは驚きだし大変光栄。大使公邸に入る前から、掲揚された日本国旗を見て感動してた。

DSC_0982.JPG
在セネガル日本大使公邸の国旗を見て感動!

   伊澤特命全権大使と一等書記官の松ア様にご対応いただいた。伊澤大使は気さくで理解があり、フットワークも軽そうな方で嬉しくなった。WHIT PEERの活動を、応援して下さる提案やアドバイスをたくさんいただいた。感謝。また、松ア様にも色々アドバイスやアシストをいただき、これまた感謝。しかも、この独り言を見ていただいていることも知った。嬉しすぎる(笑)こんな形で最後を締めくくれるのって、タイミング的にも最高だね。

1653081593878-0.jpg
右から伊澤大使、神保、松尾さん、松ア一等書記官
1653081625989-0.jpg
セネガルで美味しい日本食のフルコース!ご馳走様でした

   自分たちがしてきた活動は、自信を持って報告できたし、未来につながるものと確信してる。あとは、明日のオンラインイベントに全力投球。

posted by J's page at 23:59| 独り言

2022年05月19日

ダカールも刺激的!

   早いもので、今日で3日目となるダカール。あまりに刺激的だし、ティエスとは全く違う環境に驚きながら、活動を開始してあっという間の2日間。

   初日の晩、ダカール唯一の日本人が経営する、日本食レストラン和心に。しかも、松尾さんの知り合いや、知り合いの知り合い(他人?)も大勢集まり、最終的に15人くらいになってた。セネガルでプロのダンサーしてる方、起業してビジネス展開してる方、海外出張中や現地で働いている方など様々。みな個性的だし、異国の地で思い思いの人生を描いてる。そんな出会いや情報交換が刺激的で、自分を後押しする原動力となる。素敵な出会いに感謝。

   街中のアクセシビリティ調査も実施した。連日アップダウンの多いダカールの街を4-5時間動き回った。帰宅時はクタクタで汗ビショビショ。でも、せっかくセネガルまできたんだし、自分ができることは面倒がらず何でもやる。今日は少しゆっくりで、メール処理や資料作りに没頭中。このあとは日本とのzoom会議が入っているけど、毎日充実してて1日が濃い〜のなんの(笑)

   話題があり過ぎるから、絞って2つ紹介。まず、国立の障がい者支援学校のTALIBOU DABO(タリブダボ)視察。正直あまり期待しないで行ったけど、どの担当者や先生方も情熱的で熱心に語ってくれた。現状の問題点や課題点に、活動に関する様々な情報や思いを聞かせてくれた。その中でも、発達障がい児のプログラムを担当する女性のディレクターは、約1時間にわたり熱心に話してくれた。その中で驚いたのは、日本人の指導によって確立されたプログラムと言うこと。それらをしっかり継承しながら、経過実績を観察していることも素晴らしい。JICAで入った隊員の功績と、日本で発達問題かかえる児童の、支援プログラムを展開する津田のぞみさん。俺は知らなかったけど、セネガルをはじめ世界で認められた、日本人の方を紹介したい。

https://www.nozomic.org/
津田のぞみさんが運営する「のぞみ発達クリニック」

1652895419418-0.jpg
基本施設内は撮影禁止だけど、ギリギリのところで撮影

1652895327037-0.jpg
これも盗撮状態でしれ〜っと撮影

   それから、ダカールでバスケの大会がってて、松尾さんのコネクションを頼りにアポをってくれたのが、ダカール一のバスケ専用コートを管理する館長。で、招待受けて大会を観戦してきたけど、ついでに?セネガルバスケ協会会長やテクニカルディレクターを紹介していただいた。で、車いすバスケの支援要請。すぐに変わることはないと思うけど、日本からきたパラリンピアン(えらそうにスイマセン)が、彼らにインパクトは与えられたと思う(笑)

1652894942788-0.jpg
セネガルバスケ協会会長(右)とテクニカルディレクター(左)
※この会場で車いすバスケの全国大会も開催されてるらしい!

   最後に、途上国の街中は大変なことが多い。首都ダカールでも日本と比較したら難関。それでもセネガルという国を少しでも知れて、今後発展する過程を見られると思うとワクワク。久しぶりに無茶して、歩道橋を地べた張ってのぼりキツかったけど、その先には活気を感じる景色が堪能できた。

1652895123494-0.jpg
地べたを張ってのぼった歩道橋
1652895155120-0.jpg
その先にはダカール中心部に向かう道と街の景色


posted by J's page at 21:23| 独り言

2022年05月16日

ティエスでの活動終了

   あっという間に、ティエスでの滞在が終わろうとしてる。19泊20日の最終日は、銀行に行って現金引き出したり、ビラ―ジュという工房に行って、お土産にする工芸品の確認と支払い。便利な翻訳アプリで、フランス語会話ができてしまう。セネガル人はみな親切で優しく、おもてなしの心があって、日本人の気質に合う国民性と思う。今日は親しくしてくれてるコマーレさんと、翻訳アプリで会話しながら、何度もごはんを振舞っていただいたお礼と、引き続き活動の応援をお願いしてきた。すると、目にうっすら涙を浮かべながら、何度もうなずいてくれた。しっかり伝わったと思う。

   夕方からバスケ会場に行ってきた。正直、競技用車いすは少ないし、壊れてるのが多いし、屋外の荒れ荒れコートだし‥‥。まだ普及にはいくつもの課題があって、指導するところまでいかない状況。それでも、大変な砂道を車いすやバスで、週3回通ってくる選手たちの気持ちは受け止めた。何とかバスケ車を贈る方法考え中。コーチのダムさんも、ティエスで健常者の大人から子供まで、そして車いすバスケも一緒に指導してくれてる。そういう意味では少し安心してる。本当に素敵な人たちばかりで名残惜しい。

DSC_0822.JPG
今日は練習を見守った
1652733381724.jpg
ダムコーチ(後方中央の水色ユニ)が記念撮影を誘ってくれた

   それから、最後の最後で最高の?食事に出会えた!松尾さんいわく、セネガルB級グルメ。ホテルの近くにあるローカル食堂にて晩ごはん。パスタの上に肉やジャガイモや玉ねぎがのってて、特製の塩辛いソースとマヨネーズがかかっている謎の食べ物。料理名聞くの忘れたけど美味しかった。ティエスで食べたものでは一番か(笑)真っ暗な場所で撮った画像は、イマイチだけど伝わるかな?これで500フラン(約100円)だって。数日前レストランで3800フラン(約760円)のハンバーガー食べたけど、今日の方が安くて美味しかった。

DSC_0830.JPG
超ローカル食堂だが、地元の若者たちで賑わってた
DSC_0834.JPG
このB級グルメは美味しくて完食!

   明日から、首都ダカールに移動。ダカールの活動は調整中のことが多い。とりあえず、街中アクセシビリティチェックや、最新アリーナを視察する予定。それから、JICA事務所や日本大使館への訪問など、また違った活動も楽しみだ。土曜日は、現地から生配信オンラインイベント開催。あと9日間でやれることを、しっかりやって帰国したい。

 
posted by J's page at 23:59| 独り言

2022年05月15日

結果発表!

   今日のティエスは日中45℃とヤバい気温だった。唐揚げの試食会には不利な状況だと懸念しつつ、午後から準備を始めた。まずは、前回の反省を活かした揚げに挑戦。本当にうまく揚がって、松尾さんと2人で自画自賛。サクッとカラッと仕上げることが出来た。

DSC_0741.JPG
真剣に揚げている松尾さん
DSC_0745.JPG
前回よりイイ感じで揚がっている様子

   そして、今回は宣伝用のボードを作成し、みんなに分かり易く案内掲示。さらに、ようじを用意して、1つずつ食べやすく振舞えるよう工夫。全ての準備は整った。大会会場は凄く盛り上がってて、大勢の応援団と共に白熱した試合が繰り広げられてた。そんな中、とりあえず会場の外で唐揚げの試食会開始!

DSC_0760.JPG
白熱する試合風景

DSC_0773.JPG
唐揚げをアピールするボード共に試食会開始

   最初は、少し珍しそうに見ている人もいたけど、何人かの子供たちが試食して「美味しい!」と言いだした途端、大勢の人だかりができて収集つかない状態に陥る。結局すぐに1キロの唐揚げは完売。みんな口々に「美味しい」を連発。これでセネガルの唐揚げビジネスが見えてきた。これから原価計算や諸々の準備して、障がい者の就労に結びつくようサポートしてく。本当に楽しいし嬉しい!

DSC_0782.JPG
子供たちが次から次へとやってきた!
DSC_0774.JPG
もちろん大人からも高評価!
DSC_0816.JPG
あっという間に完売

   やってみることが、本当に大事だってことを、世の中の人に知らせたい。その一歩が大きな変化や成長をもたらす可能性。「やってみるをかなえる」ことが大事。俺はそう思う。今回は大成功と言っておく。

posted by J's page at 23:59| 独り言

2022年05月14日

着々と準備の日

   と言うことで、今日は松尾さんとマルシェに行って、オリジナルバッグの製作に必要な生地を調達してきた。バッグのデザイン2種類に加え、各2色に合う柄を決め購入。それにしても、今日は気温が38度と高かったから、少しの時間で脱水症状に陥った。どれだけ水飲んでも喉が渇くし、尿意もこないから焦った。

DSC_0727.JPG
マルシェの生地屋で品定め。10件以上回ったと思う…

   一旦ホテルに戻って、クーラーのきいた部屋で休憩し、夕方からスーパーに買い出し。目的は第2回街中試食会に向けた準備。前回の調理から学習したので、事前に良く切れる包丁や、料理をストレスなく時短できそうな道具も購入。しかも、前回の反省を踏まえ、美味しくするために必要な材料も調達した。その結果、今日は超スムーズに完了。仕込みはクーラーのきいたホテルの洗面所で。全て松尾さんにお願いし、俺はただ見学してた。それにしても、前回とは比較にならないほど早く終わった。何ごとも経験だし、そこから学ぶことは多い。

DSC_0731.JPG
集中して仕込みする松尾さん
DSC_0732.JPG
包丁が切れるお陰で、鶏肉のカットもスムーズに完了

   明日は、テェイス唯一の屋内バスケ専用アリーナで、一般バスケの大会があるから、午後から見学がてら伺い、会場で試食会実施予定。第2回の試食会結果報告は、もちろん明日の独り言で。

   ところで、余談だけどセネガルは大皿囲んで一緒に食べるし、フォークやコップの使い回しも普通。食器用洗剤で手や頭を洗うことも普通。日本だと抵抗あるような場面が多々あるけど、それらは慣れる。ちなみに、炎天下のマルシェで売られてる、魚や卵は腐ってる物もあると思うが、火を通せば食べられることが分かった。結構どこでも生きていけそう。いや、まだセネガルは良い方か?

※マルシェの魚や卵が腐ってるかどうか、あくまで俺が見た感じや匂いで判断したのであり、本当に腐ってるかは分からない。イメージだけで話をまとめるのは間違いでした。セネガルの方々にとっても、不名誉な話をしてしまった。ここに訂正してお詫びします。(5月15日)



posted by J's page at 23:59| 独り言